童話/絵本/その他 短編 連載中

サンタクロースと、隠れキャラ4人衆

作者からの一言コメント

直感で書いてる童話?

読了目安時間:5分

試作の童話?となります、書いた時期はあえて季節外れ

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 サンタクロースと、隠れキャラ4人衆
作者名 しろくろぽん.
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ サンタクロース レアキャラ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月31日 10時57分
最終投稿日 2020年8月5日 15時45分
完結日 -
文字数 2,335文字
読了目安時間 5分
ブックマーク登録 10件
コメント 1件
スタンプ 15件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,600pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 呪怨の女帝は幸せになりたい!

    禁忌の儀式って、私がしたんじゃないのに

    420,950

    14,931


    2021年5月7日更新

    その光景を瞳に映すだけで何もできずに見ていることしか出来なかった。 友の、母の、父の、知り合いの、その命がなくなるその時まで、身動きも、まばたきも出来ずに瞳に映し続けた。私自身、胸を貫かれ溢れる血液が温かいと感じる中で死の訪れを待っていることしか出来なかった。大量虐殺により同族の命を奪われた理由は『大罪の化身を呼び出す生贄とするために丁度良かった』から。”災厄の悪夢”としか呼べない大量虐殺犯は禁断の儀式で召喚した『何か』と共に飛び立っていってしまった。 けれど、”災厄の悪夢”に呼応し召喚されたのは大罪の化身じゃなかったらしいの。誰もいなくなり、死の間際に瞳が映す魔法陣の中央で”災厄の悪夢”を「儀式だけで望みが叶うと思うなんて莫迦にしてるわね」と嘲笑うように現れた真の『大罪の化身』に憑かれてしまった私。私はただ平和に、穏やかに、人並みに、いつか素敵な旦那様を捕まえて小さな家庭を切り盛りするのが夢だったのに・・・・・・なんで私に憑いてくるのよ!?禁忌の儀式してアンタ呼んだの私じゃないのに!!! 禁断の儀式で呼び出された大罪の化身を宿し、何もかもを失ったけど私が悪い訳じゃないんだから!きっちり復讐をして、普通に幸せになりたいの!小さくとも温かい平和な日々を過ごしていきたいの!!これは、種族絶滅という禁断の儀式で呼び出された『大罪の化身セルティ』と、セルティを身に宿した『ちょっと殺意高めな女の子リーフ』の復讐と幸せを掴むための物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間39分

    この作品を読む

  • 【R·O·S·E】

    学園の深層で始まる少女の復讐劇。

    32,400

    60


    2021年4月24日更新

    異物の異郷【ミスティルテイン】剣聖学園。 毎年、何百人もの入学生を迎える世界の中心にある剣の学園へ入学した女性【リディア・ローズ】は異郷での六年間を開幕させる。 不安定な安寧、不特定な混沌が蠢く世界の中心で、墓標に朽ちた【極剣】と新たな【極剣】を携え、復讐の華を咲かせる。 許しなど必要ない。自分にも誰にも、世界にも。 最低の選択でもいい。それで未来を一滴たりとも残さず奪えるなら。 九年前に平凡な未来を奪われた少女が、今度は未来を奪う。 なんて事ない平凡を失った、滑稽な復讐劇。 ◆◇◆ 2021/04/24 にて【R·O·S·E】は一旦〆です。 エピローグに 後書き がございますので、そちらも読んでいただけると幸いです。

    読了目安時間:4時間16分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 童話【少年と青い鳥】

    幸せの鳥、ルリルルはなぜ姿を消したのか…

    700

    0


    2021年5月10日更新

    嵐の過ぎたとある日。 少年は森で怪我をした青い鳥を助ける。 2人(1人と1羽)はかけがえのない友達になり、毎日のように仲良く遊んでいた。 しかし ルリルルと呼ばれるその鳥の羽にはとある秘密があって… …………。 この作品は『転生鳥類』の作中に出てくる童話【少年と青い鳥】から生まれました_:(´ཀ`」 ∠):

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 揮毫

    浮かんだイメージを文字にしてみよう

    27,800

    0


    2021年5月9日更新

    絵を描き、改めて見た感想を書くもの。 同じように描くものもいれば、同じように書くものもいるかな?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:25分

    この作品を読む