「~といえば」

読了目安時間:3分

エピソード:5 / 16

コメディーといえば

以下、全て自分が描いた「#140字小説」という、ツイッター投稿1回分で収まる範囲のSS(ショートストーリー)です。本当は何れか一つを膨らませ600文字に変えようと思ったのですが、時間の都合で出来ず。1話だけでは規定文字数に足りませんので(笑)「百物語」「二百物語」から各3作品と「二百物語延長戦」2作品、計8作品のオムニバスになります。 時間停止能力を得た。 何でもやりたい放題。可愛い子に悪戯。俺を虐めた奴に復讐。金や物には困らない。 ふと思った。監視カメラに映ってたら捕まる! 慌てて確かめてみたが時間が止まってるんだから映らない。当然だ。 そして俺は気付いてしまった… 「時間停止AVってヤラセだったのか!」 (百物語 第五集より) プーチン。それは人類最強の男。 プーチン流柔術を修め、熊でも虎でも素手で倒す。 技の極意は襟の握りにある。ぐっと握って手首を返す。 「お前の道着は安物だな。買い替えろ!」 「お前は洗ってない。臭い!」 「お前は…このタグは…ブランド物か!」 裏地ー見る・プーチン。 (百物語 第六集より) 「助さん格さん参りましょうか」 越後のちりめん問屋に扮して世間の悪を裁く。水戸の御老公。 些細な事件も見逃さない。武力の脅しにも屈しない。 こちらは最強のチートキャラが揃っているのだ! 左右に控える両雄。裏で支える忍びの者。 最後にうっかり八兵衛。…さてはコイツいらねえな? (百物語 第十集より) 姉の旦那はハワイアン。甥っ子と姪っ子は日米ハーフ。2人と10回ゲームをやった。 「ピザって10回言ってみて?」 「ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ」 「じゃあここは?」 ひじを指さし訊ねると甥と姪は声を揃えて元気に答えた。 「エルボー!」(実話です) (二百物語 第一集より) 友人と埼スタの代表戦を観に行った 買いすぎた日本代表チップスを周りに配る 隣の男性から返礼の飲み物を頂く 女性2人組からどこのファンかと問われ 地元浦和レッズと答えると今度は誰のファンかと 代表ユニの胸の4番を指し示す 本田ですか? ニヤリと笑ってくるり背中を見せた 「TULIO」 (二百物語 第十集より) 夏休み明けの学校 「はあ~マジだる~い」 「まだ暑いもんな」 「何もヤル気出な~い」 「そうだな。夏だな」 「もう帰りた~い」 「大丈夫か?体調悪そうだな」 「もう朝から最悪ぅ~」 「そういえば体育も休んでいたな」 「うん。女の子の日きちゃって~」 「そうか。でもお前男じゃん」 (二百物語 第十三集より) 「く・・・ッ! オレの・・・オレの魔眼が・・・ 今日は一段と強く・・・ッ! このままでは・・・抑えきれん・・・ッ! 闇の光よッ! まだだ! まだ・・・ 世界をお前には渡さんッ!」 「おかーさん。あそこのお兄ちゃんライト持って、病みの光が~とか言ってるよ~」 「し~っ!見ちゃダメですっ!」 (二百物語 延長戦 第二集より) 白スーツに赤ネクタイ 短髪男性が舞台下手から登場 「はいど~も! ご当地お笑い芸人ボッチーズです 今日はここ過疎村の村長選挙 掲示板を見に来ました って候補者一人しか居らんやないか~い」 ないか~い…ぃか~い……~ぃ…… ツッコむ相方もいなければ 観客は森に響く木霊のみであった (二百物語 延長戦 第六集より)

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 死んだ筈だが、異世界で教師をやる事になった。

    新たな出会いで戦うと決めたのは――いじめ

    135,489

    1,319


    2021年8月23日更新

    心臓を穿たれて息絶えた青年、刃鳴斬哉。 しかし目覚めるとそこは深い森の中。 倦怠感のようなものこそあったが全くの健康体だった。 疑問符しか浮かばない状況の中――突如、絹を裂くような悲鳴と木々を薙ぎ倒す轟音と悲鳴が森に響き渡る。 音の方向にいたのは、今にも少女に爪を伸ばして喰らわんとする巨大な竜。 状況はまだ呑み込めなかったが、一も二もなく青年は竜に踊りかかった。 今出来る事を、必ずやり遂げる為に。 ◆ ――そして戦いの後。 目覚めたのは多種族が共生する独立自治国家〝龍智諸王連盟〟の田舎だった。 異種族達が〝始祖八柱〟、その生き残りである白竜を中心にして集う国家。 主人公である斬哉は、恩人の勧めもあって教師への道を歩み出し――『今の自分にできる事』を始めようとしていた。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 誤字脱字だけでなく勢いで書いた部分は文法的に変な所が多い為に自分でも把握し切れなくて、読み辛く思ってしまった方は大変申し訳ありません。容赦なく誤字脱字報告お願いします。 未完結や放置をする事こそが不誠実と捉えているので、勢いを維持するべく頻繁に更新していきます。 どうぞ、長い目でよろしくおねがいします。 多分ノベルアッププラスでも有数の異種族混合(当社比)なラノベですよ! 蟻人も蜘蛛人が出る小説もノベルアッププラス限定です!!(若干媚び気味に とりあえずの区切りがつくまで、2日に1回更新を目指せたらいいなと思いますが難しくてごめんなさい。 更新情報などはTwitter(@Ckrywh)や、https://twitter.com/C68386487 でお知らせしております。 励みになりますので感想、質問などのコメント大歓迎です!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:42時間23分

    この作品を読む

  • 翠眼の女騎士と偏愛公子の亡命譚 〜生まれ変わったら〝風〟になる。

    戦乱を駆け抜ける、北欧ファンタジーロマン

    8,200

    1


    2022年12月7日更新

    騎士学校を卒業したグレンダは、辺境の地で新米騎士として働き始める。 新たなご主人様・アルネは銀髪碧眼の美青年。しかし軍事国家の公子でありながら、剣術ダメ、戦術ダメ、内政は伯母や住み込みメイドに任せきりの、書類仕事すらままならないダメダメ領主。 グレンダがあれこれ世話を焼いているうちに、アルネはとんでもないことを言い出して…!? 「一緒に逃げようグレンダ。争いに巻き込まれない遥か遠くへ」 俊速の剣撃と男顔負けの度胸を武器に、女騎士グレンダが繰り広げるは前代未聞の〝亡命〟劇。 どんな雨風が待ち受けようとも、必ず最後までアルネを戦乱から守り抜く! そして国外逃亡の果てに明かされる、グレンダの〝翠眼〟が持つ秘密とは…。 愛と正義が忠誠の狭間で揺れ動くノルディック・ロマンス、ここに全力疾走中!! 【他サイトからの再掲です。1章までを限定公開!】

    読了目安時間:1時間12分

    この作品を読む