歴史/時代 短編 完結済

猫跨ぎ道場と野良猫娘

作者からの一言コメント

出会いから動き出す物語

剣術道場の師範でありながら、弟子はなく、毎日をぐうたらに過ごす井口宇兵衛。 ある日、庭に野良猫のように薄汚れた娘が迷い込んできた。雨が降り出し、かわいそうに思って声をかけたところ……。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 猫跨ぎ道場と野良猫娘
作者名 西本雄治
ジャンル 歴史/時代
タグ 江戸時代 男主人公 ノベプラオンリー 和風
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年2月1日 20時00分
最終投稿日 2021年2月22日 20時00分
完結日 2021年2月22日 20時07分
文字数 12,979文字
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 18,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡573,210

    〇3,628

    SF・連載中・90話・520,664字 新星

    2021年2月28日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 歴史の史実と全く異なる日本の未来へ。

    ♡5,400

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・27話・385,043字 蒼真空澄

    2021年3月1日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 命の価値、本当の意味、未来に託す事を。 信じて愛する幸福を探す物語を。 そして新たに芽生える恋愛物語を。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ヒロインはパンクなモナリザ

    ♡4,400

    〇0

    歴史/時代・完結済・7話・94,841字 式守伊之助

    2021年3月2日更新

    (あらすじ)世界的に有名な絵画はカンバス内に絵画世界「ピクトリカ」を有し、絵画に描かれた人物はその中で永遠の生を生きている。 画題(テーマ)とは彼らがピクトリカで演じる物語であり、それが「過去」や「歴史」となって我々の存在する現実世界「ヒストリカ」を形づくっている。 パリのルーブル美術館で「ナポレオンの戴冠」のナポレオンはモナリザ(以降リザ)を自分の絵に呼びつけ、ピクトリカで宝飾品をくすねてはヒストリカで売りさばいている泥棒の退治を命じる。 同じころ、大財閥ハイネッケ一族の嫡男ハネツグは貴殿の相続財産が見つかったとの連絡を受け、使用人セネカを伴いイタリアを訪れる。自称公証人で実はリザの追っている宝飾品泥棒マレーネに導かれ発見したその財産とは、かつてダ・ヴィンチがガイセリクという邪神を閉じ込めるために描いた封印絵画であった。 ハネツグは意図せず彼を絵画から解放してしまう。そこを偶然、マレーネを捕まえに来たリザに助けられる。蘇生が不完全なガイセリクは、セネカの身体を乗っ取って逃げ去ってしまう。 ハネツグとリザはセネカ救出のため、ガイセリクのあとを追う……ってお話です。

  • 「紅白歴コン」エキシビション参加です。

    ♡1,900

    〇11

    歴史/時代・完結済・8話・14,820字 東郷しのぶ

    2021年3月2日更新

    戦国の世。十六歳の少女、万は築山御前の侍女となる。 御前は、三河の太守である徳川家康の正妻。万は、気高い貴婦人の御前を一心に慕うようになるのだが……? ※以前に投稿した同名作品の改稿版です。ストーリーは全く変えておりませんが、約5千字ほど加筆いたしました。 野暮天様の自主企画「紅白歴史合戦コンテスト」エキシビション枠参加作品です。