連載中 長編

【フリー】手書き挿絵素材

作者からの一言コメント

すべてのものかきさんへ

物書きさんへの応援がしたいと思って挿絵等に使えそうな素材集をつくることにしました。 利用条件については『ご挨拶』を読んでください。 8/31語彙力が事故に遭ったのでスタンプでの返信が多くなると思います。いつもありがとうございます。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 【フリー】手書き挿絵素材
作者名 KATZE
ジャンル ブログ/活動報告
タグ 挿絵 素材 フリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年8月22日 21時16分
最終投稿日 2019年8月31日 6時20分
文字数 2,441文字
ブックマーク登録 80件
コメント/スタンプ 97件
応援ポイント 57,800pt
ノベラポイント 1,165pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 最高位超能力者と新人警官

    ♡1,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・3話 藤也

    2020年7月7日更新

    人々の持つ能力細胞は、人により持てる量に大きな差があり、持てる量が一定を超えると超能力が発現する。 国は国民一人ひとりの細胞を持てる量をランク付けして一定を超えた人々を登録管理していた。 警察官なりたての田中真一は先輩の同級生である松田秋とであう。春生まれなのに秋(しゅう)という青年は街を歩けば誰もが振り向くような眉目秀麗な男であった。 見目美しい彼には秘密がある。 認定ランク最高位8、国に登録された超能力者である。

  • 力こそが正義。そのための異能力。

    ♡17,800

    〇300

    現代/その他ファンタジー・完結済・77話 智慧砂猫

    2020年7月12日更新

    異能。それは突如として人々の中に目覚め始めた。最初こそ数の少なかった異能者たちだが徐々に数は増え、彼らを脅威とした政府や異能を持たない人々は彼らを地下に隔離することを決めた。――それから数十年。地下は異能を用いた犯罪行為が横行し、徒党を組む者たちが現れる。しかしこれを止められず、政府が対応に追われる中で打ち出した策は、地下都市の更に地下に存在する施設に収容された最も危険とされる異能者〝百鬼 楓〟に頼ることだった。当然、百鬼は条件付きで仕事を請け負うが、自分の担当である男・佐々岡を始めとした政府側の人間が何か企んでいる、と密かに調べを進めながら地下都市を掌握していく。やがて彼女は自分さえも計画の一部であったことを知り――――。 ※『小説家になろう』様にも掲載されております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る