恋愛/ラブコメ 長編 連載中

キイチ・ブラッドとストレンジャーな婚約者(更新停止中)

作者からの一言コメント

吸血鬼の青年×人間の少女なバトルラブ

読了目安時間:1時間38分

総エピソード数:27話

キイチ・ブラッドとストレンジャーな婚約者(更新停止中)の表紙

 「君はかわらないな」 優秀だが傲慢でもある吸血鬼の青年キイチ・ブラッド(18)は7年ぶりに故郷アンヴァンへと戻ってきた。 喧嘩別れしたきりだった婚約者、人間の少女エリカ・ストレンジャー(17)と正式に婚約関係を結ぶためである。 この婚約には、両種族友好のアピールという目的があった。 アンヴァンでは節目を迎え、人間側でも吸血鬼側でもテロ活動が横行している。 友好のシンボルとなったキイチとエリカは何度もテロリストから狙われることになるのだった。 人のほかに吸血鬼の存在する世界。 吸血鬼は牙と身体能力で人間を襲い、人間は吸血鬼に対抗するため呪術を編み出した。 長く敵対してきた両者だが、双方の未来のため吸血鬼と人間との間に和平協定が結ばれ、両種族の恒久の友情を誓ってイル・アンヴァン学院が建立された。 敵対から共存へ歩みだして100年を経てなお、人間にも吸血鬼にも相手を滅ぼすべきという過激派が多く存在していた。 この小説はカクヨムにも掲載しております。

総エピソード数:27話

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 キイチ・ブラッドとストレンジャーな婚約者(更新停止中)
作者名 ノザキ波
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 吸血鬼 恋愛 ハイファンタジー 学園 アクション/バトル 人外 異世界 ライトノベル ツンデレ 婚約者 呪術 近代イギリス風 男主人公 人外×人間 許嫁
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月30日 18時12分
最終投稿日 2021年8月4日 16時48分
完結日 -
文字数 49,192文字
読了目安時間 1時間38分
総エピソード数 27話
ブックマーク登録 35件
コメント 9件
スタンプ 70件
ビビッと 4件
応援ポイント 136,200pt
ノベラポイント 400pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ネカマの鈴屋さん【コミカライズ版掲載中】なろう版100万PV突破!

    身悶えするラブコメ→コミカライズ化掲載中

    24,500

    200


    2022年11月28日更新

    週1回、読者様をニヤッとさせたい、楽しませたい、そんなSFラブコメを連載中です 「ネカマの鈴屋さん編」完結済! ついに元の世界で出会った二人。 その結末は…… ────────────── 『鈴屋さんのネカマとしての物語』は完結しましたので 『ネカマの鈴屋さん2』をサブタイトルとして続編の連載を開始しました 今後もよろしくお願いします (2021/7/2) ────────────── オンラインRPGの冒険中にパーティが全滅し、最寄りの街に死に戻りした俺。 気がつけばそこはモニター越しに見ていたはずの世界だった。 そして傍らには仲のいい1人のプレイヤー。 彼女の名前は鈴屋さん。 徹底したロールプレイで、男性プレイヤーから惜しみないサポートを受けてきた自称ネカマプレイヤーだ。 そのロールプレイがあまりに完璧すぎて、そのことを唯一知らされていたはずの俺まで、いつの間にか… 果たしてこの可憐すぎる鈴屋さんは 本当に「ネカマ」なのか。 それとも「ネカマ」を装った「女子」なのか。 ついでに俺達は元の世界に戻れるのか。 思わずニヤニヤしてしまうラブコメ日常! ファンタジー×ニンジャの戦闘! たまにやってくる切ない話! 3人のヒロインに翻弄されながら 時に笑い、時にシリアスに、時に切ない ニンジャの俺と、サモナーの鈴屋さんによる 甘酸っぱさ120%のラブコメ異世界奮闘記 ------------------ ※『なろう』にて連載中のものを改稿し、こちらで掲載しております。こちらに掲載した時点で、なろうでは200話を超えております。連載も2年を超えた長編です。 『ラジナニ』などのコーナーでは、リアルタイムならではの話があり、こちらではタイムラグが生じております。(連載〇周年の話題やFAイラストをもらった話がなど) 修正はいたしませんので、それも込みでお楽しみいただければ幸いです。

    読了目安時間:34時間12分

    この作品を読む

  • (※本編完結済)行く春の白藤へ

    あなたと共に、生きていたい

    2,000

    0


    2022年11月28日更新

    ※11/9 番外編連載開始しました。 男娼である藤之助は、何一つ自由がなく飼い殺しにされるだけの毎日に、生きる目的を失っていた。彼を辛うじてこの世に繋ぎ止めているのは、幼い頃に生き別れになった最愛の妹の存在であった。 娼妓として生きることに疲れ果て、だが逃げ出すこともできず、過ぎ行く日々をただ漠然過ごす男の唯一の楽しみは、庭に咲き誇る白藤の木を眺めること。 いつものように白藤の花を愛でていたある日、それは突然現れた。 「おまえ、私が見えているな」 それは白藤の化生を名乗る少女、不知火であった。 二人の邂逅が止まっていた藤之助の時間を動かし始める―。 これは白藤の庭で紡がれる、優しくも儚い、心の物語。

    読了目安時間:2時間13分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る