お~い、助けとくれ~。異世界でプロ野球入りしてウハウハと思たら、あいつら滅茶苦茶でもう嫌になっちまったよ~異世界東京野球団

読了目安時間:5分

迷った

 舞台はプロ野球のマウンド。  この物語の主人公、岡本未練はピッチャーである。  ピッチャーと言えば自信過剰で我が儘、お山の大将などと言われる事がある。  チームの勝敗を分ける要因は数えだしたら切りがないが、かなり大きな割合を占めるのがピッチャーの出来不出来だ。  その重責を担う者は、自然と高飛車に自信過剰になっていくのかもしれない。  しかし、上には上がいる。  エースと呼ばれる自信家達も競技を通じ、自分より優れた選手と出会いその自尊心を削られ凡庸な選手となっていく。  プロ野球は日本の野球の頂点だ。  激しい削り合いに勝ち残った猛者たちの集う場所。  そんな環境で育て上げたプライド、自信は並大抵ではないのかもしれない。  で、未練は青白い顔でマウンドに立っている。  一七二センチの身長はマウンドにおいては小さく見える。  痩せ型の体はフラフラしており、何とも心許ない。  打席には未練よりもはるかに大きな体の選手が、落ち着き払いどっしりと構えている。  マウンド上の未練は瞬きを繰り返し、緊張が手に取るように分かる。  しばらくマウンドでソワソワしていた未練だが、いつまでもそうしている訳にはいかずやむなく投球動作に入る。  未練が投げたのはストレート。  巨漢の打者のスイングは力強かった。  当たれば強烈な打球が飛ぶだろう。  当たれば。  バットはボールにかすりもせず、豪快に空を切った。  打者は驚きの表情でマウンド上の投手を見た。  マウンドでは変わらず未練が青白い顔をしている。  実はこの未練、異世界からやって来た。  どこぞの世界からポーンと飛ばされてきて、なんやかんやで今プロのマウンドである。  そんな状況でさぞや心細かろう、実際未練は緊張で気絶寸前だ。  ゲロを吐きそうになりながら投げたのが先程の一球、記念すべきプロ初投球となる。  顔面蒼白で投げたこの球、打者の予想に反して速かった。  ど真ん中打ち頃にも関わらず空振りを奪えてしまう力があった。  故に、敵打者の驚きの表情な訳である。  さてこの空振りで少しでも緊張が解ければよいが。  一体この試合、どういう展開を見せるのか!  とその前に未練が何故プロのマウンドに立つ事になったのか、説明させていただきたい。  少々長くなるかもしれない。  話数にして七話程だろうか。  軽くでいいので読んでいただけると幸いである。  岡本未練がいつもの風景に違和感を覚えたのは家路の半ばを過ぎた住宅地辺りだった。  普段と変わらず、ボーッとしながら、下を見ながら大学から自宅アパートへ。  ふと視線を上げ目に留まった角の一軒家。赤い屋根に白い壁の小さな一軒家。  ――あんな色だったか?  ――あんな色だった気もする。でも……  ――まあいいや、あんな色だったんだろ、多分。  特に気にする素振りもなく歩を進める未練。角を曲がればほぼいつもと同じ光景がそこにはあった。  ほぼいつもと同じ光景である。  ――あれ? なんか……あれ?  どこかが違う気がするがどこが違うのか分からない。いや、どこも違わないかもしれない。  小さな違和感に過ぎない。視線だけキョロキョロさせ歩き続ける未練。  ――あれ? なんで? あれ?  歩き続ける程に増していく違和感。立ち止まる未練。辺りを見回す。どこが違う?  違和感の正体はいくつか発見する事が出来た。  例えば右前方に見える屋根も壁も全てピンク色の家。確か水色の家だったような……。  その奥にある洋テイストの雑貨屋。和テイストだったよね?  目の前にある横断歩道。押しボタン式信号がついてたはず。  正解である。  他にも相違点はあるが、どうでもいいのでここでは置いておく。  要は、街並みがほんの少し変化していた。  間違い探しに正解した未練はしばし考えた。  ――道を間違えたかな?  細かい所は違えど街並みは基本的にはいつもと同じである。  ――俺が大学に行っている間に工事でもしたのかな?  未練がこの日、大学にいたのは五時間程度である。  その間に一軒家の色が塗り替わり、雑貨屋が改装を終え、信号が撤去されるものだろうか?  間違い探しに正解したもののどうする事も出来ない未練。  どうする事も出来ないのでとりあえず家に帰る事にした。  ――まあスピーディーな工事もあるかもしれんしな。俺の知らない方法か何かで、何とかなったんだろう、多分。  これは半分正解である。  未練の知らない何かで、何とかなってしまったのだ。  数分後、未練の顔は青ざめていた。  いくらなんでも街の景色が違い過ぎる。  最早どこが違うとかではない。彼の体感としては街並みの半分位は間違っていると感じていた。  ――怖い!! ……それはさておきやはり道を間違えているとしか……怖い!!  本当なら自宅はすぐそこのはずだ。  この先の交差点を左に曲がれば右手に二階建てアパートメゾン馬骨台がある。  そこの二○三号室が未練の部屋だ。  見覚えがない様で見覚えがある交差点を見詰めながら未練は思った。  ――怖い!!  交差点の左手手前に看板がある。簑虫おじさんのこだわりカレー。  二階建て一軒家の一階部分を改装して店舗にした住宅地にあるカレー屋である。  隠れ家的お店を狙ったのかもしれないが、残念な事に流行ってはいない。  味に問題があるのか、簑虫おじさんに問題があるのか分からないが、流行ってはいない。  未練も店内を覗いた事はあるが、簑虫おじさんが不機嫌そうだったので入店しなかった。  要はこの店は知っている。  道は間違っていない。  店に近付くと準備中の札。更に近付き中をチラ見するが誰も居なかった。  ――ドキドキする。怖い!!  角を曲がればすぐにメゾン馬骨台が見える。  木造二階建て青屋根白壁の慣れ親しんだ我が家。  建物の形状は同じ、立地も同じ、木造なのも同じである。  壁は黄色く屋根は赤かった。  建物名はコーポ馬骨台とある。  未練はアパートの階段を上り二○三号室へ向かった。  鍵を鞄から取り出し差し込んでみる。  鍵は入ったが回らなかった。  二階から辺りを見渡してみた。  空は曇り、辺りはうっすら暗かったがお日様の白が切れ目から覗いている。  さっき来た交差点を眺める。逆光で見難いが一つ気付いた事があった。  簑虫おじさんのこだわりカレーの看板がない。  ――一瞬で潰れた!!  こうして岡本未練は無事、異世界に迷い込んだ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ティミッド&アウェイ WEB版

    主人公の能力は「曲がり角で自販機を出す」

    6,000

    0


    2021年6月25日更新

    「いま自販機出したよね!?」不明瞭な問い掛けをされた早瀬は窮していた。意味が分からないからではない、答えが明確に「イエス」だからである―― オタク趣味の男子高校生、早瀬悠希。 彼に備わったのは『曲がり角で自販機を出す』チカラだった。 「こんな異能でどう戦えってんだ?」 大都会東京を舞台になくても困らないチカラが激突する!!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間9分

    この作品を読む

  • 【神絵師のエロ美しい挿絵あり】セイクリッド・カース〜あらゆる闇を断ち切る美しき便利屋〜【毎日更新】

    狂気を断ち切るは、勇猛なる男の娘!

    3,700

    0


    2021年6月25日更新

    ここはかつて御使いと救い主の犠牲により救われた世界。 王に次ぐ権力を持つと言われるほどの大貴族アリアンナ家の令嬢ロレインは、謎の呪いによって狂気に囚われた父を案じていた。 父の救済を願うロレインの前に現れたのはまるで天使の如く美しい便利屋だった。 世界の命運を賭けた魔物との戦い、紐解かれる古からの陰謀、宿命を越えて繋がる家族の愛。 美しき主人公が溢れる憎悪を切り抜け、強大なる怪物に立ち向かうダーク・ファンタジーが幕を開ける。 オリジナルのハイファンタジーの世界で、美しき便利屋が貴族の令嬢からの依頼をきっかけに大いなる謀略と熾烈な戦いに挑む物語です。 エレガントで、作りこまれた、美しすぎるイラストを手掛ける人気イラストレーターの@ikezakimisa池咲ミサさんにキャラデザインと挿絵を依頼しました! 池咲ミサさん入魂の強くてかっこよくてクールなビューティフル主人公が知恵と技と勇気で、圧倒的な魔物に立ち向かう大活躍をお楽しみください。家族の愛の物語も魅力です。 経験値やレベルといったゲーム的要素はありません。 表紙は池咲ミサさんからの許可を頂き、設定画に手を加えています。 (イラストの権利は池咲ミサさんに帰属。無断転載、不正使用、無断転売、自作発言は禁止。小説家になろうでも連載しています。)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間42分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 燃えよカイエン ~野生な精霊拳士の珍道中~

    拳法×精霊+もふもふで贈る冒険アクション

    6,100

    205


    2020年4月11日更新

    【全104話 完結】 精霊紋章、略して霊紋。 霊紋を持つ者は、超人と呼ぶに相応しい身体能力と異能を併せ持つ。 中原の覇者であるロザン皇国は東都イタミに、ある日ふらりと一人の少年が姿を現す。 カイエンと名乗るその野生児は、常識がなく、金の持ち合わせもなく、しかし霊紋を持っていた。 イタミに到着するなり巻き込まれた陰謀劇をはじめとして、カイエンの行く手には一騎当千の強者が次から次へと立ちふさがる。 果たしてカイエンは強敵との戦いに打ち勝ち、ひと癖もふた癖もある仲間と共に『世界を見て回る』旅を貫くことができるのだろうか。 「目と耳と鼻と口しかない奴は、どうにも見分けがつき難くてなぁ」 「大抵の人間はそれだけあれば十分よ」 「いや、でも、牙も爪も角も尻尾も無いんだぜ」 「その要素に期待するのは金輪際諦めた方がいいわね」 これは、精霊を宿した野生児が巻き起こす、壮大(になるかもしれない)拳法ファンタジーである。 (「小説家になろう」でも投稿しています)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間50分

    この作品を読む

  • 金貨使いの怪人<ファントム>

    かつて英雄と持て囃された男の復讐劇

    33,950

    273


    2021年6月19日更新

    超巨大ダンジョン都市アルカディア。七つのダンジョンが都市の中に存在し、冒険者達の黄金郷と呼ばれるこの地で、莫大な借金返済を果たす為、出稼ぎ目的で神(やくざ)に拉致られた一人の日本人が紆余曲折を経て長い眠りから目覚める。かつて金貨使いの怪人と呼ばれ英雄と持て囃されたその男は再びダンジョンに挑む事になる。裏切った仲間とダンジョンを支配する神々に復讐する為、呪われた金貨の力を使って。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間22分

    この作品を読む