恋愛/ラブコメ 短編集 連載中

でーと。

作者からの一言コメント

色々あります。(^_^;

読了目安時間:13分

でーと。の表紙

デート中のお話 1.こんな所に。。。  デートより読書!  (和香さんと正也君のお話) 2.頑張ったんだよ!?  琴音さんがデートに遅刻した理由  (琴音さんと宏和君のお話) 3.災難だと思って。。。  眼鏡屋デート?  (茜さんと雅紀君のお話) 4.希望かな。  バレンタインには手作りチョコ?  (琴音さんと宏和君のお話) 5.了解。。。  ─ そこまで あからさまだと、いっそ清々しいな  (竹中さんと僕のお話) 6.覚えがあるなら  無茶を言ってるって、判ってるよな!?  (明夏さんと景冬君のお話) ---------- 「結果的連作」の お品書き:https://novelup.plus/story/770595863

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 でーと。
作者名 紀之介
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 短編 コメディ ほのぼの 現代日本 日常 デート
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月27日 0時37分
最終投稿日 2020年8月11日 23時33分
完結日 -
文字数 6,526文字
読了目安時間 13分
ブックマーク登録 11件
コメント 5件
スタンプ 59件
ビビッと 0件
応援ポイント 21,550pt
ノベラポイント 6pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 俺が王子で男が嫁で!

    花嫁は男! だと???

    2,500

    0


    2021年6月18日更新

    グランバニア帝国の第三王子クラウドは、 政略結婚の名のもとに、アストレアの王子である紫龍と結婚することになる。 「男と結婚するくらいなら死んだ方がマシ」と、 頑なに抵抗を続けるクラウドであったが……?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間38分

    この作品を読む

  • あの瞬間キミに恋した

    幼なじみの紗羅と櫂斗のドタバタラブ物語

    2,500

    0


    2021年6月18日更新

    天然美少女「渋谷紗羅」×いじわる王子「岡田櫂斗」 幼なじみの紗羅と櫂斗のドタバタラブ物語 高校の入学式の日に 大嫌いな幼馴染のアイツと再会・・・。 何で今になってアイツと会うなんて・・・。 思ってもみなかった・・・。 そして・・アイツを好きになるとは 全然思ってなかったのに・・・。 略して瞬キミです(*´ω`*) よろしくお願いしますペコリ((・ω・)_ _))ブックマーク登録、スタンプ、コメント、レビュー、フォロー大歓迎です(〃∇〃) 桜川椿の初執筆作品です( ^_^ ;) 小説家になろう、エブリスタ、アルファポリスにも投稿しています。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル−

    世界を救えって、俺、電気工事士だぞ!?

    275,500

    560


    2021年6月18日更新

    「始元の大魔導師を召喚したから、世界を救え」なんて言われても、俺、電気工事士だぞ。 えっ、報酬は金100キロ!? 滅びの足音が近づき、それを防ごうとする人々の善意は虚しく消費されてしまう世界。 そんな中で、現代を生きる電気工事士の技術は、この世界を救えるのだろうか? 「カクヨム金のたまご」で紹介頂きました。 扉絵は、カフカ@AUC(@Kavka_AUC)様にいただきました。ありがとうございます。

    読了目安時間:23時間52分

    この作品を読む

  • 静心にて、花の散るらむ: 歌姫による戦争継続のメソッド

    とてもやさしい終わりを作ろう。

    33,500

    0


    2021年6月18日更新

    二〇八八年六月十二日——「歌姫」が戦場に現れたこの日を境にして、世界は確実に変わってしまった。圧倒的な戦闘力を有する「歌姫」たちは、たったの二人で戦争を変えてしまった。当時私は八歳だったけど、その時に聞こえた「歌」に得体の知れない恐怖を感じたのを覚えている。 「歌姫」のことはその前から知っていた。あの人たちは私たちにとって絶対的なアイドルだったから。だから、まさかその二人が、あんな巨大な——「戦艦」に乗っていると知った時には、本当に言葉を失った。 時は過ぎ、私が十五の時、軍の人たちが私の住んでいた施設にやってきた。そして士官学校の「歌姫養成科」を案内された。その時にはすでに、私の「歌姫」としての能力は発現していたらしい。軍の人たちは何らかの方法でそれを知って、だからわざわざ訪ねてきたのだ。同期のみんなもそうだって――。 そして同時に、その頃には、この忌々しい「歌姫計画」が――戦争継続のメソッドが、動き始めていたのだろうと思う。歌姫計画――セイレネス・シーケンス。多くの人を狂わせる歌。当事者である私たちですら、その流れには抗えなかったんだ……。 ----- 作者注:途中で使われているイラストは全て作者(=一式鍵)が描いたものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間23分

    この作品を読む