文芸/純文学 短編 完結済

交差点に咲く一輪の赤い花

作者からの一言コメント

少女は笑う。赤い傘と自分の影を残して。

少女は笑う。雲の切れ目から差し込む光の階段に導かれ、ゆっくりと歩き出す。差していた赤い傘を置き、自分の影を交差点に残して……。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 交差点に咲く一輪の赤い花
作者名 桐生楓麗
ジャンル 文芸/純文学
タグ 雨上がり 交差点 赤い花 サイレン音 光の階段
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月21日 18時01分
最終投稿日 2020年6月21日 18時02分
完結日 2020年6月21日 18時02分
文字数 565文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 逆だったかもしれねェ…

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・21話・49,954字 τελαδοηβυλι

    2021年3月6日更新

    ワカは世界最強の勇者の一族として生まれた宿命として、 幼い頃から両親にあらゆる武芸や魔法を徹底的に叩き込まれた。 しかし、武芸や魔法を極めれば極めるほど、 その威力は落ちていき、最弱の魔物であるはずのスライムすらも殺せなくなってしまった。 また高価な回復アイテムも全く役に立たず、むしろダメージを受けてしまう体質になってしまう。 両親からも見放されたワカは、 妹であり、着実に最強の勇者の道を歩んでいるサグメにコンプレックスを抱きつつも 勇者の道を諦め、村でひっそり農作業を営んで暮らしていた。 しかし、彼は彼自身気づいていなかった。 最強の技を極めれば極めるほど、最弱の技の威力が上がり、 レベルをあげればあげるほど、強い装備を身につけるほど弱体化し、回復作用も逆転する 弱い敵ほど強敵に強い敵ほど弱体化する あべこべの呪いがかかっていたことに

  • ファンタジーのガワをかぶったSFです

    ♡1,456,050

    〇7,190

    SF・連載中・393話・1,480,531字 けっき

    2021年3月6日更新

    謎の誘拐犯に拉致された翌日、王女ルディアは自分をさらった賊の一味、剣士ブルーノと入れ替わっていた。 地位も権力も失うわ、乗っ取られた身体で初夜を済まされるわ、散々なことだらけ。おまけに「ブルーノ」として所属する防衛隊は左遷で国外へ。 持ち前の愛国心と根性でルディアは肉体の奪還を目指すけれど……!? 謎が謎呼ぶ異色SFファンタジー! ■毎日更新中! ■28000PV感謝です! ■日間総合1位、年間SFジャンル5位、年間総合49位など達成!(2021/02/18時点) ■感想やレビューや応援いつもありがとうございます!! 初見の方も大歓迎です!! 序盤の情報量多めですが、流して読んでもだんだん頭に入る作りになっています~! タフな主人公の頑張りを追いかけていただければ幸いです! (イラスト/渡太一さん) 孫野ウラさんに二次創作短編「海石」をいただきました!(https://novelup.plus/story/695115744)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る