勇者様!婚活して下さい!

読了目安時間:4分

お説教

「それで、逃げ帰ってきたわけか」 鳴神は笑顔でうんうんと首を縦に振っていたが、部屋の中の空気は穏やかではなかった。勇司はクロと共に床に正座をさせられていた。 クロに担がれてテオフィルスの前からダッシュで逃げ帰った後、タイミングを見計らったかのように鳴神が部屋にやって来た。どうやら騒ぎをどこかから聞きつけたらしい。部屋にやってくるとことの詳細を話すように言ってきた。 「クロ、お前を勇司の護衛にしたのはお前が真面目に任務をこなせるからだ。信用していたお前がまさか勇司にたぶらかされるとは……」 「申し訳ございません」 クロはしゅんと耳と尻尾を垂らして鳴神に謝った。 「たぶらかしたって……」 「実際お前はクロの純真さに付け込んだだろ。言い訳せずお前も反省しろ、勇司」 「ぐっ……」 鳴神の言う通り勇司がクロに無理を言って庭に出なければ、テオフィルスとは遭遇しなかった。勇司を部屋から出すなという鳴神の指示を、クロに破らせたのも勇司だ。 事の発端は勇司の軽率な行動と言える。 「向こうが仕掛けてきてくれてよかったな。言い合いじゃ平民の従者と、まだこっちの常識が分かってない勇者じゃ敵わないからな」 「そうですね……」 こっちの常識が身についても鳴神には口で勝てる気はしない。勇司はそう思ったが、口にはしなかった。何倍もの言葉が返ってきそうだったし、それよりも気になることがあった。 「ところで、あいつが出した霧みたいのはなんだったんだ?」 「勇司が見た霧の正体は恐らく魔力だ」 「魔力?」 「魔力の流れは熟練の魔法使いか、聖職者じゃないと見えないんだ」 そう言って鳴神は人差し指を立てて見せた。指先からゆっくりと煙が出て来たかと思うと、空気中の中で意思があるかの様にゆらゆらと動き出す。 「お前は勇者だから見えたし、触れたんだろうな」 「普通は触れないもんなのか?」 「俺は無理だった」 「ふーん……」 もしかして、魔塔首でも使えない能力ってことは使いようによっては便利なんじゃないか? 魔法の原理が分からないのですぐには有効な活用法が浮かばなかったが、暇な軟禁生活が少しは魔力のおかげでマシになりそうだと思った。上手く利用する方法が思いつかなくとも、暇つぶしにはなる。 「ユージ様が見えて助かりました。見えなければ対処できませんでしたから」 「そういえばあの時クロが引っ張れって言ったよな」 あの時クロに言われなければ、霧を引っ張るだなんて勇司には思いつかなかった。 「昔聞いた勇者伝説の一節に魔力を操る力に長けているとおっしゃっていたので、もしやと思いまして」 「クロは魔力見えてるのか?」 「ハッキリとは見えないです。ゴーストに憑りつかれている感じですかね?」 「……ゴースト」 ゴーストという単語を聞いて勇司は寒気を感じた。 正直、心霊現象が得意ではない。地球で言う幽霊と、こっちの世界のゴーストは違うかもしれないが……霊的な現象なのは同じだ。出来れば会いたくない部類の存在である。 というか、クロは憑りつかれたことがあるのか? 一体クロは今までどういう生活を送ってたんだ? それともゴーストに憑りつかれるのは、この世界ではわりとよくあることなのだろうか? 勇司は色々聞きたいことが多すぎてじっとクロを見つめるが、クロは勇司をいつも通りの朗らかな笑みで見返すだけだった。 「まっ、何はともあれ無事でよかった。あのままテオフィルスにメロメロになっていたら、どうしようかと思ったぞ」 「いや、あんな奴にメロメロになる訳ないだろ」 確かにテオフィルスはびっくりするぐらいの美男子だったが、性格が最悪だ。クロを何故か目の敵にしていたし、勇司が使用人じゃないと分かってもクロをからかう為に利用した。かなり関わり合いになりたくないタイプだった。 「もしかして……気づいてないのか?」 「何に?」 鳴神が言わんとしていることが分からず、勇司は首を傾げた。 「テオフィルスの能力は『魅了』だぞ」 「はっ、はぁ――――? みっ、魅了?!」 だからあんなに沢山の女の人達が集まっていたのか! 物凄いハーレムだとは思っていたが、まさかそれが能力だとは思い至らなかった。そんなことをしなくても彼は美形だったし、勇司の知る単純な『魅了』とはまた違っているように見えた。 「えっ、でもなんか苦しんでたから毒系とかなんじゃ……というか、あの後あの人達は大丈夫だったのか?!」 「大丈夫だ。テオフィルスからしばらく離れれば中毒症状は治まる」 「中毒症状……」 急に出てきた物騒な言葉に、勇司は目を瞬かせた。 「アルコール中毒と一緒さ。テオフィルスの『魅了』は中毒症状を起こさせ、能力を使っていない時も彼のことを考えるように仕向けてくるんだ。満たされなければ苦しくなり、得られれば楽になる」 「だっ、だから強すぎる中毒症状で苦しんでたのか……」 「そういうこと」 鳴神はニヤッと笑ってこう続けた。 「彼の『魅了』の力こそ、お前の婚約者候補に選ばれた理由だ」 「こっ、」 婚約者候補?! 勇司は驚きのあまり声にならない叫びを上げたのだった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界SNS

    魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    1,128,226

    16,045


    2021年6月22日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

    読了目安時間:36時間36分

    この作品を読む

  • 大賢者シルヴィエの不本意なセカンドライフ~幼女だなんて聞いてない~

    悠々自適な余生が……幼女!?

    15,900

    10


    2021年6月22日更新

    かつては聖女として名を馳せ、退位後も研鑽を積み続け、膨大な魔力と知識を持つ賢者シルヴィエ。 彼女は魔王が復活し世界が震え上がった時も果敢に勇者パーティに参加しその力で彼らの手助けをしていた。 そして旅の最後の魔王封印の際、シルヴィエは仲間を逃がす為、己が犠牲となった。 「私はもう十分生きた! お前達は若いんだからまだこれからだろう」 最後の魔力を使い果たし、もはやこれまで……と思われたが……。 「……なんだこれ」 なぜかシルヴィエは『幼女』になっていた。 本人も仲間達も国も困惑する中で、シルヴィエの第二の人生がはじまるのだった。 家庭教師を務めるチビ王子達は言うことを聞かない、仲間の勇者は子供扱いをしてかまってくる、おまけにかつての教え子の第一王子がシルヴィエに一目惚れ!? これは悠々自適な余生を過ごすはずだったシルヴィエの不本意な日々の物語。

    読了目安時間:1時間3分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    126,400

    330


    2021年6月22日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間16分

    この作品を読む

  • Dual World War

    異世界転移×SF (毎週水曜更新中)

    21,400

    262


    2021年6月16日更新

    主人公:水奈 亮(17)はごく普通の高校2年生。そんな彼にも異世界への扉が開かれた。 そこは私たちが住まう世界とはわずかに、でも、確実に異なる世界。。。 わずかな違和感とそれを薄めるような安心感との連続で次第に自分を見失いつつあるなか、 何の脈絡もなくソイツは姿を現した。 突如課せられた使命。 5年前に終息したはずの【外来生物】の再来と、 滅びを水際で食い止めし人類が用意した対抗策:外来生物特務機関NAVISとは一体何か!? 等身大の高校生が世界の命運をかけて戦う異世界転移型SFストーリー ぜひご一読を!

    読了目安時間:18分

    この作品を読む