異世界ファンタジー 長編 連載中

空に偽りのダークネス

作者からの一言コメント

復讐を果たす為の冒険 その筈だった

小さな村で暮らしていた少年・シオンは、突如現れた悪魔の襲来によって幼馴染以外の全てを失う。 そこへ偶然訪れた【戦姫】アリスによって救われたシオンは、幼馴染のサンドラと共に悪魔への復讐を誓い、王国へ引き取られる事になった。 王国最強と謳われるアリスの元で四年の修行を経たシオンは、悪魔、そして魔王を倒す為の冒険へと出発する。 最初の村で会った記憶喪失の少女・レヴィが、新たな冒険仲間として行動を共にすることになった。 復讐を頼りに生きているシオンだったが、レヴィと様々な地を旅していくうちに、もう一つの生き甲斐が芽生え始める。 しかし、それを嘲笑うかのように燃え上がっていく復讐の因子。それはシオンの内側に植えつけられていた。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。    *   *   * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 皆様のお陰です、誠に有難う御座います! 週1更新します。 *9月はお仕事の関係(棚卸し)で更新が遅れています!申し訳ありません!

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 空に偽りのダークネス
作者名 佐倉 こよみ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル 勇者 魔王 異世界 ダーク シリアス 悪魔 魔法 復讐 ノベプラオンリー 冒険 ファンタジー ヴァンパイア 男主人公
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年5月5日 15時01分
最終投稿日 2020年9月16日 17時21分
文字数 124,889文字
ブックマーク登録 114件
コメント/スタンプ 514件
応援ポイント 318,522pt
ノベラポイント 19,272pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • おんな勇者の無修正ファンタジー

    ♡10,600

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・7話・7,842字 大和奏時

    2020年9月30日更新

    神木花倫(かみきかりん)は、七夕の深夜―― 異世界テオリカで、勇者カリンとなる。 ところが、勇者装備は、どれも、これも、処女専用‥‥ 非処女用は、ハッキリ言って、アダルト装備であった。

  • 迷い猫と怪奇のことならお任せ下さい

    ♡93,070

    〇1,450

    ミステリー・連載中・57話・96,858字 水深 彗

    2020年9月28日更新

    「霊能力者」。それは霊的な能力を持つ者の総称。 霊視は勿論、魂と会話のできる者や、特殊な能力を持つ者もいるという――。 ここは水の都・水柿町。 その商店街の一角に、二人の霊能力者が務める、一風変わった探偵事務所があった。 ◇◇◇ レトロな和風ファンタジーで、少しホラーで、猫ちゃんが出てくる、推理とバディものです。 各章のあらすじ ■猫の巻■ 真面目な男・夏虫と、真面目じゃない男・露草は、霊能力者であり、探偵であり、仕事仲間である。 秋のある日。彼らの探偵事務所に、飼い猫を探してほしいという少女が訪れるが……。 ■鈴の巻■ 初夏、水柿町に来た夏虫と露草は、事務所として借りられる部屋を探していた。 そんなとき、二人が霊能力者であることを知った喫茶店の店主が、彼らにとある依頼を懇願する。 ■湯の巻■ 家の風呂が壊れてしまい、夏虫と露草は知り合いの銭湯に赴く。 しかしその二階で、男の変死体に遭遇し……。 ■花の巻■ 女子校で、生徒の連続自殺が起きた。 しかしそれは自殺ではなく、怪奇が原因との噂が流れ……正体を突き止めるため、夏虫と露草は学校へ潜入捜査を開始する。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • RPG風。サクサク展開です。

    ♡0

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・4話・6,145字 ケンリス・アスペルガー

    2020年9月30日更新

    偉大なる光が光らざるものに遮られる時 其の岩は輝く 其の岩より 南に千歩 東に千歩 北に千歩 さすればまた其の岩に辿り着くであろう 其の岩が輝く時 姿を変え天地を巡る生命の源を その全ての形で岩に捧げれば 過去を見ることが出来るだろう

  • #マナの木を育てよう!

    ♡12,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・57話・237,705字 ミスPちゃん

    2020年9月30日更新

    目を覚ますと、俺の視界に現れたのは見た記憶の無い女の子。 「おはよう。」 思わず頭をポンポンと触ってしまったが、嫌がる様子もない。 女の子は部屋の隅にある観葉植物を指さしてマナの木だと言い、育てて欲しいから私の世界に来て欲しいとのこと。 実家から盗ん・・・持ってきた観葉植物が異世界のモノだとは流石に信じられないが、既に目の前の異変すら理解を超えている。 俺の家庭環境はとても悪く、一人暮らしをしてからも長く付き合っていた恋人にはフラれ、38歳になってしまった。 「後顧の憂いもないしな。」 今の生活に魅力は無く、今後の人生も薔薇色になる予定はない。異世界というのは俺がプレイしたビデオゲームのように魔法が存在するようだが、ちゃんと生活できるのか? 通貨は? 言語は? 衣食住は? 神さま・・・? 元の世界に戻れないの!? それでも俺は行くことにした。何しろゲームのような幻想世界にはそれなりに興味は有ったからだ。行けるのならそれはもう幻想ではない。 詳しく話を聞けば更に興味は湧く。 結婚する為に溜めていた貯金を全て引き出し、色々と準備を終えると、いよいよとなった。 「おおおお・・・。」 辿り着いた異世界は大小幾つもの戦いが続く、予想以上に生きていくのが大変な世界だった―――