文芸/純文学 長編 連載中

女神回収プログラム ~三回転生したその先に~

作者からの一言コメント

あなたの、大切な『もの』は何ですか。

女神回収プログラム ~三回転生したその先に~の表紙

現世と過去生が交わる第一部。 遠い過去を呼び起こす第二部。 帰還か転落か、来世が繰り広げる第三部。 そして、その先に──信じること、裏切ること、許しあうことで迎える真の結末。 これは、堕ちた女神と、禁忌を犯した神の末路を描く長編小説。 時は、現世より始まる。 世界に君臨する城の姫と、その姫を護衛する一流剣士。 婚約者の帰城を待つ姫。 研究所の君主と、ひょんなことから宿屋の居候になった男。 おとぎの国かのような城の嫡男と、美形と名高い双子の弟──それぞれは己の正体を知らず、各々の困難と懸命に立ち向かう。昔々に背負った因果を抱えながら。 あれは、『愛と美の神』と悪魔の子が出会って起こった悲劇。 大神は神々と精霊体に命を下す。──発動されたのは、『女神』”回収プログラム”。 自ら堕ちた神は、悪魔の子により地獄の果てへ着々と向かう。 大神の命を受けた神々と精霊体は、人となり。輪廻転生の輪に組み込まれ、苦しい魂の修業が始まる。使命を遂行し、三回転生後に天界へ帰還せよ。 人となった神々と精霊体は、一度その生を終える。それらの経緯は『伝説』と『絵本童話』となり、二度目の生を送る時代に残った。 大神の命を受けた神々と精霊体、自ら堕ちた神、そして悪魔の子は人々に紛れ同じ時代に生きている。 点と点が繋がり、線となり。渦となって動き出す。 運命に逆らうのか、受け入れるのか。自ら堕ちた神は、地獄へと落ちてしまうのか。 女神が誰かと知ったとき、幸せは一度崩れ。そして、女神の『最後』の決断を知ったとき、『幸せ』とはなにかとさまようことだろう。 最後に女神は微笑む。 『永い永い願いを叶えることができた』と。 なにが幸せで、なにを祈り、なにを望むのか。真の『幸せ』を探し求めて、『その先に』。 大切な人を、大切なものを守りたい──。 あなたの、大切な『もの』は何ですか。 ★=イラスト有。他小説サイトでも連載中。 友情、愛情、愛憎、家族などを通して神々の行く末を描く中世ファンタジーの皮を被ったヒューマンドラマです。 未成年の性、近親相姦を含むストーリーですが、推奨はしておりません。 第一部完結。第二部は二週に一度、木曜21:15に更新です。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 女神回収プログラム ~三回転生したその先に~
作者名 呂彪 弥欷助
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス ダーク ヒューマンドラマ R15 輪廻転生 非テンプレ 中世異世界風 伝説・神話 家族・友情 ブロマンス 群像劇 恋愛 禁断の恋 近親相姦
セルフレイティング 残酷描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年5月30日 7時48分
最終投稿日 2021年4月1日 19時15分
完結日 -
文字数 466,175文字
ブックマーク登録 50件
コメント 299件
スタンプ 218件
ビビッと 17件
応援ポイント 310,655pt
ノベラポイント 1,400pt
応援レビュー 3件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 習作千文字

    毎日書いて練習するのだ

    7,800

    0


    2021年4月14日更新

    毎日千文字の文章を書くだけ。でも毎日続ければ36万5千文字だ!

    読了目安時間:1時間58分

    この作品を読む

  • 蝴蝶ノ夢

    この世は所詮蝴蝶の夢でありんす。

    266,400

    7,405


    2021年4月14日更新

    いつ、誰が言い出したのかは定かでないが、人々の間で囁かれている噂が一つ。 曰く、この世のどこぞに人の一生を見通せる魔女がいるとか。 曰く、その魔女に分からない事はないのだとか。 曰く、その魔女の元へは強く望んだ者しか辿り着けないとか。 曰く、その魔女は誰をも虜にする絶世の美女だとか。 曰く、曰く…… * どの世界にも存在し、どの世界にも属さない狭間の異境ーー朧邸。 魔女が住むと言われているその邸に、ある日『少年』がヒトリ流れ着く。 邸の女主人と訪れる様々な客たち。出会いと別れを繰り返す中、記憶をなくした『少年』の選択は…… 「この世は所詮蝴蝶の夢。合うも不思議、合わぬも不思議。ただ何事もはかない夢の浮世でございんす」 *この作品は純文学×キャラ文芸。二人の人物の視点が三人称と一人称でそれぞれ語られる作風になっております。 *表紙はあさぎかな様にいただいたものです。

    読了目安時間:2時間32分

    この作品を読む