現代/青春ドラマ 短編 完結済

海の奇跡

作者からの一言コメント

ずっとあの海が嫌いだった

読了目安時間:20分

総エピソード数:1話

潮海と呼ばれる町に住む、二人の男女のお話。

総エピソード数:1話

  • 投稿日2022/6/30 23:52 文字数9,998文字

作品情報

作品名 海の奇跡
作者名 鈴谷凌
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ GENSEKIコン 現代日本 ノベプラオンリー 日常 女主人公 ほのぼの
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年6月30日 23時52分
最終投稿日 2022年6月30日 23時55分
完結日 2022年6月30日 23時52分
文字数 9,998文字
読了目安時間 20分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,000pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 気まぐれ短編集

    短編の寄せ集め

    27,400

    0


    2022年8月20日更新

    バラバラに提供していた短編を、寄せ集め 「pixivお題」や、「モノガタリードットコム」などからお題を拾ってきて作成したものがメイン

    読了目安時間:1時間18分

    この作品を読む

  • My Little Sister~君がいないはずの夏休み~

    もういないはずの妹と、夏休みをともに。

    500

    5


    2022年8月20日更新

    「おにいちゃん、ただいま!」 もう二度と会えないはずだった妹が、夏の日に帰って来た。 夏休みなのにお母さんは仕事で忙しくしていて、僕はいつも1人で。 でも、お母さんがある日連れてきたのは、妹と変わらない姿をして、芽衣の記憶を引き継いでいるロボット、MAY-10Xだった。 本物の芽衣のように笑う姿を前に、僕の心は揺れ動く。芽衣はもうこの世にいない、と思ってみても、目の前にいる瓜二つの存在を前に、自分たちが異常であるということを承知で。 僕は、『芽衣』のいる日常を受け入れて過ごすことにした。 僕、お母さん、芽衣の友達、周りの人たち。 もう来ないはずだった、芽衣との夏が始まる。 ----------------- 7万字程度、最後まで執筆済みです。 なろう、カクヨムでも先行で公開しています。 小学館ライトノベル大賞一次通過作になります。

    読了目安時間:33分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 四季と晴明の陰陽奇譚 〜神と妖の棲う京屋敷〜

    ようこそ、バケモノ屋敷へ……。

    239,200

    4,968


    2022年8月19日更新

    「――魑魅魍魎が棲みつく化け物屋敷がある」 それは、京都府宇治市に存在する噂。 藤原四季が京都へ引っ越してまもなく、両親は飛行機とともに消息不明になってしまった。途方に暮れていたところ、不思議な雰囲気を持つ学校の養護教諭・龍崎青葉に導かれ、四季はあけぼの屋敷へ足を踏み入れてしまう。 しかし、その店の住所はまさかの異界「三途」 さらにバケモノ屋敷のオーナーはかの有名な陰陽師・安倍晴明で、養護教諭の龍崎青葉の正体は東を司る四神の青龍!? 晴明から自分自身が陰陽師の末裔であると知らされた四季は、あけぼの屋敷でのアルバイトを勧められる。 噂の通り存在した化け物屋敷。 一階は東を司る四神・青龍が経営する不思議な喫茶店兼探偵事務所。彼岸花の咲き乱れる庭や御池、上階は妖や神達、摩訶不思議な住人たちの住処となっていた。 そして、この世の不思議を知ってしまった四季の周りで突然起こる神隠し事件。 そんな折、探偵事務所・古都織に人魚の妖から兄を探してほしいという依頼が舞い込んだ。晴明に頼まれ、青龍とともにアルバイトのお試しで調査することになった四季。 事件を調べていくうちに四季のクラスメイトのひらりが巻き込まれていることが発覚! 容疑者は人魚の妖・弦。弦は恋人を人間に殺され、現世に強い恨みを持っていた。 水族館が原因で死んだ恋人の復讐のため、弦は人間で水族館を作ろうと目論んでいた。そこへ、弦の妹・弓が弦を連れ戻しにやってくるが、弦は、弓は既に死んでいると言い……!? 弓の正体は、弓を喰らった化鯨という最恐の妖だった。青龍が四季を守りながら弦や化鯨と戦うが、状況は劣勢。とうとう四季は化鯨に喰われてしまった! 共に化鯨に呑み込まれた晴明は、 「助かる方法はただ一つ。僕を取り込んで本物の陰陽師の力を得ること」 そのとき、四季がくだした決断は……。

    読了目安時間:5時間28分

    この作品を読む

  • コンと狐と

    若桜谷には、キツネと幽霊がいる。

    185,250

    160


    2022年8月14日更新

    鳥取県若桜町。 谷間の小さなこの町に一軒の料理店があります。 『和食処 若櫻』 店を切り盛りするのは、コンとサナという二人の少女。 実はコンは幽霊で、サナは狐なのでした。 二人が神様から与えられたお役目は、店にやってきた死んだヒトの魂を、あの世へ送ること。 泣いたり、悩んだり、怒ったりしながらも、コンとサナは死んだヒトの想いに触れ、やがて自分たちの過去とも向き合っていく。 ※本作は小説投稿サイト『小説家になろう』『カクヨム』にも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:16時間14分

    この作品を読む