文芸/純文学 短編 完結済

哲学研究部の低俗な日常

作者からの一言コメント

哲学だと思っていたのか。残念だったな!

読了目安時間:5分

総エピソード数:1話

哲学研究部 それはこの世の真理を探究する崇高でウィットに富んだ会話が飛び交う部活。 ......などではなくただの雑談部である。 これは部長と呼ばれる青年と水田と呼ばれる女の雑談を描いたただのコメディーである。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 哲学研究部の低俗な日常
作者名 桐乃霧ノ助
ジャンル 文芸/純文学
タグ 日常 青春 コメディ ギャグ バカ 低俗 部活もの
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年7月14日 18時02分
最終投稿日 2019年7月14日 18時10分
完結日 2019年7月14日 18時10分
文字数 2,601文字
読了目安時間 5分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 泣かないで、と言えなくて。

    その人らしさ、を取り戻す為の旅。

    6,600

    38


    2022年8月14日更新

    介護士 佐々木直が出会ったのは、職場いじめを経験し精神崩壊の後、幼児退行を起こした三木 春光という一人の男性。 親子の間に亀裂が走った事も分からない春光は、自意識とそれを失う一歩手前の綱渡りの状態で過ごしていく事になる。 一人の芸術家と医者の交流を描きます 自作小説『はっちゃん」の本編開始以前を描きます。 登場人物の佐々木さんを主人公としたスピンオフです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37分

    この作品を読む

  • 六線譜

    完全新作。どこにも出してないものです。

    242,050

    0


    2022年8月13日更新

    ありもしない。あってはならない。あり得ない話。虚像。 しかしながら、近い未来、起こりうる話。

    読了目安時間:9時間16分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ウサギ印の暗殺屋~13日の金曜日~

    少しダークな、組織もの現代ファンタジー

    590,395

    1,870


    2021年1月14日更新

    日本にある複合企業《P・Co》。その末端に、《Peace×Peace》――略して《P×P》という、ファッション部門の事務所がある。 通常業務は、服飾商品の開発と販促営業。その裏で、変則的に本社から送られてくる特務……主に、暗殺業務を請け負っている。 幼少期、とある組織の人体実験によって“蛇人間”になった潤は、《P×P》で副所長を務めていた。 所長は男女問わず複数人の“カノジョ”がいる、バイセクシャリスト。 長身細身の紫頭や、怪力女や、その怪力女に盲目的に恋をしているクールビューティー(?)な後輩女子や、怪力女と犬猿の仲の美形白髪頭や、その相方のモブ顔や―― そんな愉快な仲間たちの、少しダークで、時折くすりと笑える日常。 そんな日常に現れる、潤の複製少年と少年愛好家の女。 食べたり飲んだり笑ったり怒ったり喰べたりする、ちょっとハードな日常の一部分。 ◇◆◇ ブックマーク、コメント、スタンプなどを頂けると跳んで喜びます。 ご新規読者様、大歓迎です! ※作品の一部に、LGBT(性的少数者)、虐待、暴力、残酷な表現が含まれます。 苦手な方はご注意ください。 本作はどちらかというと、女性向け(らしい)です。 ※小説家になろうからの転載です※ 2017年12月27日に完結した作品です。 (なろう版とは間違い探しレベルで違う箇所があります) ※挿し絵も自作※ なろう版より、挿し絵も増えています。 ※※※※ ありがたいことに 「セシャトのWeb小説文庫 a la carte dans Novel up」 https://novelup.plus/story/127083484 にてご紹介していただいております。 作品募集もされているので、作品紹介に興味のある方は是非覗いてみてくださいね!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間33分

    この作品を読む

  • 紫亜乃ちゃんは、復讐したいのです!

    ひんぬーいじり、許すまじ!

    5,400

    5


    2022年8月13日更新

    ——「紫亜乃(しあの)、僕はさ、この状態から進行していった先にある究極の甘えって、紫亜乃の胸の突起に僕が吸い付くことだと思うんだ」 急いでジタバタして逃げようとする私を、優鋭(ゆうえい)さんはガッチリと掴んで離さなかった。 「まぁまぁ、そう慌てなさんな。知っての通り、僕は紫亜乃が嫌がることはしないよ。なぜこんなことを僕が言い出したのか、ちゃんと論理だてて説明する。この話を聞けば、むしろ紫亜乃の方から突起を差し出してくるから」—— 頭がよくて口の立つお兄さん彼氏にイジられてばかりの女の子が、日々復讐に明け暮れる。年下彼女の可愛い仕返し奮闘記!

    読了目安時間:2時間49分

    この作品を読む