「裏の畑には「モンスター果樹園」がある。」(仮) 

読了目安時間:2分

エピソード:14 / 27

第14話 王様とホワイトホーン

 朝から来客があった。  ダーク王がお忍びで来たのだ。クラウ、ミミの案内で。 「隠れている住民たちも出てくるといい。私は何もしない。約束しよう」 「分かった。声はかけてみるが、姿を現すかどうかは彼らの判断に任せてもらいたい」  最初に姿を現したのは化け犬ジョンとチロであった。次いで化け猫ミルが恐る恐る姿を現した。 「ほぅ。これはこれは立派な化け犬と化け猫だね。しかも個体種とみえるが……」  本当に何もしなかった。そればかりか、なんとお礼を言ってきた。 「個体種を守ってくれてありがとう」 「姿を見せてくれてありがとう」  最初にこの島を教えてくれたのは、クウ師匠だった。ミミがお師匠様と呼ぶ人である。「隠れ家には最適よ」というお墨付き。魔法都市ムーンの近くにありながら、いつも霧に覆われていて、晴れたためしがない。島には「ゲンエイ」という名前がついていた。  昼、[おうさま]から伝書が届く。それには「個体種が狙われないようにするために、市民権を与える」と書いてあった。  嬉しいが、複雑である。  ――そうそう、間一髪のところにミミがピンポイントでゲートを出せた理由が判明した。住んでいる島は、昔、トレハンのポイントだったようだ。その時にあちらこちらで位置記憶術にて記憶石に記憶していたらしい。その数を聞いてびっくりした。20個も作っておいたようで。  手紙も入っていた。  王様が飼っているヘルキャットが最近、元気がないようだ。原因不明なので助けてほしい、とのこと。    市民権のお礼も兼ねて、王城へ行った。   ヘルキャットの容体は深刻なものだった。猫語が分かるかもという理由で、化け猫ミルを連れて行って正解だった。  ミルによると「かなりさみしがっていた」らしい。ミルが聞き出した事をまとめ、王様に報告した後に帰ってきた。  ――仲間や家族と離れ離れでは、さみしかろう。  夜。帰宅後、しみじみとつぶやいた。 「仲間……、か」  戸棚から手のひらサイズの純白のほら貝を取り出してみた。それにそっと耳に近づけるが、今は何も聞こえない。 「それ、なぁにー?」 「ホワイトホーンだよ。まだ、駆け出しのころに、ある人からもらったものなんだ」 「たからもの?」 「そうだねぇ。思い出のアイテムかな」  昔の仲間に連絡を取りたいと思った。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【台本】 帆をあげろ!!

    海と人魚と時と共に…

    0

    0


    日時集計中

    「声劇ライブ配信アプリ ボイコネ」からの転載です。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 魔法戦士ギン

    初投稿です。不定期更新になるとは思います

    946,407

    998


    2022年5月18日更新

    今回、初投稿になります。魔法戦士ギンは持ち前の魔法剣の腕を生かして、ギルドにて魔物討伐や犯罪者・ならず者捕縛の仕事を請け負う稼業をしていましたが、大きな事件に遭遇し、世界を飲み込む戦いに巻き込まれていきます。ちなみに主人公は転生も転移もしていないその世界生まれの主人公なのでよろしくお願いします。 ※この作品は小説家になろうさん、アルファポリスさん、エブリスタさんでも公開しています

    読了目安時間:19時間32分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幼神はまだ夜明けを知らない

    前世の謎が解き明かされていく転生ものです

    414,800

    4,037


    2022年5月13日更新

    ▼ 物語の詳細なあらすじ ▼ 地球のゾンビが、異世界に『勇者召喚』された。 その事実を女神ククリアから聞かされた、主人公の御崎成哉(おざきせいや)。 ゾンビとの死闘で噛まれて自害し、女神のいる空間へと呼び出された彼は、事件における関係者だった。 未知のウイルスを地球上に拡散させたとされる犯人は、彼の父親だったのだ。 大嫌いな父の代わりに異世界でのゾンビ退治を頼まれてしまい、難色を示す成哉。 そんな彼に、ククリアは「これで君の未練を解消できる」と告げる。 被害の拡大を防ぐため。 自身の未練を解消するためにも、転生先でのゾンビ退治を請け負うことに。 しかし能力を貰う直前、何者かの妨害が発生。 貴族の一人息子・ウェスティンとしての人生は、早くもハードモードで……? 転生者たちの力によって、均衡(きんこう)が保たれてきた世界・ヴァルアネス。 そのなかでも史上初の『最弱の幼児勇者』として旅立つ羽目になってしまった主人公が、仲間を集め、今度こそ世界滅亡の危機に立ち向かう。 ゾンビ召喚の地・モルダットを目指す中で見えてくる、陰謀と復讐。 やがて彼は、父の真実へとたどり着き――……。 これは多くの希望と、願いによって育まれる物語。 〈2022/05/13 完結〉 ▼ お知らせ ▼ 03/03~ 今後の展開の都合上、1・2話ほどセンシティブな表現・描写が入るため、レイティング「性的表現あり」を加えました。 ※一部にホラー描写・性的描写(主に終盤)が含まれます。 ※この作品は小説家になろう・エブリスタにも掲載しています

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間42分

    この作品を読む

  • 天下無敵の女神様

    第4話から安藤与一が復帰します

    90,707

    3,416


    2022年5月17日更新

    安藤与一。今殺人罪で尼崎刑務所に服役中だ。刑務所内で作品を投稿する。 第2話から与一はサビーニンに生まれ変わり、西シベリアでサバイバル生活を 送ることになります。第3話からは軍神タギタイが主人公となり、大航海時代 を生き抜きます。第4話からは安藤与一が戻ります。乞うご期待。

    読了目安時間:20時間23分

    この作品を読む