記憶探偵と忘却のマリア

序章

プロローグ

目が覚めると、そこは楽園だった。 つめたい東京の冬とはちがって、あたたかな春の日差しが背の高い木々の隙間から漏れ出している。 小鳥のさえずりが聞こえる。 空間を彩るように、古今東西の果実が木々から姿を見せている。 少女の柔肌のように表面についた露をはじく飴色の果実や、女性の肢体のようにくびれた青い果実、ほかにも。 そののどかさだけでも幸福を感じられる空間なのに、なにより俺を幸せに思わせたのは、目覚めた俺の眼前にあるナユの存在だった。 横たわった俺を抱きかかえているナユは、俺が目覚めたのを見て、目を丸くして驚き、それからほどなくして言う。 「起きたんだね、シキ。わたし、待ってたよ」 「ナユ……」 俺は彼女の薄紅色の頬にそっとふれる。 たったそれだけで彼女の生を実感すると同時に、彼女のベージュの髪がふわりと風に舞って、ナユのあどけない微笑みは太陽みたいなまぶしさを湛える。 彼女の慈愛に満ちた表情は、俺の心のなかにある暗澹とした感情を浄化した。 ふたりの望んだ幸せな空間、それがここ——楽園だった。 ナユはそのちいさな身体で俺を抱きかかえたまま、重いだろうにそのままの姿勢で語る。 「ねぇ、シキ……わたしたちが出会った日のこと、おぼえてる?」 「ああ、もちろん。ちゃんと覚えてるよ」 「じゃあ、話して聞かせて。わたしもう、ぜったいに忘れないから」 「言われなくても、そうするよ」 「ありがとう、シキ」 そうして俺は、ナユと出会った日のことを語り出す。 あの日の出来事を、俺たちは一生記憶(メモライズ)しつづけなくてはならない。 これからずっと、ふたりで歩み続けるために。 俺たちの原罪を、ぜったいに忘れないために。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 雁のたよりまゐらせ候

    ♡55,000

    〇2,000

    エッセイ/評論/コラム・連載中・56話 夜霧醒客

    2020年7月2日更新

    #RTした人の小説を読みにいく という企画を安直でやったところ、100を越えるRTや依頼が来てしまい、引くに引けなくなってしまいました。 元々こういう批評レビューをやってみたかったので、いい機会と思い、来た作品を切捨て御免、マシュごめんする事にしました。 本作はTwitterの発言を加筆・改稿したものです。 妄言・戯言ご容赦。 ※注意※ 文字数の大小に基本的に差異はありません。誤差の範囲です。引用などすると長くなることがあるので、それで文字数が増えている事がありますが、別に贔屓しているというわけではありません。基本的にすべて目を通して評しております。 ※注意その2※ 読み切れないもの、如何にしても批評できないもの(一度やってしまいましたが宗教関係などでは当方の信条もあるのでスルーの可能性があります)、紹介してほしい作品をテンプレ的に送っているなどの理由で、選考から除外していることがあります。あまりに長い作品は読み切れないので、なるたけ短編にしてください。

  • 非デスゲーム、非陰謀、初心者が挑む

    ♡2,300

    〇50

    SF・連載中・2話 雨森あお

    2020年7月2日更新

    「そもそも俺はゲエム自体したことがない」 クラスの女の子と話をしたこともない真面目一徹お堅い高校生・流人(リュート)。彼はゲームそのものをやったことがない絶滅危惧種。 ある日、親友からゲームの話をもちかけられた時、 「あなたたちもやるの?」 と学校一の美少女が話しかけてきた。 リュートは気になるあの娘がゲーム好きだとわかり、フルダイブ型VRMMO新作の抽選販売に申し込む。 抽選に当たり、ログインした『TheAncientScrollsGreatestWould(ジ・エンシェント・スクロールズ・グレイテスト・ワールド)』は思っていたよりも自由な場所で大変すぎ。キャラメイクでさっそく一悶着。レア種族『竜人』とハイエルフとダークエルフのクォーターという謎のアバターで挑む羽目に。さらに追い打ちをかけるようなチュートリアルなし、鬼難易度でスタート地点から進めず心が折れかける。 しかし、自由ならば全部やるまで、とセオリーにない行動を始めるリュート。 スキルレベルアップ、ハウジング、風雲〇〇〇城とどんどんエスカレートしていき…… 初心者のムチャクチャなプレイに振り回されるプレイヤーたちはいつしか彼を『魔王』と呼んだ——— ※バトル成分は薄め ※生産系シーンあり ※たまに掲示板挟む 【不定期更新】【自分がこういうゲームやりたいっていう】

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る