お~い、助けとくれ~。異世界でプロ野球入りしてウハウハと思たら、あいつら滅茶苦茶でもう嫌になっちまったよ~異世界東京野球団

読了目安時間:3分

見直した

 七回終了時点でミステリーナイトの残り人数は三人。  捕手のとんち坊主、リリーフ投手のクイズマイスター、ファーストのミスターX。  東京野球団とは違い、順調に人数を減らしている。    八回ともなるともう後回しには出来ない。  いよいよ未練達も真剣に、謎解きに向き合わなければならなくなった。  神からの出題はこれ。 (空に手を伸ばし、待ち焦がれている魔物を召喚せよ) 「誰かこの中に黒魔術に詳しい奴はいないのか、魔方陣とか生け贄とか。魔物を召喚しないと」  ナインに訴えかける大谷川。 「魔物なんて召喚出来る訳ないでしょ。だっていねーもん」  語気を荒げ吐き捨てる五村。 「そんな事言ったってやるしかないだろ。何もアイディアがないなら水差すんじゃないよ」  怒鳴り返す大谷川。  両者睨み合う、一触即発である。  東京野球団の面々は相当追いつめられていた。 「やめてください、今揉めたってしょうがないです。ここは切り替えて野球をやりましょう!」  と夏美が止めるに入る。  流石に首を縦に振るものはいなかった。  大谷川は躍起になっているが、五村は既に匙を投げている。  五村だけではない、ナインの中には諦めムードが漂っていた。  未練はじっと黙って考え込んでいた。  ベンチに戻る度、美々からダメ出しを受け、謎解きのアドバイスを貰っている。  謎の中にあるキーワードを、数字や英語など色んな物に変換してみるといいらしい。  未練は考えを巡らせた。  英語……数字……漢字……!  分かったかも、未練は呟いた。  その声にナインが一斉に振り返る。 「お前黒魔術の知識持ってるのか!だったら早く言え!どうやるんだ?どうやって魔物を召喚する?」  大谷川が掴みかからんばかりの勢いで未練に詰め寄った。  未練は焦りながらも否定する、黒魔術は使いませんと。  大谷川は更に詰め寄る。 「は?じゃあどうやるんだ?言え!」  答えは控え選手です、と未練は答えた。 (())という字は(()())と(())で構成されている。  空に手を伸ばす出番を待ちわびる魔物=控え選手という訳である。  ナインから称賛の声が上がる。  この試合、東京野球団初の正解であった。  まだまだ追い込まれている事に変わりないが、東京野球団はやや息を吹き返す。  控え選手……。  ナインは未練から今度はベンチへ視線を移す。  ベンチの前には既に美々が待機していた。  一本指を立てた左腕を天に突き上げ、その目は閉じられている。  二秒程の溜めの後、美々はカッと大きく目を見開く。  真打の登場である。 「未練君っ……よくやったわっ……ここからが本番よっ」  八矢が脱出となったが、美々が召喚されてしまったため人数はいまだ九人。  問題に正解した場合、ワンプレイ終わる毎に次の問題が出題される。 「美々が来たからにはもう安心っ。どんな問題でもっ……かかってきなさいっ」  神の出題はこれ。 (遥か天空より飛来し光の皿、これを呼ぶ獣とはなにか) 「ゴリラよっ。何故ならウホウホ(()()()()()())というからっ。光の皿はUFOの事っ」  美々は即答した。  正解、一人脱出となる。 「じゃっ熱原さん脱出ねっ。 バイバイっ」  美々から夏美へ、直々に指名が入る。 「え?私?」  夏美が戸惑う。 「そうっ熱原さんは野球野球って謎から目を背けっ、チームをここまで追い込んだこの試合一番の戦犯だもんっ。美々のチームにはいらないわっ。ゲラウェイっ」  こう言われてはぐうの音も出ない。  夏美はしょんぼりしてグラウンドから脱出していった。  更にワンプレーを終えて次の問題。 (神が迷える民にパンを与えた。しかし民は食べる事が出来ない、何故か) 「フライ()()だからよっ」 (白く輝く宝玉を納めし、汚くて中が臭い袋とは) 「グローブよっ」 (ネズミが通う学校とは) 「中学校よっ。何故なら()()()(鳴き声)学校だからっ」  美々は次々とチームメイト脱出させていく。  ――すごい!天才だ!  未練は美々を見直すのだった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 二〇二号室は退廃に煙る

    猟奇・ギャグ・ホラー・恋愛・異常性愛SS

    100

    0


    2021年6月25日更新

    表題作 ┗毎日退廃的に過ごす、世間一般においては奇才といわれる作家の青年。彼の書く物語はどこかが狂っていて、おかしくて、そしてそれは彼自身もまたそうだった。ハシシから削った大麻を吸って奇妙奇天烈な日々を送る。 宇宙的アイドルスターのヴィーニャは床下でコンサートを開いて、巨大知性体アマテラスは過去に起こったことと未来に起きる事象を観察して吐き出し続ける。 ある人食いは罪悪感も躊躇いもなく人間を捕喰して、快楽殺人を繰り返す少女は人を殺すことで性的欲求を満たしていた。 キノコを食べてキノコになったそいつは赤い服の奇抜な配管工に喰われ、巨人となったそいつは地均しし始める。ある家では天井から本棚が生えて、朝起きると壁から液晶テレビが芽吹いている。 真夏日に雪が降り、女は異世界で反陽子爆弾になって、ある死刑囚は前向きに死ぬ。 サイケデリックに煌めき、インモラルでエキセントリックに彩られた日常と非日常の境目を揺蕩うような日々を切り取った、SS・短編・中編集。 これはきっと誰にだってありうる、そんなお話。 面白いなーと思われましたら、気軽にスタンプなどお願いします。創作意欲に繋がりますので。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む

  • 魔女の門、門の魔女【全編挿絵あり】

    特異点に出現した転移物タクミの日常

    41,600

    65


    2021年6月25日更新

    全編挿絵あり。大体一話完結形式です。 あらゆる所から「何か」が出現する『特異点』と呼ばれる場所に、家土地ごと出現したタクミ。そこは元いた世界とちょっぴり似ていてかなり違う世界。タクミとそのお目付役の担当官、二人の上司にあたる魔女との、ゆるくてちょっとバイオレンスなお話。こちらもゆっくり気ままに進行します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 私の世界。

    貴方と私、同じ部分もあるかも?

    31,530

    70


    2021年6月25日更新

    日頃から思った事を。 少し描こうか? 詩と言うには拙い言葉でも… 誰か僅かに思ってる人へ。 私だけでもない。 誰の為でもない。 何か判らない心すら描こうか。 今のままで良い言葉へ。 全て自由と言う名の言葉の世界へ。 だからこそ、残そうか。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • ペルソナぼっち

    他人に興味を持てない高校生のお話。

    5,000

    0


    2021年6月24日更新

    戸部ショウは他人に興味がない。過去に何かあったというわけではなく、生まれつき。今日も今日とて一人で過ごす、孤独を愛する者だ。 高校に友だちはいない。そもそもクラスメイトの名前を覚えていないし、顔と名前も一致しない。面白くない授業は聞き流し、自分の殻に籠もる日々に満足していた。 しかし、高校二年生に上がった時、それをおびやかす存在が現れた。 東野シノ。学内で一番の美人とうわさの少女。彼女と同じクラスになってしまった。しかも隣の席で、さらには同じ委員会に任命され、否応なく彼女と関わりを持つことになってしまう。 平穏な孤独を恋しく思う一方で、何気ない会話を積み重ね、彼女もまた孤独を抱えている人間だと知り、ほんの少しずつだが彼女に惹かれていく。 他サイトで同時掲載中。 週一回ペースでの更新を予定しています。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む