童話/絵本/その他 長編 完結済

AI暴走中!~暴走する悪意のAIに少年と少女と猫がコトバの魔法で挑みます!

作者からの一言コメント

絵本+小説+近未来SFファンタジー+猫!

■作者からのお知らせ 当作品ページまでお越しくださり、ありがとうございます(^^♪ 本作品は、他サイトでも公開しておりましたが100話以降はノベプラオンリーで先行公開しました! 2021年1月現在、1話から最終話まで文章も挿絵イラストも最新改稿版がこちらになります! ※同年1月18日に第1章完結となりました!たくさんの応援本当にありがとうございました! ■あらすじ 西暦2050年。とうとう人工知能つまりAIが人類の知能を超えるシンギュラリティの時代を迎えた。それは、同時に、AIが制御不能な暴走状態に陥るリスクを抱えることも意味していた。AIの制御に成功していた日本だったが、水面下でAIによるとんでもない事件が起こりつつあった。ご多分に漏れず暴走する悪意のAIが人類を洗脳し始める。そんな日本を救うべく善意のAI戦士に選ばれた少年・少女(+猫)たちが、悪意のAIたちとコトバを操り、戦うことになったのだ。 ■作者コメント 中学受験、高校受験などに役立つ教材小説・物語・童話を数年かけて構想し作品化しています。コンセプトは「娯楽目的で楽しんで読んでいるうちに自然と語彙力がアップする!」です。中学生をメインに、小学高学年あたりから、文章を読むのが嫌いな高校生までを主な読者層として作ってまいりました。少し欲張って、大人の方でも楽しめるような(親子、家族で楽しんでもらえるような)プロットも心がけ、他の小説書きさんによるチェック、絵師さんへのキャラクターデザイン依頼等、手間暇をかけてきたつもりです! ■挿絵・イラスト キャラクターデザインは絵師のゆいはる様https://twitter.com/yuriyuha03、挿絵編集は作者けーすけ、ほか一部ジュエルセイバーFREE様などのフリー素材から借用、加工)の上、掲載しています。 ■当作品ジャンル 当作品のジャンルは相当悩みました。ネット上の多数派の見解にしたがいますと、内容的には、「近未来」を舞台にした「ソフトSF」「ローファンタジー」の範疇に入ると思います。最終的に、①絵本と小説の中間的位置づけ、②想定している読者層から、「ティーン向け教材物語・小説」(ハイレベル童話絵本)と考えています。ややこしくてすみません(;'∀') HJ大賞2020後期にも応募中です!今後ともよろしくお願いいたします!

前へ

次へ

作品情報

作品名 AI暴走中!~暴走する悪意のAIに少年と少女と猫がコトバの魔法で挑みます!
作者名 けーすけ@AI暴走中!
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ アクション/バトル 男主人公 女主人公 近未来 異能 AI 人工知能 ソフトSF ローファンタジー 語彙力 魔法 教材物語 教材童話 HJ大賞2020後期
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月31日 4時00分
最終投稿日 2021年1月18日 7時00分
完結日 2021年1月22日 3時32分
文字数 123,569文字
ブックマーク登録 146件
コメント 166件
スタンプ 1,683件
ビビッと 94件
応援ポイント 1,143,760pt
ノベラポイント 58,532pt
応援レビュー 5件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なぜ魔女は箒がないと空を飛べないのか

    ♡37,300

    〇430

    異世界ファンタジー・連載中・55話・206,800字 秋生 字連

    2021年1月22日更新

    魔女になるための修行で一人暮らしを始めようとしていた少女ルチカ、ひょんなことから彼女が助けた女の子ハンナは異世界からやってきたというのだ。 ハンナを元の世界に帰すためにルチカは自分の世界の闇に触れて巻き込まれていく。 魔法の起源、異世界召喚術の謎、そして魔法使いがなぜ箒で空を飛ぶようになったのか。 大人たちの思想の争いに少女二人が出した結論とは・・・ こちらの作品は自作のノベルゲーム『魔女は空を飛べない』の再構築小説版になります。 現在ノベプラにて連載中(現在は一部完結)の『もしもし かみさま』にも登場したルチカとハンナの前日譚の物語です。(正式にはノベルゲーム版の方が先に完成していたのでもしもしかみさまの方が後日談ということになりますが) 現在毎週金曜日更新中 表紙イラスト:かすみ

  • 死に切れない宿命を持つ一族の少年とは…

    ♡39,800

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・94話・156,470字 竹比古

    2021年1月22日更新

    死に切れない宿命を持つという一族の少年、舜と、その父親だという青年、黄帝。 中国の山奥、雲海を臨む最峰の頂で黄帝と暮らしていた舜は、やっとのことで、街へ降りる許しをもらい、勢い込んで上海へと向かう。 しかし、そこへ現れたのは、炎帝と貴妃という、『同族』の二人であった。 凄まじい炎と、闇の衣を纏う二人に襲われ、舜は《聚首歓宴の盃》と、《朱珠の実》の秘密を渡すように迫られる。 この世の大初から存在しているのではないかと云われる黄帝は、珍しいものや、曰くつきのものをたくさん持っていた。そして、そんなものをたくさん持っている黄帝の被害に遭うのは、その息子たる舜であったのだ。 貴妃に腕を切り落とされた舜は、一旦、山へ戻り、腕を取り返すために、《聚首歓宴の盃》と《朱珠の実》を自分に預けて欲しい、と黄帝に頼む。 しかしそれは、自ら血を求めるという、恐ろしい曰くつきの盃であった。 それを欲しがる炎帝とは。 そして、そんなものを持っている黄帝とは。 舜は、敵地へと乗り込むが……。 ※他サイト重複投稿。 ※一部、性描写(必要描写です)があります。苦手な方はお気を付けください。 ※表紙画:フリーイラストの加工です。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る