連載中 長編

記憶探偵と忘却のマリア

作者からの一言コメント

記憶を探す探偵の中二×ハードボイルド

――いきなりの報告で悪いけど、東京は死にました。 2025年、東京。 『記憶の大渦巻(メモリシュトローム)』によって大量の記憶喪失者が生まれた都市には、 記憶喪失者ゆかりの品物を探す無法者『記憶探偵(メモライザー)』が彷徨っている。 『記憶探偵』雅楽川(うたがわ)シキもそのひとりだった。 シキは東京のとあるネットカフェを拠点に仕事をしていたが、その中でひとりの記憶喪失の少女と出会う。 ナユ、と名付けられた記憶喪失の少女はシキに無垢な愛を与え、暴力に染まったシキの心を解きほぐしていく。 しかし、ナユの記憶を調べていくことでその平和な日常は次第にほころびを見せていくのだった。 ――これは記憶喪失の少女ナユと、『記憶探偵』シキの、真実の愛を探す物語。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
記憶探偵と忘却のマリア
作者名
はいじま
セルフレイティング
残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日
2020年5月23日 11時48分
最終投稿日
2020年5月24日 16時49分
文字数
11,757文字
ブックマーク登録
5件
コメント/スタンプ
7件
応援ポイント
3,100pt
ノベラポイント
0pt
応援レビュー
0件
誤字報告
受け付けています