「裏の畑には「モンスター果樹園」がある。」(仮) 

読了目安時間:1分

エピソード:2 / 27

第2話 ベリーベリーロー

 今日は曇り。こんな日はベリーベリーローの収穫に最適だ。収穫後は1年分のジャムづくりが待っている。  地面から私の腰ぐらいまでの高さに、いくつものプランターが宙に浮いている。それには浮石(うきいし)を使っていて、通常ならどこまでも上がっていってしまうのを停止の術でちょうどいい高さに固定している。そのついでに軽量の術もかけているので、片手で持ちあがる軽さだ。  黄緑色のはそっと残しておいて、黒い色の実と赤い色の実だけをカゴに放り込んでいく。時々、私の口の中にも納まる。甘酸っぱくておいしい。  ――ついておいで。  ちょちょいとフォローの術をかける。この世界に住む人なら子どもだって使える魔法だ。私の後を二つのカゴがひょいひょいとついてくる。 「あねさん、準備はokでっせ」  今日は、いつになくシャキッとしている室温計も額にねじり鉢巻きを巻いて、銀色の鎧を着て、銀色のメンボーを持っていた。 「じゃあ、やろう」  部屋中に甘酸っぱい香りが充満してきた。その香りで鼻が利かなくなるほどである。センプーキに手伝ってもらいながら、香りを拡散させる。  ジャムづくりの基本は、温度と焦げ付かないように混ぜ続けることである。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 婚約破棄で終わらない!策謀家王子と腕力家公爵令嬢 チートな二人のそれからはじまる物語り

    流行りを全部入りにしたら、なんか違う。

    3,700

    5


    2022年5月18日更新

    北の王国グランダの王太子ハルトは、舞踏会の会場で許嫁の公爵令嬢フィオリナに婚約破棄をやらかした! テンプレ通りにことが運ぶと思いきや。 クローディア公爵家令嬢フィオリナ 「なるほど、王室の真の目的は、ハルトの廃嫡ですか。ならば、クローディア公爵家も武力をもってたつしかありませんね。」 魔道院の妖怪じじい 「ハルトよ、すべてを捨てて我の元に来るが良い。ともに魔道の極みを目指そうぞ。」 ??? 「迷宮の最奥に潜むもの。その力を我が手にするために、ハルト王子の命は頂戴します。」 迷宮の最奥に潜むもの 「何ものだ? 千年の眠りから我を目覚めさせようとするものは。」 勇者 「なら、ぼくの出番だよね。」 みんなやめてええええええっ!! 婚約破棄からはじまったグランダの後継者争いは、冒険者ギルドに、魔道院、剣聖、神獣、英雄、勇者までも巻き込んで。 まったくざまあのない婚約破棄の物語。 カクヨム、アルファポリスにも投稿してます。ー

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間37分

    この作品を読む

  • 異世界音楽成り上がり ーその世界の人は『一切の例外なく全員』、音楽を聴くだけで俺のことを好きになったー

    開始6話で成り上がる異世界音楽ファンタジ

    4,500

    50


    2022年5月18日更新

    ・開始6話で成り上がる、異世界音楽ファンタジー ・音楽の存在しない世界で、音楽を広めて成り上がる ・『一切の例外なく全員』が、主人公を好きになる ーあらすじー 家に引きこもり、楽器ばかり弾いていたサクライ・ミナト20歳。 唯一の家族だったギタリストの祖父が死に、ミナトは祖父の形見であるクラシックギターを片手に自殺を図る。 ……その瞬間、ミナトは、ギターと共に『音楽が存在しない』異世界に召喚された。 最初は典型的な異世界チート主人公になれるかと期待したミナト。 しかし冒険者ギルドでは何のスキルの才能も無いと言われ…… 魔法は使うのが非常に難しく、身体も強くなったわけではない。 「想像してたのとは全く違う異世界。どうやらこの物語の主人公は俺ではないらしい。」 ミナトはその事実に落ち込むものの…… 「むしろ気楽でいい」「現実はこんなものだ」と、何気なくギターを演奏する。 この時、ミナトはこの世界の人にとって音楽がどんな意味を持つのか理解する。 麻薬のような感動は、”一切の例外なく全世界の人”が防御できない攻撃。 理性を飛ばす興奮は、そこにいる誰も経験したことの無い新たな欲求。 初めて音楽を聴いた衝撃に、誰もがミナトに恋をした。 この世界には、ミナトを好きな人しか存在しない。 開始から5話で成り上がり、世界を音楽で満たす優しい異世界音楽ファンタジー。 ※無双展開はありますが、主題は無双ではありません

    読了目安時間:1時間5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る