現代/その他ファンタジー 長編 連載中

記憶探偵と忘却のマリア

作者からの一言コメント

記憶を探す探偵の中二×ハードボイルド

――いきなりの報告で悪いけど、東京は死にました。 2025年、東京。 『記憶の大渦巻(メモリシュトローム)』によって大量の記憶喪失者が生まれた都市には、 記憶喪失者ゆかりの品物を探す無法者『記憶探偵(メモライザー)』が彷徨っている。 『記憶探偵』雅楽川(うたがわ)シキもそのひとりだった。 シキは東京のとあるネットカフェを拠点に仕事をしていたが、その中でひとりの記憶喪失の少女と出会う。 ナユ、と名付けられた記憶喪失の少女はシキに無垢な愛を与え、暴力に染まったシキの心を解きほぐしていく。 しかし、ナユの記憶を調べていくことでその平和な日常は次第にほころびを見せていくのだった。 ――これは記憶喪失の少女ナユと、『記憶探偵』シキの、真実の愛を探す物語。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 記憶探偵と忘却のマリア
作者名 はいじま
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス ダーク アクション/バトル 男主人公 現代日本
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月23日 11時48分
最終投稿日 2020年5月25日 15時01分
完結日 -
文字数 13,743文字
ブックマーク登録 5件
コメント 0件
スタンプ 7件
ビビッと 0件
応援ポイント 3,100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 転生の前に広がる、狭間の世界へようこそ。

    ♡393,627

    〇4,273

    異世界ファンタジー・連載中・44話・114,355字 南方 華(みなかた はる)

    2020年12月23日更新

    少年が目を開けると、そこは、薄暗く狭い「棺」の中だった。 身体を起こすと、白髪に赤い瞳の少女「テンシ」が隣に座り、にこにこと微笑んでいた。 彼女は言う。 「ここは突然の事故や病気などで、不幸にも命を落とした方が稀に流れ着く先であり、再び転生する為の様々な準備が出来る、死と生の狭間にある世界なんです」と。 悲しい死の後に横たわる狭間の世界で、少年と少女は出会い、新たなる生へ向け、不思議な日々を過ごしていく。

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡1,024,600

    〇13,780

    異世界ファンタジー・連載中・183話・847,932字 普門院 ひかる

    2021年2月26日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2021/1/14、1/22、1/27、2/18 部門別日間ランキング1位)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る