序章

プロローグ

目が覚めると、そこは楽園だった。 つめたい東京の冬とはちがって、あたたかな春の日差しが背の高い木々の隙間から漏れ出している。 小鳥のさえずりが聞こえる。 空間を彩るように、古今東西の果実が木々から姿を見せている。 少女の柔肌のように表面についた露をはじく飴色の果実や、女性の肢体のようにくびれた青い果実、ほかにも。 そののどかさだけでも幸福を感じられる空間なのに、なにより俺を幸せに思わせたのは、目覚めた俺の眼前にあるナユの存在だった。 横たわった俺を抱きかかえているナユは、俺が目覚めたのを見て、目を丸くして驚き、それからほどなくして言う。 「起きたんだね、シキ。わたし、待ってたよ」 「ナユ……」 俺は彼女の薄紅色の頬にそっとふれる。 たったそれだけで彼女の生を実感すると同時に、彼女のベージュの髪がふわりと風に舞って、ナユのあどけない微笑みは太陽みたいなまぶしさを湛える。 彼女の慈愛に満ちた表情は、俺の心のなかにある暗澹とした感情を浄化した。 ふたりの望んだ幸せな空間、それがここ——楽園だった。 ナユはそのちいさな身体で俺を抱きかかえたまま、重いだろうにそのままの姿勢で語る。 「ねぇ、シキ……わたしたちが出会った日のこと、おぼえてる?」 「ああ、もちろん。ちゃんと覚えてるよ」 「じゃあ、話して聞かせて。わたしもう、ぜったいに忘れないから」 「言われなくても、そうするよ」 「ありがとう、シキ」 そうして俺は、ナユと出会った日のことを語り出す。 あの日の出来事を、俺たちは一生記憶(メモライズ)しつづけなくてはならない。 これからずっと、ふたりで歩み続けるために。 俺たちの原罪を、ぜったいに忘れないために。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 思い付きで書くので、気まぐれです。

    ♡2,900

    〇50

    詩/短歌・連載中・4話・3,048字 ぷりん頭

    2021年1月27日更新

    不意に思ったことを即興でストーリー性あるものに、忘れないうちに書き殴る。 完全ぷりん頭の自己満足の作品となっております。 サラッと読めるように短めになっていますので、好きだなって思ったらぜひコメント、スタンプお願いします。 とりあえずぷりんが食べたい。

  • かわいそうなやつです

    ♡37,650

    二次創作・連載中・11話・40,204字 春雨 蛙

    2021年1月23日更新

    死刑囚のクリスは、女王アルドラが敗れた混乱に乗じてガイノス城の地下牢から脱獄した。 道中で持ち主を失っていたリビングウェポンのフニクラと契約したクリスは、労せず強大な力を手にした。 「どうせ死ぬんだから好き放題ヤッてやろうじゃねえか」 「せいぜい俺を楽しませてくれよ、美闘士様よぅ!」 人を人とも思わない無頼者クリスの宴が始まるのだった。 ※美闘士達がかわいそうな目に遭います。ご注意ください。原作を知らなくても楽しめる話を心掛けております。かわいそうじゃない話をお望みの方は『鋼鉄姫は儲けたい!』をご覧ください。https://novelup.plus/story/996174922

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 今作でガーデンは終わる予定…です。

    ♡850

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・120話・255,802字 さんまぐ

    2021年1月27日更新

    ある日、サルディニスにあるシィアの国で目覚めた記憶をなくした少年テッド。 彼には物凄い数の才能、そして強さがあった。 自身が何者なのか、何故自分には才能があるのかそれを聞く為にテッドは半神半人の女神に会う。 《ノベルアップ+と小説家になろうとカクヨムの多重投稿です》 ※本編完結部分までは書ききっておりますのでご安心してお読みください。 ※おまけ部分が非常に長く現在鋭意製作中です。

  • 人間が嫌いな、全ての人に届けたい。

    ♡7,000

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・65話・139,099字 兎蛍

    2021年1月27日更新

    小説家志望で高校2年生の南雲夏夜(なぐもかや)は、学校の近くの山に雪女がいるという噂を聞かされ、真偽を確かめるためその山に向かった。そこで出会ったのは謎の少女だった―――― 現代を舞台に、日常と非日常が混ざりあう中で「人間」が織りなすファンタジー。 小説家志望の女子高生、南雲夏夜と、記憶喪失の医者、夜拆御影(よひらみかげ)のダブル主人公でお送りします。 「翡翠の屋敷で変人(きみたち)と」、よろしくお願いします。序盤で「あ、これ無理」ってならなかったら第一章の終わりまで読んでいただけると幸いです。 感想とかいただけたらとても嬉しいです。 表紙は自分で描きました。