お~い、助けとくれ~。異世界でプロ野球入りしてウハウハと思たら、あいつら滅茶苦茶でもう嫌になっちまったよ~異世界東京野球団

読了目安時間:5分

出た

 東京野球団VS和歌山ナイスゲームの試合は淡々とゆっくりと五回まで進んだ。  あくまでも未練にとっては、だ。  この試合、森林を背にした位置に設置されているピッチャーマウンドと本塁の距離は一八.四メートルと通常通りである。  そのかわりといってはなんだが一、二塁は約二キロ、三塁は五百メートル先の森の中にありランナー、守備側は山林に分け入り次の塁を目指したり薮の中でボールを捜索しなければならない。  歩きにくい森の中を小さなボールやベースを巡り攻防を繰り広げる、ランナー守備側共に過酷なルールとなっている。  しかしここまでの未練にとってはさほどでもない。  打者としての未練はアマチュアの中でも低レベルな部類である。  したがってランナーとして森に進入する確率は低く、実際五回まではその機会はなかった。  また守備側としてもこの日は上手く三振を奪えていた。  森の中まで飛ばされたとしても後はバックを守る守備陣にお任せといった感じで、やはり入林までいたっていない。  一回表に東京野球団に一点、二回表に更に一点得点が入った。  つまり試合において激しい攻防が行われているはずな訳だが、如何せん森の中での出来事。  白いビーチで待機する未練には正味の所、何が起こっているのか今いち窺い知れない。  たまにボロボロの味方ランナーがホームに生還し、あ、得点入ったのかと認識する位のものである。  一回表の得点は夏美だった。  その直前まで未練は余所見をしていた。  浅瀬で美々が浮き輪にお尻をはめてプカプカ浮いている。  空気を入れてやったのは未練である。  美々は試合開始前から、大谷川に隠れてこそこそ浮き輪だのビーチボールだの準備をしており未練はそれに付き合わされた。  美々はこの試合の出場予定がない数人の女子選手と映える写真を撮り合っている最中で、美しい海を背景に特殊ピースを決めている。  試合中ではあるものの特にやる事がない未練は呑気にそれを眺めていた。  美々が気付いて笑顔で手を振る、合わせて未練も振り返す。  その時である。  歓声が上がる、振り返ると夏美が本塁へ向かってきている。  そのままベースを駆け抜け、チームは幸先良く先取点をあげた。  チームメイトとハイタッチを決める夏美の髪にはクモの巣が絡みガビガビ、体中に引っ付き虫が付き土埃で顔も汚れている。  ハイタッチの輪に加わる未練を発見した夏美は、ボロボロの自分の姿に少しだけ恥ずかしそうな表情を見せたが、やはりそれ以上に嬉しげだった。  未練は罪悪感からいつもより大袈裟に笑顔を返した。  反省をした未練は真面目に試合に向き合い、ナイスゲーム打線をねじ伏せ相手得点ボードに0を重ねる。  練習の甲斐あってか海鈴との息もまずまず合っており、ぎこちないながらもスライダーの捕球も上手くいっている。  そうとも、未練は野球をしにきたのだ。  今はこの試合に集中し、持てる力を全て注ぎ込むのみである。  とはいってもこの試合、未練にとっては暇な時間が多すぎた。  ワンプレー毎の待ち時間がとにかく長い。  攻守交代だけで一時間近くかかる訳で、未練の集中力は度々切れかかる。  プロスポーツのメンタルコントロールは難しい。 「この島ってねっ、星がめっちゃ綺麗だって知ってたっ?今日は天気がいいから絶対一緒にみよっ。後、花火もして――」  五回を終え攻守交代待ちの未練にフリルをあしらったビキニを着た美々が話しかける。  頭には現地で摘んだお花まで挿している。  未練が集中力を保てない最大の理由はこれかもしれない。  浮かれる美々を見る度に、未練の決意を押し退けてバカンス気分が割り込んでくるのだ。  六回表、先頭打者の大谷川がヒットで出塁した。  向井原が三振に倒れ、続く久米村の所で神保監督は代打策をとる。  代打は友多、この策は成功しヒットで出塁、ランナーを溜めて未練に打席が回ってくる。  六回表ワンアウト、ランナー、一二塁。  相手投手モモサンの初球ストレート、高めに大きく外れてボールの判定。  二球目スライダー、またも高めに抜けてボール。  ピンチに動揺しているのかもしれない。  三球目ストレート、外角際どい。神の判定はボール。  四球目ストレート、高めギリギリ、ボール。  四球となり、未練は一塁に出塁となった。  記念すべきプロ初出塁であり、初の森行きである。  ここで神より試合中断の宣告がなされる。  時刻は十七時、日没後の山林での野球は危険なため続きは明日となる。  ナイスゲーム戦には日没後のしきたりがあった。  回の途中で中断となった場合、守備陣、ランナーはそのまま山中で野営をするというものだ。  中断前に出塁を決めた未練は森に入り、そこで一夜を明かさねばならない。  バカンス気分が吹っ飛んだ。 「えっなんでっ?一緒にお星様見れないのっ?やだよっやだやだっ無し無しっ四球無しっ」  美々が駄々をこねている。  実の所、未練は星になど興味はないが可愛い女の子と見れるなら、と思ってはいた。  出来れば夏美とも見れたらな、なんて期待もしていた。 「誰か代走出せばいいじゃんっ。未練君が可哀想っ」  代走の選手は可哀想ではないのか。  美々のワガママが通る訳もなく、勝負の世界は時として非情である。  未練は急かされるように森に入った。  遭難の危険もある、本格的な日没までに目的地の一塁ベースまで着いておきたい。  方位磁石や島の地形図を渡されてはいるがさっぱり見方が分からない未練は、球団が用意した簡易地図を頼りに歩を進める。  山道は想像以上に歩きにくかった。  足下が草木で隠れて思わぬ凹凸やぬかるみがある。  傾斜もあるし、装備も重い。  景色を覚えにくいし、見通しが悪くて距離感や方角を見失う。  ほら現に簡易地図に載っている看板に一向に辿り着かないし、今自分がどこにいるかも分からなくなったではないか。  未練は焦った。  既に一時間近く歩いている。  時刻的にはまだ明るい時間だが、鬱蒼とした森の影のせいで日没が近い事をより強く感じる。  我、遭難せり。  未練は認めざるをえなかった。  パニクって来た道を走って戻ってみるが、当然帰路など覚えちゃいない。  絶望と疲れでしゃがみこむ未練。  こんな場所で寝袋一つ、一晩過ごさなければならないのか……。 「おーいたいたみょす。君、和歌山野球上手団の未練ちょでびゅそ?」  声がした。低く落ち着いた渋めの美声。  振り向くと異世界人がいる。  和歌山ナイスゲームの一塁手ブチサンであった。 「未練ちょはこの場所は初めてでぶうるし、心配で迎えにきてしまいみょす。」  ブチサンに無事発見保護された未練はなんとか一塁に辿り着いた。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 変身時間のディフェンスフォース 〜ヒーローの変身途中が『隙だらけ』なので死ぬ気で護るしかないし、実は最強の俺が何故か裏方に!?〜

    ジャンル別日間1位、総合3位の実績あり!

    425,912

    5,557


    2021年6月25日更新

    異世界よりこの地球へ侵攻する「ヴィラン」 その数多の軍勢に対抗するため、たくさんのヒーローが日々世界を守る為に戦っている! しかし、ヒーロー最大の隙は『変身中』である! そんなヒーローが変身している間を守る組織「護利隊」にて、ヒーローになろうと奮闘する主人公「隠雅飛彩(かくれがひいろ)」は、ヒーローとの接触禁止令を無視して最終試験中の金髪美少女「ホリィ・センテイア」を救い出す。 ホリィに正体がバレないにように護衛任務をこなす飛彩は「巨大な怪獣との戦闘」や「ヴィランに操られたヒーローを撃破する」壮絶な戦いを繰り広げる中で、変身前の戦闘力で勝る自分はヒーローになれないのかと怒りを抱えていた。 幼なじみの美少女スナイパーや、不思議系サポーターの後輩娘に支えられながらも、飛彩は現状に満足することは出来ずにいる。 何故なら、かつて自分を庇って死んだヒーローのためにもヒーローにならなければと焦っているからだ。 しかしヒーローを守る最強の護衛も、とうとう今までの問題行動のせいで追放処分となってしまう。 エースを追放した矢先、最悪なことに今までのヴィランとは比べ物にならない力を持った存在が襲来。 街の被害が増えていく中で次々にヒーローが倒れていく。 ホリィもまたヴィランに敗れ、殺されそうになるが…… その窮地にヒーローを憎んでいたはずの飛彩が乱入! 今までの戦いを通して「ヒーローを守ること」が己のやりたかったことだと理解した飛彩はヒーローの変身能力『世界展開(リアライズ)』に目覚める! ヒーローと違って瞬時に変身できる『最強の能力』を得た飛彩は対ヴィランの切り札として活躍していく……! 様々なヒーローやヒロインの『変身途中を守る』最強のヒーローのアクションストーリー! ここに開幕! ------------------------------------------------------------------- 【1話2000~3000文字程度の読みやすいボリューム! しかし綴られるのは濃密な熱血アクションストーリー! どうぞ御照覧あれ!】 -------------------------------------------------------------------

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:29時間15分

    この作品を読む

  • レヴェネイター  謎多き魔法探偵と霊量士の活動録

    2人の王と2人の高校生が主人公

    149,345

    540


    2021年6月25日更新

    地球と異なる世界から訪れた2人の先生が、ある2人の高校生と出会った時、世界の運命は大きく変わる。「異世界浸蝕」と「血徒汚染」という全世界滅亡に関わる大事件を彼らは解決することができるのだろうか? 時は20XX年、いくつもの星々が観測されなくなり、世界中に突如出現した吸血鬼ゾンビによる「ブラッドホワイトデー事件」により、人口が大きく減少し世界が大きく変わった地球を舞台に話が進みます。 地球の京都にある学園都市「春花」。そこに構える「九条学園」の高等部に通う2人の高校1年生「結月 響」と「如月彩音」は普通の学園生活を送っていた。だが彼らは大きな秘密を幾つも秘めていた。 それは、9年前の彼らの故郷で起きた悲しい事件の被害者であり、霊感が2人とも強く、その事件の犯人の姿を目で捉えたことであった。 そんな中、彼らの住む春花でも不審な事件が起き始めていた。奇しくも、それは9年前の事件と類似する点があり行方不明になった友を探していた2人は、街中で見つけた光る亀裂の罠に引きずり込まれ村を壊した犯人と対峙する。 身の危険が迫る2人を颯爽と助けたのは、自ら魔法探偵と名乗り紺色の刀を手にした黒緑髪の男と、青髪で角を生やした鬼のような和装姿の男であった。 響と彩音は彼らに関わる中で、異形の存在と戦う素質を認められ、探偵見習として修行に励む響と彩音は、めきめきと頭角を現していくのであった。 だがそれは、恐るべき事件の始まりに過ぎなかった。春花を舞台に起こる幾つもの怪奇事件は、世界中に広まり新たな危機をもたらしていた。事件が事件を呼び世界は混迷を極めていく中、響たちは具現霊(レヴェネイト)と共鳴し、「異境界航行空間」こと異界空間というダンジョンに潜り異世界浸蝕現象やそれを引き起こす巨大組織に対し戦いに挑むのであった。 様々な怪事件の裏に隠れ結びあう、数千年単位で計画された陰謀とその黒幕を見つけ、倒して世界を救えるかは彼らの活躍にかかっている。 ※当作品は、第1話 夜空を見上げる2人の男 から読み始めることをお勧めします。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:30時間21分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 九尾の狐とおん返し

    ほわほわ店主がワケあり狐を拾いました

    6,200

    0


    2021年6月25日更新

    西洋のどこかの国のカフェの店主が九尾の狐を拾った。 陽美乃と名乗る喋る狐をものともしないどころか、変化して見せてもすごーいと拍手するルーチェ。 そんな彼のもとでもふもふ撫でられたり、カフェでウェイターをしたりと自由にすごす陽美乃。 ルーチェの眼病を治すために協力したことで二人の絆は深まっていく。 そんな彼らのもとに陽美乃が西洋まで逃げてきた理由が追ってくる。 不思議で平和だけどちょっと危険な二人の日々を覗いてみませんか? ※表紙は渡河いるかさんに描いていただいたものです。一切の転載を禁止します。 ※狐がひどく傷つけられるシーンがあります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:47分

    この作品を読む

  • 虹の星剣 〜神に挑みし虹の星剣と星が紡ぎし7人の剣王〜

    王道ファンタジー始めました。

    42,800

    220


    2021年6月20日更新

    遥か昔、7つの流星が大陸に散らばった。 星は永い年月をかけ、剣にその姿を変えた。 この世界の名はセントアンドオーガスタ。 各大陸を統べるのは星剣に選ばれし7人の王。 【 全ての星剣を集めし者 この世界の真の王になる 】 という古い言い伝えが残る中、存在するはずの無い8本目の星剣を持つ少年 デルシア・R・ソル。 均衡を保っていた世界のバランスが今、崩壊を迎えようとしていた。

    読了目安時間:13分

    この作品を読む