異世界ファンタジー 長編 完結済

異世界喫茶カフィノム ―ラスボス前店―

作者からの一言コメント

ラストダンジョンの手前に、喫茶店……?

駄弁ってのんびり、たまーーに人生の真面目な話。 喫茶店の中だけで話が進む、密室系コメディ! 最果ての地、魔王が住むお城にたどり着いた、少女剣士の旅人ファイ。 しかし、城門の前で待ち構える『黒騎士』が強すぎて、先に進めなくなってしまった! 詰んだ……。 途方に暮れた彼女は、付近に一軒の喫茶店を見つける。そこは、彼女と同じように、進めなくなった旅人が常連となっている場所だった!? 少女ファイと喫茶店のマスター、シキ。 そして個性的な常連達とで織り成す、ラストダンジョン前で繰り広げる喫茶店の日常、開店! 【このような読者さまにオススメ】 ・のんびりとしたコメディをサッと読みたい! ・難しいことを考えずに気軽に読みたい! 【表紙絵】:たにお(やっさにんにん)氏 に描いていただいております! 掲載許可済。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 異世界喫茶カフィノム ―ラスボス前店―
作者名 天音こかげ
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ コメディ 女主人公 ほのぼの 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月9日 18時00分
最終投稿日 2020年9月27日 21時00分
完結日 2020年9月27日 21時00分
文字数 198,971文字
ブックマーク登録 5件
コメント 73件
スタンプ 2件
ビビッと 4件
応援ポイント 40,100pt
ノベラポイント 105pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 転生の前に広がる、狭間の世界へようこそ。

    ♡299,800

    〇2,108

    異世界ファンタジー・連載中・38話・100,678字 南方 華(みなかた はる)

    2020年12月2日更新

    少年が目を開けると、そこは、薄暗く狭い「棺」の中だった。 身体を起こすと、白髪に赤い瞳の少女「テンシ」が隣に座り、にこにこと微笑んでいた。 彼女は言う。 「ここは突然の事故や病気などで、不幸にも命を落とした方が稀に流れ着く先であり、再び転生する為の様々な準備が出来る、死と生の狭間にある世界なんです」と。 悲しい死の後に横たわる狭間の世界で、少年と少女は出会い、新たなる生へ向け、不思議な日々を過ごしていく。

  • どうか、この夢を壊してほしい

    ♡261,800

    〇850

    現代/青春ドラマ・完結済・53話・197,442字 木村竜史

    2020年11月24日更新

    某県内にある、私立陣内大学。 そこに通う大学4年生『畑中賢治』が所属するのは、とある事情で変人揃いのレッテルを貼られたオカルト研究会。 そこで変人代表である部長の三倉邑兎が語った、夢のお告げを信じた者たちが引き起こしたと言われる『お告げ事件』と呼ばれる不思議な事件の数々を知り、新入部員の藍原未央も交えて調査を進めることになる。 調べていくうちに明らかになる「夢」の世界へ誘う『鍵』の存在。 その存在により穏やかであった日常は急速に音を立てて崩れていく。 崩れ落ちた日常は愛情を、友情を―――世界を壊していく。 壊れてしまった世界の中で人々は壊れた愛を求め、裏切り、夢の世界を彷徨っていく。 壊れた愛で、何を求めるのか。 友を裏切ることで、何を掴むのか。 現を侵す夢の世界で、何を見つけるのか。 誰が『鍵』を開いているのか。誰が『鍵』を配っているのか。そもそも『鍵』とは一体何なのか。 総てが解った瞬間、世界は裏返る。 『神様はこんなにも平等に―――誰にも興味が無い。』

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る