異世界ファンタジー 長編 連載中

ヘタレ転移者 ~孤児院を救うために冒険者をしていたら何故か領地経営をすることになったので、嫁たちとスローライフを送るためにも頑張ります~

作者からの一言コメント

スローライフ好きな方へ

ヘタレ転移者 ~孤児院を救うために冒険者をしていたら何故か領地経営をすることになったので、嫁たちとスローライフを送るためにも頑張ります~の表紙

「領主となって国王を弑逆するくらいの覚悟がない旦那様はヘタレですわね」 不慮の死を遂げた九頭竜斗真(くずりゅうとうま)は、<転移>先で出会った孤児院の子供達の窮状を直視する。 ヘタレではあるが、養護施設出身でもある彼は似たような境遇の子供達を見捨てることができず、手を貸すことにするのだった。 案内人から貰った資金を元手に、チートスキルも無く、現代知識もすでに伝わってるこの世界で彼はどうやって子供達を救っていくのか......。 正統派天然美少女アホっ娘エリナに成長著しい委員長キャラのクレア、食いしん坊ミリィ、更には女騎士や伯爵令嬢を巻き込んでの領地経営まで?明るく騒がしい孤児院で繰り広げられるほのぼのスローライフヘタレコメディー、ここに始まります! 【ヘタレ転移者 ~孤児院を救うためにヘタレだけど頑張ります~ から副題を改題しました】 カクヨム、アルファポリスにも掲載しています。 小説家になろうには、話数調整、縦読みにも対応した改稿版を掲載しております。

前へ

次へ

作品情報

作品名 ヘタレ転移者 ~孤児院を救うために冒険者をしていたら何故か領地経営をすることになったので、嫁たちとスローライフを送るためにも頑張ります~
作者名 茶山大地
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ コメディ ほのぼの 領地経営 スローライフ ハーレム 日常 ハッピーエンド 転生/転移 男主人公 ギャグ 料理 ラブコメ 孤児院
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月19日 4時30分
最終投稿日 2021年3月6日 18時27分
完結日 -
文字数 677,929文字
ブックマーク登録 36件
コメント 24件
スタンプ 51件
ビビッと 108件
応援ポイント 86,700pt
ノベラポイント 300pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2021年2月20日更新

    illustration : pikora氏 ※毎週土曜の22時更新。 …………… 中央帝国オデツィア。 新皇帝バナロスは、燃えさかる炎のように紅い髪とは対照的に、身震いするほどに冷たく美しい男であった。 生来の持て余すほどの才知に加え、人心掌握術にたけていた。人間らしさのない冷酷さで、周辺国を手中に収め始める。小国の全てを配下に置き、世界を帝国一国にまとめ上げようとしていたーーー 一方では、そんな不穏なことが起こっているのだが、戦乱の火の手が迫ってきているわけでもない。わりと市井(しせい)の人々は平和に暮らしていた。 そんな平和な国の一つであるヴァーバル。その城下に住む口利き屋を営む祖父に育てられたクェトル。彼の視点で物語は綴られてゆくのだ。主人公の彼は、なかなかの男前だが、無口で偏屈。でも優しいところもあるみたいだ。 クェトル自身は、まったく誰も寄ってきてほしいとは思ってないのだが、勝手に寄ってくる彼の取り巻きは変人ばかりだ。 ヴァーバルの城下町にある移民街。そこに暮らすエアリアルは弟分。大阪弁で口やかましい。 ふらりと現れる銀髪で容姿端麗・性別不明の人物は、身分を隠したヴァーバルの王子様ジェンス。ちなみに超KY。 そんな彼らのもとに舞い込んでくる依頼や事件を描く、魔物も魔法も大冒険もない世界で繰り広げられる庶民レベルの小冒険。 だがしかし………過去の因縁によって、徐々に魔の手が迫りくる。 いつかやってくる平和な日々の終焉。“その日”に、どう立ち向かう? 注※ストーリーは真面目だけど、書いてるヤツの変態さが、端々に露呈しているような気がするのであった。きっと気のせい。 必ず完結させます。ノープロブレム(?)。ブクマやコメントいただけたら、舞い上がります!

  • ミステリー風の町モノコメディです。

    ♡400

    〇0

    現代/青春ドラマ・完結済・25話・107,687字 春之之@春の怠惰

    2021年3月5日更新

    主人公の若林は探偵に憧れて『家村探偵事務所』に就職したが、その町は駄菓子ばかり食べているうさんくさい雇い主の探偵家村や、無駄に色っぽい八百屋の生瀬さんや魚の目が見れない魚屋の勝雄さん、明らかに極道ものにしか見えない駄菓子屋の三村屋さんなど、個性的なものばかりで、彼の憧れる探偵らしい事件解決の日々が訪れることはない。 そんな若林が今おっている事件は、町中から猫が行方不明になっていると言うものだった。調査の中で、なぜか猫が寄ってくる不思議な少女森崎メアリと出会う。 同時に、家村探偵事務所には猫に襲われたと言う包帯だらけの男が現れる。 猫に好かれる少女、猫に襲われた男、そして町からいなくなった猫。 その謎を追いかけ、愉快な人間たちと町を生きていくミステリーコメディ――。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界に迷い込んでしまった少女の冒険

    ♡4,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・75話・334,392字 こんぐま

    2021年3月7日更新

    わたしの名前は豊穣愛那。小学5年の10歳だ。 普段は忙しい両親やどんくさいお姉の代わりに、食事を作ったり家事を手伝ったりしている。 私立の小学校に通うわたしは、明日から夏休みと言う事で、いつもより早く高校から帰って来るお姉を待ち伏せしていた。 お姉を見かけて偶然を装って話しかけると、馬鹿なお姉は偶然を装ったわたしの計画に気付かない。そうしてお姉と一緒に家まで帰ると、大変な事が起きてしまった。 玄関の扉を開けたら、そこは異世界でした! お姉は旅行気分で楽しむし、異世界に来て早々に変な子に気にいられちゃうしで、わたしの異世界生活は前途多難で大変な事に!? これは、わたしとお姉が異世界に徒歩でやって来て、様々な変態達や事件に巻き込まれながら元の世界に戻る為にわたしが頑張る話である。 ※基本ギャグですが、ちょいちょいシリアスも多めに入ります。 ※小説家になろう様の所で連載中の作品で、今は追っている感じですが、いずれは同時更新を予定しています。 ※作者Twitter → https://twitter.com/kon_guma (主に作品更新報告)

  • 独りぼっちの女の子が幸せになるお話です。

    ♡400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・39話・128,806字 紫十的

    2021年3月7日更新

    魔法仕掛けの古い豪邸に残された6歳の少女「ノア」 そこに次々と召喚される男の人、女の人。ところが、誰もかれもがノアをそっちのけで言い争うばかり。 もしかしたら怒られるかもと、絶望するノア。 でも、最後に喚ばれた人は、他の人たちとはちょっぴり違う人でした。 魔法も知らず、力もちでもない、シャチクとかいう人。 その人は、言い争いをたったの一言で鎮めたり、いじわるな領主から沢山のお土産をもらってきたりと大活躍。 どうしてそうなるのかノアには不思議でたまりません。 でも、それは、次々起こる不思議で幸せな出来事の始まりに過ぎなかったのでした。 ※ なろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。