異世界ファンタジー 短編 完結済

Heretique

作者からの一言コメント

学者の手記の形をとったファンタジー

学者の手記の形を取った、ファンタジー世界の欠片。 「ヴァルティ」と言う人物像の研究の一片。 観念的な作品です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 Heretique
作者名 じゃらし
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ シリアス ダーク 人外 魔王
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年7月20日 0時38分
最終投稿日 2019年7月20日 18時42分
文字数 6,613文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ビキニアーマー大賞参加作品です。

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・13話・97,449字 川口大介

    2020年10月25日更新

    いわゆる【転生】とは、前世から来世への【生まれ変わり】のこと。死した魂が、新たな生へと転じることだ。 だから転生した者は、真っ白な赤ちゃんになって生まれて来る。 エミもそうだった。ずっと何も知らずに、普通の修道僧として過ごしてきた。 だが魔神の復活が迫り、エミは前世からの声を聞く。 自分が、光の女神と称えられるエミアローネの来世……すなわち【女神の転生】であると。

  • 紡がれた想いの、その先へ──。

    ♡142,200

    〇245

    異世界ファンタジー・連載中・32話・68,268字 葵(あおい)

    2020年10月25日更新

    鬼によるレスティア襲撃から三週間。 ライアとセツナの二人は、各々の目的を胸に辺獄地帯へと向かう。 かつての黄金都市ヘイメスは過去の華やかさを失い、今や崩落都市と化していた。 其処で出会った竜族の男と対峙する二人は、以外にも早く終わりへの道標を識る。 その一方で。 空中都市楽園《エデン》へと連れ去られたフィンドラは、囚われている牢獄で一人の竜族の少年と出会う。 その出会いが、彼女の生き方を大きく変える真実へと繋がる。 『貴女も自分の信じる道を進めばいい。私が信じてあげる、私が認めてあげる。貴女という存在を、私が大切にしてあげる』 『……たった今、探し物は見失った』 『大好きだからこそ……せめて、私の手で──』 『誰かが欠けた未来なんて、生きる価値すら無い』 交差する数多の想いは、辺獄地帯で勃発している竜と鬼の戦争へと関わっていく。 戦争のカギを握るのは“月の方舟”と呼ばれる封印された魔法だった。 たった一人を救う為の戦い。 全ては繋がり──物語は今再び動き出す。