記憶探偵と忘却のマリア

第一章 名前のない少女

或る浮浪者の報告

いきなりの報告で悪いけど、東京は死にました。 なんでも、五年前に『記憶の大渦巻(メモリシュトローム)』が都内全域で群発したらしく、『記憶喪失者』が大量に生まれたらしい。 『記憶の大渦巻』は発生原因すらよくわかってないけれど、巻き込まれたひとは記憶喪失になる災害で、さいきん先進国を中心にして多発している怪現象みたいなんだよ。 当然、記憶をなくしたひとたちは家に帰ることができず、ひどい場合は名前も思い出すことができずに町を放浪することになる。 治安は悪くなる一方だ。被害者になるケースや加害者になるケースを問わず犯罪も多発。 こりゃ困ったな〜。 なんて、みーんな四苦八苦してる。もちろん、おいらもね。 記憶を取り戻す方法もあるっちゃあるんだけど、それには大病院で治療を受けないといけないらしい。 治すには多額の費用と家族のサポート、あと記憶を取り戻すための思い出の物品が必要とかで、当然、そんな充実した環境におかれた記憶喪失者はまれだから、ふつうの記憶喪失者は法外に記憶を取り戻すための医療()行為をしている『記憶探偵(メモライザー)』ってやつを雇う。 軽度の記憶喪失者なら、スマホとかの使い方は覚えてて、自分の記憶がなくなってるってことに気付くから、みずから依頼することもあるらしい。 だけど探偵のやつらはそのへん目ざとくて、スマホや自販機の使い方も覚えてない、電車の乗り方も忘れたみたいな—— そういう、自分が記憶を失っていることにすら気がつかない、重度の患者に対しても勝手に契約を取り付けて、法外な金額を要求してるらしい。 悪いやつらだよね、探偵って。 だけど、それで救済されているひとたちもいるみたいで、現状は野放しにされているってわけ。 警察もどっちかというと、記憶喪失者たちの引き起こす犯罪を取り締まるので精いっぱいみたいだし、警察の内部にも運悪く『記憶の大渦巻』に巻き込まれたひとが多数いるらしくて、そもそも『探偵』の違法行為に人員を割くことができないっぽいんだよね。 ——っていうのが記憶喪失になったばかりのきみに対するアドバイス。 この情報、五千円くらいかな。 とうぜんきみの財布のなかにもそのくらいは入ってるよね? よしよし、一万円札しかないみたいだし、これで勘弁しようじゃないか。 え、高いって? やだなぁ、安いもんだよこのくらい。 いまの東京では、情報と記憶は何より高いんだからね。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 熱血全力、ラブ・スペースオペラです!

    ♡346,450

    〇50,740

    SF・連載中・366話 呑竜

    2020年6月28日更新

    多元世界を駆け巡る冒険者になりたかった。 ついでに可愛い女の子と仲良くなれたら最高だなと思ってた。 その夢はどちらも叶った。 ひょんなことから少年は、多元世界すべてを揺るがすような大事変に巻き込まれる。 相棒は妻であるのじゃ系ロリ巫女と、奴隷であるツンデレ眼鏡っ娘と剣道女子。 他にもネコ耳少女やら金髪ボクっ娘やら褐色ネイティブ娘やらレズっ娘メイドやら無口系銀髪っ娘やら、とにかくたくさんの女の子が彼の周りには集ってきて……あ、あれ? ちょっと多すぎない? 「ええーい、こうなりゃヤケだ! 魔女っ娘でも姫騎士でも悪の組織の女幹部でもなんでもいいぞ! ニッチな層もオールカヴァーだ! とにかくどんどん来い! 全員俺が面倒見てやる!」 来る者拒まずのハーレムキングが会社経営やら世界滅亡の危機やらに挑む、全力全開ラブ・スペースオペラ、開幕です! ※この作品には以下のような成分が含まれています。 ・熱血暴走系主人公(極度の女たらし)。 ・濃すぎる武術描写(序盤は薄め。徐々にむせ返るほど濃くなっていきます)。 ・超献身的なヒロインズによる、主人公への全力全開大告白(円満ハーレムを目指します)。 ・フォースみたいな技も使えるようになります。 ・ちょいちょいシリアス成分もありますが、最後はウルトラハッピーエンドです。

  • 非デスゲーム、非陰謀、初心者が挑む

    ♡2,300

    〇50

    SF・連載中・2話 雨森あお

    2020年7月2日更新

    「そもそも俺はゲエム自体したことがない」 クラスの女の子と話をしたこともない真面目一徹お堅い高校生・流人(リュート)。彼はゲームそのものをやったことがない絶滅危惧種。 ある日、親友からゲームの話をもちかけられた時、 「あなたたちもやるの?」 と学校一の美少女が話しかけてきた。 リュートは気になるあの娘がゲーム好きだとわかり、フルダイブ型VRMMO新作の抽選販売に申し込む。 抽選に当たり、ログインした『TheAncientScrollsGreatestWould(ジ・エンシェント・スクロールズ・グレイテスト・ワールド)』は思っていたよりも自由な場所で大変すぎ。キャラメイクでさっそく一悶着。レア種族『竜人』とハイエルフとダークエルフのクォーターという謎のアバターで挑む羽目に。さらに追い打ちをかけるようなチュートリアルなし、鬼難易度でスタート地点から進めず心が折れかける。 しかし、自由ならば全部やるまで、とセオリーにない行動を始めるリュート。 スキルレベルアップ、ハウジング、風雲〇〇〇城とどんどんエスカレートしていき…… 初心者のムチャクチャなプレイに振り回されるプレイヤーたちはいつしか彼を『魔王』と呼んだ——— ※バトル成分は薄め ※生産系シーンあり ※たまに掲示板挟む 【不定期更新】【自分がこういうゲームやりたいっていう】

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る