恋愛/ラブコメ 長編 連載中

僕の青。薔薇の青。きみの青。

作者からの一言コメント

神秘的な彼女と僕の小さな物語

僕の青。薔薇の青。きみの青。の表紙

台風が通り過ぎたあとの、秋の気配の中で彼女に出会った。 ※※※※※※※※※ 色。香り。感覚。 空の青。薔薇の香り。嬉しい、悲しい、寂しい、そして誰かを愛おしく想う気持ち。 それらは個人的な体験だ。 僕らは僕らの世界に閉じ込められている。 僕が見ている空の綺麗なブルーも芳しい薔薇の香りも、もしかしたらきみが見て感じるものとは違うのかもしれない。 でもそれは悲しい。 僕はきみと同じように感じたいんだ。 僕はきみと同じ世界で生きていたいんだ。 きみと僕の青が同じ青でありますように。 ◎登場人物 ・神田智也(かんだともや) 真面目で奥手な大学生。偶然出会った星野早希に心を奪われる。 ・星野早希(ほしのさき) 主人公と同じ大学に通う学生。なぜか植物に詳しい。神田智也と同い年と思えないほど冷静で落ち着いている。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 僕の青。薔薇の青。きみの青。
作者名 銀月
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 男主人公 純愛 大学生 神秘的 世界 シリアス プレゼント
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月15日 20時50分
最終投稿日 2019年11月26日 13時52分
完結日 -
文字数 11,709文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡1,024,600

    〇13,780

    異世界ファンタジー・連載中・183話・847,932字 普門院 ひかる

    2021年2月26日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2021/1/14、1/22、1/27、2/18 部門別日間ランキング1位)

  • 楽しく愉快に妄想していただけるとハッピー

    ♡54,100

    〇2,170

    現代/その他ファンタジー・連載中・92話・162,928字 P+born

    2021年2月26日更新

    交通事故(笑)で死んだと思った高校生の「僕」は、マッドな校長の気まぐれで戦隊ヒーローの「黄色」に改造されてしまった。 校長曰く、インドの英雄マハトマ・ガンジーの遺品等々を体内に埋め込んだら、戦隊ヒーローの「黄色」になったらしい。 将来どころか進路もまだ未定だったのに、カレー好きでしか目立てない、一番マイナーな脇役「黄色」となった「僕」。その運命に凹みつつも、職業「黄色」を回避するために、ただただ身体が頑丈という地味な能力を駆使して、同じ町内にいるという他の仲間探しに奔走する。 のほほんとした日常に忍び寄る非日常を書いているつもりでございます。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 凄く気楽に書いてる

    ♡200

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・23話・83,716字 江藤 樹里

    2021年2月26日更新

    大好きな漫画、クイーンズエッグに出てくる推しが死んだ日、オタク友達に唆され、もとい勧められ、せめて自分の世界線で推しを幸せにしようと二次創作に手を出したエマ。 冒頭を書いて一段落ついたので仮眠を取るはずが目覚めればそこはクイーンズエッグの世界。しかも自分が書き始めた二次創作小説の中。 いつ覚めるとも知れない夢なら目一杯堪能しようとその世界での生活を始めた。 のだけど、何だかヒロインのお婿さん候補たちが気に入ってくれて思いもよらぬ方向へ話は進んでいく。 漫画ヒロインのポジションじゃないですか、これ? でも私、 推しを救いたいだけなんです! 一週間くらいで8万字書けたの自信がついた 8万字投稿終えたらのんびり週一更新にしたい お気に入りの子たちを好きになってもらえますように

  • BLゲームの世界×主人公が現れない!

    ♡5,300

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・62話・207,822字 青緑三月

    2021年2月26日更新

    主人公は、BLが好きな腐男子 ただ自分は、関わらずに見ているのが好きなだけ そんな主人公が、BLゲームの世界で モブになり主人公とキャラのイベントが起こるのを 楽しみにしていた。 だが攻略キャラはいるのに、かんじんの主人公があらわれない…… そんな中、主人公があらわれるのを、まちながら日々を送っているはなし BL要素は、軽めです。 ※下記でも同作品を、掲載しています。話数は、下記のほうが多いです。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054891939035