文芸/純文学 長編 連載中

蝴蝶ノ夢

作者からの一言コメント

この世は所詮蝴蝶の夢でありんす。

 いつ、誰が言い出したのかは定かでないが、人々の間で囁かれている噂が一つ。  曰く、この世のどこぞに人の一生を見通せる魔女がいるとか。  曰く、その魔女に分からない事はないのだとか。  曰く、その魔女の元へは強く望んだ者しか辿り着けないとか。  曰く、その魔女は誰をも虜にする絶世の美女だとか。  曰く、曰く…… *  どの世界にも存在し、どの世界にも属さない狭間の異境ーー朧邸。  魔女が住むと言われているその邸に、ある日『少年』がヒトリ流れ着く。  邸の女主人と訪れる様々な客たち。出会いと別れを繰り返す中、記憶をなくした『少年』の選択は…… 「この世は所詮蝴蝶の夢。合うも不思議、合わぬも不思議。ただ何事もはかない夢の浮世でございんす」 *この作品は純文学×キャラ文芸。二人の人物の視点が三人称と一人称でそれぞれ語られる作風になっております。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 蝴蝶ノ夢
作者名 ピギョの人
ジャンル 文芸/純文学
タグ 和風 人外 異世界 記憶喪失 蝴蝶ノ夢 ローファンタジー 挿絵 男主人公 残酷描写あり ノベプラオンリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年5月31日 21時10分
最終投稿日 2020年7月11日 22時00分
文字数 70,586文字
ブックマーク登録 86件
コメント/スタンプ 330件
応援ポイント 210,900pt
ノベラポイント 5,555pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る