詩/短歌 短編 完結済

A

作者からの一言コメント

パソコンで読まないと駄目なやつです。

零れ落ちる。

前へ

次へ

  • 文字列から零れ落ちる命の暗号
  • 投稿日2020/7/23 20:27 文字数806文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 A
作者名 星雪鳥ノ
ジャンル 詩/短歌
タグ 遺伝子 DNA おあそび 塩基
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月23日 20時27分
最終投稿日 2020年7月23日 20時54分
文字数 806文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 田舎民宿の三姉妹ストーリー

    ♡67,300

    〇1,050

    現代/青春ドラマ・連載中・55話・120,925字 ろうでい

    2020年11月24日更新

    ― この民宿は、日本のどこかで今日もひっそりと、のほほんと、営業しております。 山奥……というほどでもないけれど、山の村にポツンと営業している民宿『ヤマガミ』。 その民宿の三姉妹の長女 山賀美 柚子 を中心とした、家族の物語。 特に何かがあるわけではないけれど、田舎の暮らしって時に、色々起きるもの。 今日も、笑顔いっぱいで、お客様をお迎え致しますっ! ※一話につき七分割しています。毎日投稿しますので、一週間で一話が終わるくらいのペースです。 ※この物語はフィクション……ですが、この民宿は作者の親戚の民宿で、日本のどこかに存在していたりします。 ※この小説は他サイトと重複投稿を行っております。

  • 2020年11月23日更新

    平和な島で暮らす衣織(いおり)は十六歳の少年で、親をなくして紫暮(しぐれ)一家の家に引き取られて暮らしている。 外の世界では魔物が入り混じった黒頭巾の軍団が無慈悲な殺戮を繰り返しているという。 ある日、島に例の軍団が攻めて来て、島民は惨殺される。 傷を負った衣織は気が付くと仙人の住む仙洞にいた。 美しい仙人に介抱された衣織は仙人に弟子入りして剣技や秘儀を授けられながら、そこでしばらく日々を過ごした。 ある日、仙洞の宝物庫で剣が呼ぶ声がして、いわくつきの剣の主になった衣織は都で暴れているという憎い敵を討つために旅に出る。 ※R18には今のところなっていないのでフェアに参加します。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る