閃銀の英雄機 ヴォルゼフォリン~ロボに乗れないから貴族の家から追放されちゃったけど小さい頃から憧れていた最強の機体に招かれて乗りました。え、当主の座を継いでくれ? 嫌ですよ、つまらないから~

読了目安時間:6分

第21話 訓練初日~模擬戦1~

 いつものようにレオニーおばさんのスープを頼んだ四人。  食事中、マリアンネはふと呟いた。 「私も、ランベルトと戦ってみたいな。そう思うと、会長やアラン教官がちょっと羨ましいかも」  ランベルトの幼馴染であるマリアンネとは、何度かアントリーバーの練習をしていた。しかしランベルトのアントリーバーを操縦する技術は既に最悪極まりないものであると証明されているため、そもそも戦う以前の問題だったのだ。  そのため、マリアンネはアントリーバーに関しては、ランベルトと戦った経験がまったく無いのである。 「なら、戦ってみる?」  ランベルトが答えたその時、ヴォルゼフォリンが珍しく慌てた様子で止める。 「やめておけ。フレイアでさえランベルトの乗る私を御するのに手こずったのだ、勧められたものではないぞ」 「そんなの……やってみないと分からないじゃない」  その言葉に反応して、マリアンネが闘志を持ち出す。  以前までヴォルゼフォリンに向けていた態度とは若干違っていたが、目には怒りが宿っていた。 「私だって、エールネス家次期当主として鍛えられたのよ。見くびられたままで、引き下がれるものですか」 「見くびってはいない。お前の強さもまた、見てきた。しかしそれでも、アントリーバーを使う限り私には追い付けない。これは忠告だ」 「その態度が不愉快なのよッ!」  滅多に見ないマリアンネの態度に、幼馴染であるランベルトすら驚いていた。それすらも目に入らず、マリアンネは続ける。 「いいこと? 私の鍛えられた力、見せて差し上げてよ! ヴォルゼフォリン、私マリアンネ・グレージア・エールネスは、貴女にアントリーバーでの決闘を申し込みますわ!」 「ちょ、ちょっとマリアンネ……」 「ランベルト、ごめんなさい。それでも、今のヴォルゼフォリンの言葉は聞き捨てならないのですわ」  やんわりと、しかし明確に拒絶するマリアンネ。  それを見たヴォルゼフォリンは、涼しげな声でランベルトに語り掛けた。 「ランベルト、いい機会だ。マリアンネの……お前の幼馴染の頭を冷やしてやれ」 「えっ、僕が?」 「そうだ。それに私は、お前がいないと動けない」 「そうだっけ……? 伝承では『誰も乗っていないはずなのに、ひとりでに動いた』ってあったけど……」 「まぁな、私だけでも動くことはできる。いや、戦うこともできる。だがそれは、まったく重要じゃないんだ」  聞き分けのない子供を優しく諭すように、ヴォルゼフォリンは語り掛ける。 「マリアンネを止められないようでは、お前に黒い海を見せてやることは出来んぞ」 「ッ、それを言われたら……」  明らかに尻拭いを押し付けようとしているヴォルゼフォリンだが、目標を出されてしまってはランベルトも逆らえなかった。 「そうしょげるな。私の言い方にも、悪い点はあったのかもしれん。責任の一端は受け入れよう。だがな、見方を変えろランベルトよ。お前が強くなる機会そのものが、自分から近づいてきてくれたんだ。マリアンネの姿を取って、な。分かるか?」 「ちょ、ちょっとなら……。マリアンネに鍛えてもらうチャンス、ってことかな?」 「その通りだ。マリアンネ、その決闘、謹んで受けよう。ランベルトと一緒にな」 「良くってよ。13時から始めるわ」  かくして、ランベルトとヴォルゼフォリン対マリアンネの決闘が始まろうとしていたのであった。      ***  昼食後すぐのスタジアム前。  “今までにない未知の機体 vs(バーサス) エールネス家の令嬢が駆る一族の誇り”という分かりやすい触れ込みに惹かれた生徒たちが、ワラワラと集まっていた。  ヴォルゼフォリンは既に本来の姿に戻っており、ランベルトも搭乗済みである。準備は、既に十分整っていた。 「すごい人数だね……」 「ああ。だが、やることは変わらん。それとも、緊張する性格なのか?」 「ううん。それに、僕が直接見られるわけじゃないからね」 「そうだ、それでいい。さて、肝心のマリアンネの機体だが……あれほどの言葉に見合うかどうか、見せてもらいたいな」  やや冷淡な物言いをするヴォルゼフォリン。さすがにランベルトも、見過ごせなかった。 「その言い方は無いんじゃない?」 「残念だがな、ランベルト。アントリーバーという枠に属する以上、どうあがいても私の劣化コピーと呼ぶ他ないのだよ。どれだけ強化しようとも、な。蟻一匹と象一頭の差よりも広いのだ。それはお前が一番よく知っているだろう?」  珍しく、ヴォルゼフォリンはランベルトの言葉を黙殺する。 「うん……それはね」  マリアンネに思うところがあるゆえだったのを、ランベルトは薄々ではあるが悟っていた。 「さて、ランベルト。朝からの制約は、まだ続いているぞ」 「制約?」 「背中の剣だけで戦い、勝て。それが制約だ」  そう言われて、ランベルトは言葉に詰まる。 「出来ないか?」 「いや、やってみるよ。マリアンネに勝ってみせる」 「その意気だ」  改めて決意を固めたランベルトは、ヴォルゼフォリンを前へと歩かせた。  反対側の格納庫から、青と白の優美な機体が姿を見せる。 「マリアンネ、その機体は……」 「お父様から譲り受けたものですわ。エールネス家が代々受け継ぐ機体、名を『ローレライ』と言います」  槍を構え、重厚な外装を纏うローレライは、しかし肝心の本体部分が細く見える。女性的な丸みを帯びた胸部に、細い腰。そしてしなやかで、余計な機構を排した両脚。  大きなシルエットに反して、中量級程度といった外見だった。 「確かに並の機体ではない様子が、ありありと見て取れるな」 「そうでしょう? 仮にも一族当主の乗る機体。量産機であるティアメルやメルエスタルなどと、同じ(くく)りに含めないでほしいですわね」 「そうかもしれないな。だが私からすれば、やはり大差は無い」 「ッ、この……!」  マリアンネは斬りかかろうとして、しかしギリギリで踏みとどまる。仮にも“決闘”である以上、合図無き状態での攻撃は許されなかった。  と、ヴォルゼフォリンはランベルトにだけ聞こえるように呟く。 「ランベルト、幼馴染の鼻っ柱を折る準備はできたか」 「うん。あまり気は乗らないけど、ちょっとヴォルゼフォリンを意識しすぎてるからね。ちょっと叱るくらいは、僕でもするかな」 「良し。ならば、あとは勝つだけだ!」 「うん!」  気合十分といったタイミングで、ヴォルゼフォリンが背中にある大剣の(つか)を握りしめ、構える。  次の瞬間、魔力の刀身が伸び、実体を有する刃となった。 「待たせたな。これで私も、準備は整った」 「随分長かったじゃない。けれど、存分に戦わせてもらうわ。私たちの誇りを侮辱されて、黙ってはいられないですもの」 「この後の戦いで証明してみせろ」 「言われずとも……!」  立会人として選ばれたフレイアは、合図を放つ。 「これより、マリアンネ・グレージア・エールネス対ランベルトとヴォルゼフォリンの決闘を始める。双方、構え!」  合図に従って、両者が機体に武器を構えさせる。間違いなく見届けたフレイアは、さらなる合図を放った。 「始め!」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    892,400

    152,389


    2021年6月12日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第3章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:14時間53分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    109,200

    230


    2021年6月18日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間43分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 復讐ダークファンタジー

    109,300

    0


    2021年6月18日更新

    「死ね」「偽勇者め」「貴様のせいで!」 魔王を倒したオレに集まる人々の信望を憎悪に挿げ替えた王族は、戦争犯罪者として勇者を殺すことを決めた。罵る声の中、残酷な処刑で命を奪われかけたオレの前に立ち、手を差し伸べたのは黒髪の美女。リリィと名乗る彼女は、オレに復讐を持ちかける。 日本から召喚され、死に物狂いで鍛えて、魔王と死闘を繰り広げ……オレはこの世界に拒絶された。元の世界に戻れないなら、お前達に相応の死をくれてやる! 復讐から始まる、暗く切ないダークファンタジー。リリィの正体と目的が明かされた時、オレは何を選ぶのか。 ※残酷描写、流血シーンがあります。意外と主人公が前向きです。 【同時掲載】小説家になろう、カクヨム、エブリスタ、アルファポリス、ノベルアップ+、ノベルバ

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間36分

    この作品を読む

  • クリプテッド・サモンズ(Cryptid Summons)

    略してクリモン!シェアワールド設定です!

    5,000

    0


    2021年6月18日更新

    クリプテッド・サモンズの世界へようこそ。 この世界では、人々は『クリプテッド』と呼ばれる不思議な生き物と力を合わせて暮らしています。ある人はクリプテッドと共に働き、ある人はクリプテッドのことを研究し、またある人はクリプテッド同士を戦わせ競っています。 さて。 この世界に降り立つ貴方は、クリプテッドと共に何をしますか? ―――――――――――― 皆様のキャラクターを登場させやすいよう、頑張って考えました!!₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾

    読了目安時間:23分

    この作品を読む