現代/青春ドラマ 長編 連載中

疾走と弾丸

作者からの一言コメント

現代日本ガンアクション&カーチェイス

疾走と弾丸の表紙

埼玉県熊谷市の片隅で平凡に暮らしていたはずの大学生・相田雅之。 車の運転だけが取り柄であった彼は、七年ぶりに地元へ帰ってきた一つ上の幼馴染・網屋希の「仕事」に巻き込まれる。 彼の仕事は、命を狙われる三人の医師の警護。その手段は、銃火器を用いるものであった。 運転担当、相田。 元・NYの賞金稼ぎ、網屋。 情報収集を得意とする中川路。 近接格闘特化型、目澤。 精神操作ができる塩野。 彼らの生き残りを賭けた戦いが、田舎町の片隅でひっそりと火花を散らす。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 疾走と弾丸
作者名 榊かえる
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ アクション/バトル 男主人公 現代日本 ガンアクション カーチェイス 先輩と後輩 近接格闘 実在の地小説コン 友情 恋愛 年の差 大食い
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年8月24日 22時44分
最終投稿日 2021年4月12日 8時00分
完結日 -
文字数 436,095文字
ブックマーク登録 18件
コメント 15件
スタンプ 62件
ビビッと 6件
応援ポイント 54,400pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 2件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 虹魔の調停者

    ほのぼの兄妹の壮大で時にゆる~い冒険譚

    17,800

    105


    2021年5月6日更新

    国を離れた精鋭たちの集う独立ギルド『ガレーネ』。 彼らは世界各地で起きる様々な問題を独自の手法で解決する役割を担う。 ある時、村育ちの兄妹であるジオとネルマが王都の観光をきっかけに彼らから勧誘を受けることに。 ギルドに加わり、ほんの少しずつ実力を解放しながら互いのことを知っていくジオたち。 しかし強敵との戦いの最中、彼らの前に真の敵とも言える存在が立ちはだかる————

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間42分

    この作品を読む

  • 逃げるしかないだろう

    絵描きの男と、キャバレーの女。

    58,516

    12


    2021年5月6日更新

    舞台は1980年頃の、大阪ミナミ。貧乏青年の譲治は、友人の紹介でキャバレーで黒服の仕事をするために面接を受けることになった。 面接に行く途中、時間に余裕があったので、道頓堀にある戎橋、通称ひっかけ橋で、趣味の似顔絵を描くことにした。大道芸のように、女の子に声を掛けて器用に似顔絵を描く譲治。その時、橋の上で男たちに言い寄られている一人の美しいお姉さんを見つけた。鋭い目つきで、男たちを罵倒するそのお姉さんの勝気な姿。譲治は、その表情に惚れてしまった。止せばいいのに、騒動の中に分け入ってその子の似顔絵を描き始める譲治。気になったものは描かずにはおれないのだ。火に油を注ぐような譲治の行為。そこに、怖いヤクザの姿も現れる。 知り合ったその美しいお姉さんは、譲治がこれから面接に行くキャバレー「ジュエリーボックス」のホステスだった。源氏名を月夜という。頼りない譲治と、勝気な月夜。黒服とホステス。職場は同じと言えども、全く立場の違う二人。支配人は黒服とホステスの恋愛は禁止だという。 交わらなかった二人が、お互いを意識した時、恋愛のドラマが加速を始める。惹かれ合う二人に、様々な障害が襲いかかる。傷つき、すれ違い、揺れる心。結ばれたいのに、結ばれない。はたして二人が行く先は、ハッピーエンドか、バットエンドか。 この作品は、前作「本読みクラブー怪人二十面相が好きだった僕らの時代ー」で登場した、譲治を主人公とした、同じ世界のお話です。 ※2021年4月20日 譲治 一九七九年十二月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 明美 一九七九年十二月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 譲治 一九七九年十六月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 明美 一九七九年十六月 加筆・修正を行いました。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間34分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • PictureScroll 昼下がりのガンマン

    イラスト満載のウェスタン絵巻。

    134,455

    8,170


    2021年5月7日更新

    舞台は日本の温泉地にある西部開拓時代を模したテーマパーク『ウェスタン・タウン』。そこで催されるウェスタン・ショウのパフォーマーとタウンのキャストの群像劇。※ビジュアルガイドは飛ばして本編の第1弾から読んでも大丈夫です。

    読了目安時間:6時間32分

    この作品を読む

  • マンドリニストの群れ

    目指すは全国優勝!高校マンドリン部の日常

    300

    0


    2021年5月7日更新

    2022年4月、県立西田高校に入学した大橋奏太と親友の春日糸成はマンドリン部に入部する。マンドリン部は毎年全国大会出場という強豪団体で、二人は全国大会優勝という目標に向かって努力をする中で様々な人に出会っていく。 マンドリンは世界的に見ても日本で特に盛んな楽器です。しかし一般の方々への認知度は非常に低いです。しかし楽器としてとても優れた楽器であり、特に高校のマンドリン部では毎年夏に開催される全国大会も熱く、愛好家の間で大変盛り上がります。 そこで、もっとマンドリンの認知度を上げることができたらと思い、この作品を執筆することになりました。ご覧いただいた方がインターネットでマンドリンオーケストラについて検索し、その音色を味わっていただけたらとても嬉しいです。楽曲名や作者名はサイトのガイドラインを見ながら特に、存命の作曲家や作品については伏せて進めます。そのために私のイメージを100%皆さんに伝えることができるかやや不安もありますが、楽しんでいただけたら嬉しいです。 この作品は「小説家になろう」さんサイト内でも公開されている作品で、少しずつ移植していきます。あちらのサイトより1話あたりの長さが長くなり、話数が異なります。あちらのサイトではすでにかなり長く執筆しており、徐々にこちらのサイトでの公開分も増やしていきます。

    読了目安時間:11分

    この作品を読む