僕の青。薔薇の青。きみの青。

第三章 秋の考察と擬似兄妹の誕生

とりとめもなくきみをおもう

「行ってきます」ドアを開けて外へ出る。風が動く。冷んやりした空気がシャツの襟元から潜り込んでくる。  カレンダーは十月でも、つい先日まで蒸し暑く感じる日も多かったのに、いつの間にか夏は別れの挨拶も残さないで、彼を待つ国々へと旅立ってしまったらしい。  夏に限らず、春も秋も冬も、季節はいつも静かにゆっくり移り変わってゆく。僕も含めて、人々はそんなもの言わぬ彼らの往来を、ある日ふと気づくのだ。  花や土の、かすかな匂い。琥珀を帯びた太陽の光の色。そして、頬を撫でる風の暖かさや冷たさ。普段はは意識しないような、それらの緩やかな変化に気づいた時に、人は季節の変わり目移ろいを実感するのだろう。  駅前の駐輪場に自転車を止め、電車に乗る。いつものように立ったままドアにもたれ、ガラスの外を流れてゆく景色を眺める。と、河川敷に赤い筋のような模様が見えた。  人間に比べて植物たちは敏感だ。誰も植えていないのに、実家の庭にいつの間にか生えてきた彼岸花は、まだ気温が高い時期にから、ニョキッと目を出して花茎を伸ばし始めた。そして涼しくなり始めた頃に、蜘蛛の足を連想させる(しべ)を突き出した奇妙な花をいっぱい咲かせ満開を迎えた。  早秋を彩るこの花には遺伝子の関係で種ができないと聞いた。だから増やすためには球根を植えるしかないと。球根は種と違って風に乗って飛んできたり鳥に運ばれたりはしない。誰かがそこに植えないと存在しない・・・はずなのに、不思議だ。  寄りかかっていたドアが急に開いた。表示を見たら降りる駅だった。彼岸花の考察を続けながらホームの階段を上がる。エスカレーターは使わない。階段のほうが集中できるからだ。  誰かが、考え事をする時はひたすら歩くと、以前テレビで言っていた。足を動かすと脳が活性化するとか何とか。誰が言っていたのか忘れた。芸能人ではなかったと思う。医師か大学教授か小説家のどれかだ。  僕はいつも取り止めもないことを考えている。彼岸花しかり青い薔薇しかり、そして彼女のこと。誰かの説に従うなら、僕はいつも歩いていなければならないことになる。  歩くのは好きだから苦にはならない。でも食事をしなければ餓死してしまうし、大学に 行かなければ単位を落とすことになる。それは困る。  早希(さき)にこの「歩けば脳活性化およびでもそれでは僕は困る説」を話したらどんな顔をするだろう。いつものように謎めいた微笑みと心地よい声を僕にプレゼントしてくれるだろうか。    僕がどんな話をしても彼女は受け止めてくれる。どんなににくだらないことを言っても彼女は決してそれをくだらないとは言わない。それどころか、僕の提供した話題に新しい考え方やものの見方をプラスしてそっと返してくれるのだ。    それはまた考えるきっかけとなって、僕は・・・「先生!」「えっ」「えっじゃなくて!また考えごとをしてたの?」「あ、ああそうだね」「ああそうだねって、もう!遅いから心配したんだよ。電話しても出ないし、LINE送ったのに反応ないしさあ!」 (つづく)

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡515,700

    〇3,508

    SF・連載中・84話・478,673字 新星

    2021年1月17日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • ある女子高生の不思議な体験

    ♡299,900

    〇3,337

    歴史/時代・連載中・88話・109,791字 八島唯

    2021年1月19日更新

    聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸菜穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果...... ※表紙のイラストは作画三林こーこ様によるもので使用許可を頂いております。 ※この作品は『小説家になろう』『アルファポリス』『カクヨム』『マグネット』『ノベリズム』様にも掲載しております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • この瞬間だけ高校生

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・3話・7,152字 はないちりん

    2021年1月18日更新

    入学式に出会った上級生に、隆一は恋をした。 見ているだけでよかったのに再会のチャンスが訪れて、期待に胸を膨らませていたのにあのひとはまるで別人のよう。おまけにつきあっているひとまでいた! そっけなくされても無視されても、それでも好きは止まらない。 一途な隆一の恋の行方は――。 エブリスタにも同時掲載しております。

  • 初恋の相手にとんでもない勘違いをされ……

    ♡59,800

    〇150

    恋愛/ラブコメ・連載中・212話・607,794字 朽縄咲良

    2021年1月19日更新

    ・恋愛/ラブコメ部門ランキング日間7位にランクイン!(2020/6/19) ・総合ランキング日間56位にランクイン!(2020/3/9) 高坂晄(こうさかひかる)は、どこにでもいるような、正にモブキャラと呼ぶに相応しい高校一年生だ。 そんな彼がある日、学年一の美少女・早瀬結絵(はやせゆえ)から、「放課後に、A階段の踊り場まで来て」と、呼び出しを受ける。 地味な自分とは、全く縁が無いと思っていた早瀬からの突然の話に、激しく狼狽え戸惑った晄は、幼馴染の工藤秀(くどうしゅう)に相談し、その背中を押された。 勇気を振り絞って待ち合わせ場所に来た晄に、早瀬は、とある質問をしてきたのだった。 「ねえ……高坂くんと工藤くんって、どっちが“受け”で、どっちが“攻め”なの?」 ――と。 初恋の人に、幼馴染の親友との仲をソッチ方面に誤解されてしまったヒカルだったが、だからこそ、憧れの人と接点を持つ事が出来た。しかし、シュウとの仲を否定してしまっては、彼女との縁もそれっきりになってしまうだろう……。 そう考えたヒカルは、シュウと相談の上で、『早瀬の誤解の通りに、ヒカルがシュウに片想いしている体を演じつつ、自然にその誤解を解き、何時の日か彼女に告白する』事にしたのだが、その前途は実に多難であった――。 想い人に、とんでもない勘違いをされてしまった凡庸な高校生と、そんな彼を取り巻く様々な人間達が巻き起こす、すれ違いラブコメ、ここに開幕! *表紙イラストは、梨乃実様より頂きました! *第一話の挿絵は、神野ナツメ様より頂きました! *「小説家になろう」でも連載中です。