恋愛/ラブコメ 短編 完結済

彼のあだ名が「のどぐろ」である理由

作者からの一言コメント

そのあだ名を、拒めなかった理由について。

彼のあだ名が「のどぐろ」である理由の表紙

学生時代の陽菜子は、友人の男の子に親しみを込めてあだ名をつける。しかしそれは、とある魚の名前だった。故意でないにしても、彼に対し気まずさが残る陽菜子。それ以来関係がギクシャクしてしまい、二人は疎遠のまま大人になる。でも、そんな彼と同窓会で再会してしまって……?!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 彼のあだ名が「のどぐろ」である理由
作者名 夕刻
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 現代日本 ハッピーエンド 女主人公 恋愛 純愛 甘々
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年6月5日 8時06分
最終投稿日 2020年6月5日 8時18分
完結日 2020年6月5日 8時18分
文字数 8,466文字
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2021年2月28日更新

    「あの、もう少しだけ、お願いします……」 朝宮万莉(あさみやまり)は、頭を撫でて欲しいと、高校入学後、目立たないように過ごしていた竹居卓也(たけいたくや)に願った。 彼女はハーフアップの似合うお嬢様で、人を寄せ付けない冷たい性格をしていると、学校内でもっぱらの噂だ。 朝宮は生徒たちからクールなお嬢様と称されているはずだが……。 彼女は動揺したり天然や甘える様子は竹居にだけ見せる。 竹居は過去にテレビに出たことがあるほど才能があるサックスの奏者だった。 楽器を二人でやっていく上で、竹居の幼なじみの暁星恵利(あけぼしえり)も他校から練習に参加するようになる。 お嬢様との出会いが、竹居の世界を変えていく……。

  • 付き合ってる?いいえ、付き合ってません。

    ♡15,200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・90話・68,817字 尿路結石

    2021年2月28日更新

    鳥谷部オウカ:高校二年、男子。フツメン。そこそこモテる。 花野木アスカ:高校二年、女子。美少女。めっちゃモテる。オウカに限り下ネタOK。 二人は家もお隣同士の、幼稚園からの幼馴染である。 「ねぇ、オウカ」 「なんだ、アスカ」 「私、今日告白された」 「マジで? 誰にさ?」 「サッカー部の野田先輩。主将やってる」 「なに、告白って? お前の靴を隠したのは実は俺なんだとか言われたの?」 「なんでそうなるのよ。愛の告白よ。好きだって言われたの」 「愛してるじゃなくて好きなら、好意の告白では?」 「あげ足とらないでよ。どうしよっかなって。付き合おうかな?」 「好きなの?」 「別に好きじゃないけど、男子と付き合ったこと無いし」 「なら止めとけば? 評判悪いよあの先輩」 「どう悪いの?」 「……イケメン」 「それ良い評判じゃないの?」 「あとはほら、サッカーが上手いとか」 「それも誉め言葉じゃん」 「……」 「嫌なの? 私が先輩と付き合うの?」 「……別に」 「そう、じゃあ付き合うの止めるわ」 「……俺は別に」 「あーあー、いつになったらオウカは幼馴染離れしてくれるのかしらねー」 「……アスカこそ、いつになったら放課後に直で俺の部屋来るの止めるんだよ」 「来なかったら、寂しい癖に」 「そっちこそ」 ……これは、どう見ても付き合ってるのに付き合ってないと言い張る幼馴染男女の、傍から見たらイチャついているだけの日常会話を、ただただ記す物語である。 ※カクヨム様、小説家になろう様にも掲載してます