完結済 短編

木村美音の謎解き〜消える空き缶の謎編〜

作者からの一言コメント

心温まるミステリーをお届けします

 公園などに落ちている空き缶がいつ、誰か、なんの目的で拾っているかをあなたは知っていますか?  これは、人が死なないミステリーです。  謎解きが好きな主人公木村 美音(きむら みお)が、消える空き缶の謎を推理し、真相を明らかにしていく物語です。  ミステリーだけど、ほっこり優しい気持ちになれる作品です。  初ミステリー挑戦なので、温かい目で見守ってくれると嬉しいです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 木村美音の謎解き〜消える空き缶の謎編〜
作者名 桃口 優
ジャンル ミステリー
タグ 日常の謎コン 女主人公 空き缶 謎解き 消える 答え合わせ 公園 真相
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月25日 13時41分
最終投稿日 2020年6月25日 14時05分
文字数 10,900文字
ブックマーク登録 16件
コメント/スタンプ 55件
応援ポイント 23,300pt
ノベラポイント 270pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫

    ♡180,900

    〇1,683

    異世界ファンタジー・連載中・12話 レンga

    2020年7月3日更新

    ◆◆◆◆◆ 広いつばの帽子をかぶり、魔女のルカと魔導機械≪ロボット≫のクラリスは、世界を旅して回っている。 目的は、世界を知るため。 「この世界を救いたいの。美しい、この世界を――」 魔女は神格を得ると、女神となる。 治癒の魔女であったルカの母、ルウィルは、世界を旅する中で神格を得、治癒神となった。 そんな母親が、救いたいという世界を知るために、ルカは世界を旅して回る。 ちょっと生意気な、元メイドロボであるクラリスと一緒に。 これは、修行中の魔女、ルカと、 ちょっと生意気なロボット、クラリスの―― ――出会いと、別れの物語。 ◆◆◆◆◆ 各章ごと完結する連作短編になっているので、どの章から読んでいただいても大丈夫です! 気になる国の、2人の物語を、お楽しみください。 応援、レビュー、お待ちしております。 ≪3日連続日間総合ランキング1位≫ ≪3日連続日間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪週間異世界ファンタジーランキング1位≫ ≪月間総合ランキング3位≫ ≪月間異世界ファンタジーランキング1位≫ 応援ありがとうございます!皆様のおかげで、日間ランキングで総合・異世界ファンタジーで1位獲得できました! さらには月間ジャンル別1位!総合月間3位です! 引き続き、応援のほどをどうぞよろしくお願いします! ◆◆◆◆◆ この作品は 「小説家になろう」 「カクヨム」 にも、掲載しています。

  • 合法ショタが戦争に勝ち抜くお話

    ♡80,500

    〇1,400

    異世界ファンタジー・連載中・382話 金華高乃

    2020年6月27日更新

    死んだはずの僕が蘇ったのは異世界。しかもソーシャルゲームのように武器を召喚し激レア武器を持つ強者に軍戦略が依存している世界だった。 前世、高槻亮(たかつきあきら)は21世紀を生きた日本陸軍特殊部隊の軍人だった。しかし彼の率いる部隊は不測の事態で全滅してしまい、自身も命を失ってしまう。 しかし、目を覚ますとそこは地球とは違う世界だった。 二度目の人生は異世界。 彼は軍人貴族の長男アカツキ・ノースロードという、二十二歳にも関わらず十代前半程度でしかも女性と見間違えられるような外見の青年として生きていくこととなる。運命のイタズラか、二度目の人生も軍人だったのだ。 だが、この異世界は問題があり過ぎた。 魔法が使えるのはいい。むしろ便利だ。 技術水準は産業革命期付近。銃等の兵器類も著しい発展を迎える頃だから大歓迎であろう。 しかし、戦術レベルなら単独で戦況をひっくり返せる武器がソーシャルゲームのガチャのように出現するのはどういうことなのか。確率もゲームなら運営に批判殺到の超低出現確率。当然ガチャには石が必要で、最上位のレア武器を手に入れられるのはほんのひと握りだけ。しかし、相応しい威力を持つからかどの国も慢心が酷かった。彼の所属するアルネシア連合王国も他国よりはマシとは言え安全保障は召喚武器に依存していた。 近年は平穏とはいえ、敵国の妖魔帝国軍は健在だと言うのに……。 彼は思う。もし戦争になったらガチャ武器に依存したこの世界の軍では勝てない。だから、改革を進めよう。 これは、前世も今世も軍人である一人の男と世界を描いた物語。 イラスト:伊於様(Twitter:io_xxxx)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 監禁、学校裁判、サイコミステリー

    ♡52,750

    〇560

    ミステリー・連載中・59話 正崎ゆら

    2020年7月3日更新

    のどかな東北の黒沼村。そこで一人の小学生が惨殺された。 そして、中学生達を乗せたバスが断崖絶壁から落ち、全員が死亡した。 この村の全権を握る玄蔵は、これは天狗の悪霊が人間に憑依し、その人間が殺人を犯したのだと断定した。 天狗は、15歳から18歳までの女子に憑依しやすいとの文献を見つけた玄蔵は、この村の高校生達を学校に監禁、幽閉することにした。 そこで、魔女狩り裁判ならぬ、天狗狩り裁判が行われる。 高校生達が、毎日、誰か一人天狗か、殺人犯と思しき人物を差し出していかねばならなくなった。 牢獄化した高校からは、最早、脱出不可能。 こうして、日一日に犠牲者を出しつつ、高校での犯人捜しの裁判は続いていく。 注)残虐、暴力描写はけっこうエグいです。苦手な方はご遠慮下さい。R-15です。 イラストはニコニコのフリーアイコン「黎(クロイ)さん」のフリーアイコンです。

  • 日常に潜む、心霊現象を解決せよ

    ♡3,300

    〇0

    ミステリー・完結済・5話 夢見隼(アレセイアの魔境)

    2020年7月3日更新

    どこにでもあるような、小さい個人経営の喫茶店〈ひとひら〉 その店にある裏の顔――それは心霊現象に悩める人々の問題を解決する、トラブルシューターとしてのものである。 今日も舞い込む心霊事件を、看板娘、賀茂エトラが立ち向かっていく。