連載中 長編

僕の青。薔薇の青。きみの青。

作者からの一言コメント

神秘的な彼女と僕の小さな物語

台風が通り過ぎたあとの、秋の気配の中で彼女に出会った。 ※※※※※※※※※ 色。香り。感覚。 空の青。薔薇の香り。嬉しい、悲しい、寂しい、そして誰かを愛おしく想う気持ち。 それらは個人的な体験だ。 僕らは僕らの世界に閉じ込められている。 僕が見ている空の綺麗なブルーも芳しい薔薇の香りも、もしかしたらきみが見て感じるものとは違うのかもしれない。 でもそれは悲しい。 僕はきみと同じように感じたいんだ。 僕はきみと同じ世界で生きていたいんだ。 きみと僕の青が同じ青でありますように。 ◎登場人物 ・神田智也(かんだともや) 真面目で奥手な大学生。偶然出会った星野早希に心を奪われる。 ・星野早希(ほしのさき) 主人公と同じ大学に通う学生。なぜか植物に詳しい。神田智也と同い年と思えないほど冷静で落ち着いている。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
僕の青。薔薇の青。きみの青。
作者名
銀月
ジャンル
恋愛/ラブコメ
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年11月15日 20時50分
最終投稿日
2019年11月26日 13時52分
文字数
12,307文字
ブックマーク登録
1件
コメント/スタンプ
1件
応援ポイント
100pt
ノベラポイント
0pt
応援レビュー
0件
誤字報告
受け付けています