恋愛/ラブコメ 短編 完結済

サトラレ少女とツンデレ少女

作者からの一言コメント

からかい百合

思ったことが相手に伝わってしまう少女サトと素直になれない少女レンのお話。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 サトラレ少女とツンデレ少女
作者名 初瀬四季
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 百合フェア2020 コメディ ほのぼの 女主人公 現代日本 日常 百合 ハッピーエンド サトラレ ツンデレ 弁当 金髪 ツインテール 白髪 赤目
セルフレイティング 暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年3月7日 0時00分
最終投稿日 2020年3月7日 0時00分
完結日 2020年3月7日 0時00分
文字数 1,207文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡515,500

    〇3,308

    SF・連載中・84話・478,673字 新星

    2021年1月17日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 最強やチーレム、悪役令嬢を断罪する!

    ♡197,000

    〇12,870

    異世界ファンタジー・連載中・10話・47,567字 おむすびころりん丸

    2021年1月18日更新

    転生しただけで即最強…… 女性キャラは無条件に惚れていく…… そんな理不尽転生者、ナローシュ達を断罪する。 コメディタッチの異世界ファンタジー! ⭐️一話に多くの自作挿絵を利用してます。ラノベやノベルゲーム好きな方にはお勧め! ⭐️各話の最後に女性キャラのサービスショット付! ※第一話からです。 ⭐️挿絵掲載はノベルアッププラスのみ! ※カクヨムにも挿絵無しで掲載しております ※挿絵は全て、フリー素材や二次利用可能なツールを使って作った自作のものです。 表紙や挿絵など作成希望の方はお気軽にご連絡ください。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • メイドが好きな主人公

    ♡600

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・24話・62,922字 七味 こう

    2021年1月18日更新

    主人公湯峰風磨(ゆみねふうま)が恋をしたのは湊明学園1の美少女神鹿杜灯華(かみかどとうか)の専属メイド帯刀瑠羽(おびなたるう)であった。 帯刀さんに近づくためには、高根の花の神鹿杜さんと関わることが一番手っ取り早いと閃いた湯峰は、彼女が所属している謎多き組織『湊明ロータリー』で一緒に活動をしていこうと決意。湯峰はその組織に入れるように試練を乗り越えて学園をより良くするため活動を始める。 スイーツが好きで何かと甘い神鹿杜さんと、いつも無表情で落とすのにはあまくないメイドとのラブコメ。 試練編は短編作品です。その後は長めの章を制作中。

  • この瞬間だけ高校生

    ♡0

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・2話・7,148字 はないちりん

    2021年1月18日更新

    入学式に出会った上級生に、隆一は恋をした。 見ているだけでよかったのに再会のチャンスが訪れて、期待に胸を膨らませていたのにあのひとはまるで別人のよう。おまけにつきあっているひとまでいた! そっけなくされても無視されても、それでも好きは止まらない。 一途な隆一の恋の行方は――。