異世界ファンタジー 長編 連載中

アルカサール憲兵記~灰色の正義~

作者からの一言コメント

子供化憲兵26歳、意地と誇りを懸け戦う

四年前のとある任務の失敗で子供化(10歳)し、魔力も激減してしまった元天才魔術師エフェルローン(実年齢26歳)。 「国民のお荷物」と馬鹿にされながらも、たった一人の家族である姉を養うために任務を淡々とこなす日々。 そんなある日、エフェルローンは上官から二つのものを押し付けられる。 一つは、魔術に関連した殺人事件の捜査。 そして、もう一つは新米憲兵魔術師ルイーズ・ジュペリの教育係としての任務。 事件捜査はともかく、教育係の任務は業務オーバーを盾に断るものの、上官に押し切られてしまう。 不本意ながらも共に捜査を開始するエフェルローンとルイーズ。 だが、捜査を始めると同時に不可解な出来事が次々と二人を襲う。 組織的捜査妨害、権力からの圧力、仲間からの嫌がらせetc…。 それでも、己が信じる正義のみを武器に事件の真相へと突き進む。 他に、元憲兵魔術師で現遺留品管理官の気弱な後輩ダニーを加え、三人は過去に張り巡らされた残酷な陰謀に命懸けで立ち向かって行く。 この物語は、欠点だらけの三人の憲兵が事件をきっかけに自分の欠点と向き合い成長していく、ファンタジー・ミステリーです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 アルカサール憲兵記~灰色の正義~
作者名 藤宮風音
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 男主人公 騎士 魔術師 魔法 恋愛 シリアス ハイファンタジー
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年2月23日 9時59分
最終投稿日 2021年2月28日 9時42分
完結日 -
文字数 71,231文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ファンタジーのガワをかぶったSFです

    ♡1,408,750

    〇7,180

    SF・連載中・387話・1,453,036字 けっき

    2021年2月28日更新

    謎の誘拐犯に拉致された翌日、王女ルディアは自分をさらった賊の一味、剣士ブルーノと入れ替わっていた。 地位も権力も失うわ、乗っ取られた身体で初夜を済まされるわ、散々なことだらけ。おまけに「ブルーノ」として所属する防衛隊は左遷で国外へ。 持ち前の愛国心と根性でルディアは肉体の奪還を目指すけれど……!? 謎が謎呼ぶ異色SFファンタジー! ■毎日更新中! ■28000PV感謝です! ■日間総合1位、年間SFジャンル5位、年間総合49位など達成!(2021/02/18時点) ■感想やレビューや応援いつもありがとうございます!! 初見の方も大歓迎です!! 序盤の情報量多めですが、流して読んでもだんだん頭に入る作りになっています~! タフな主人公の頑張りを追いかけていただければ幸いです! (イラスト/渡太一さん) 孫野ウラさんに二次創作短編「海石」をいただきました!(https://novelup.plus/story/695115744)

  • あなたの普通って何ですか?

    ♡94,400

    〇1,350

    現代/その他ファンタジー・完結済・44話・144,998字 昆布茶

    2021年2月28日更新

    この世界には魂と心から発生するとされている、摩訶不思議なエネルギー、魂心力(こんしんりょく)というモノが存在している。魂心力〈こんしんりょく〉を使って戦う者たちは、魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉と呼ばれ、主に超常の異形などの怪異や、悪鬼となった魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉などを倒すため世界の裏側で戦っているのだ。 しかし未だ魂心力(こんしんりょく)のすべてを解明できているわけではない。 魂と心とは簡単に解明できるモノでもないし、仮に解き明かしたときにそれがどのように世界を変革させるかは誰も想像出来ていない。 されど、この世界の人々は戦う。超常の異形や怪異などに人々の安息を壊すことなどは許さないし、許していいわけがないのだ。 そんな中、一人の魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉に子供が生まれようとしていた。 今、生まれようとしている赤子のいた世界と限りなく近く、限りなく遠い世界。それがこの世界のおおまかな概要である。 その世界に落とされた赤子の前世は普通になりきれなかった男。 普通になりきれない男のチンケな泥だらけの戦いの軌跡がこの物語である。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 全てを失った少女は、運命の少女と出会う。

    ♡1,500

    〇80

    異世界ファンタジー・連載中・33話・143,230字 遠坂遥

    2021年2月28日更新

    左腕と左足が義肢の少女、シーラ・リリーホワイトは逃亡者だ。彼女はあることが原因で王都ロンダードから脱出し、独り夜の草原を彷徨っていた。 そんな時、彼女は一人の少女、羽岡あおいと出会う。あおいは琥珀色の髪と瞳が特徴的な美少女で、どうやらここではない別の場所からやって来たらしかった。 するとそんな彼女らに追手が迫る。もはやこれまでと諦めかけるシーラ。だがそんな彼女を守る為立ち上がったのは、他でもないあおいだった。 ――これより、私はあなたの騎士です。あなたを泣かせる者は私が何人たりとも許しません。 あおいはシーラにそう宣言し、敢然と追手に立ち向かう……。 これは、ある目的の為に旅をしている少女とその琥珀色の騎士たちの物語。 過酷な旅の中で、二人は徐々に心を通わせていく。 果たしてシーラ達は、無事に目的を果たすことができるのだろうか? ※イラストはアクア様作です。

  • 時代遅れなエピックファンタジーです

    ♡18,700

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・200話・297,862字 海乃 眞

    2021年2月28日更新

    戦い破れ故郷を亡くした男は奴隷となり、海を渡る。 辿り着いた西の果てルーサ砂漠で男は一人の人物と出会う。 イルドゥシア大陸、ルーサ砂漠地帯を舞台に繰り広げられる戦いの記録。 砂漠の民ロタン、西の獅子と呼ばれた男の後継は、まだ若い一人の娘だった。 砂漠の地で、アーシェラはある一人の男と出会う。 男の名はレオン・ブレイド、黄色い髪の異国の青年との出逢い、物語はここから始まる。