ペルソナ アナグラム2

読了目安時間:4分

エピソード:10 / 15

乗客・中

「あれ? ヴァイオリンがおらへん」  レストランに集まった人々を眺めていた紫苑が、キノコのテリーヌを嚥下して僅かに首を傾げた。その言葉に、櫻子と篠原は彼らに視線を向けた。  女優の沖田とその付き人の東海林は、テラス席に座っている。その横には、グルメ評論家のぽっちゃりとした松下が一人で座った。カメラマンの田中とフリージャーナリストの松崎は、二人揃って沖田より奥の席に座った。指揮者の遠野とチェロの一村は、一度はテラス席に向かおうとして、しかし日差しがきつかったのか櫻子達の方に戻ってきた。 「隣、よろしいですか?」 「ええ、是非」  一村が櫻子に尋ねる。櫻子が笑顔でそう返すと遠野が黙ったまま三人に小さく頷き、二人は向かい合って櫻子達の隣の席に着いた。レストランのスタッフたちが、忙しそうに動き始める。  豊島クルーズ会社スタッフと部屋にいると言っていた凛良と高畠以外、ヴァイオリンの牧村以外の乗客がここに揃っていた。 「あの、牧村さんはいらっしゃらないんですか?」  櫻子が一村にそう声をかけると、彼は困った顔をして頭を掻いた。 「ええ、声はかけたんですが返事がなくて……仮眠してるのかもしれません」 「そうですか」  そこにウエイターがやってきて、会話は終わった。    最後のデザートの、「ティラミス乗せコーヒーゼリー」を食べ終えてレストランを後にしようとしたとき、ようやく牧村が姿を見せた。彼は遠野に軽く頭を下げて、離れた席に腰を下ろした。 「お先に失礼します」  櫻子が隣の遠野達にそう声をかけて、篠原と紫苑を連れてレストランを出た。遠野達は、ようやくメインの鯛が乗った皿を前にしていた。 「どうだった? 紫苑」  部屋に向かって歩きながら、櫻子は紫苑にそう話しかけた。 「んー、まず沖田。イアリングが片方なかった。東海林は、服が僅かに乱れてて、首筋が赤かった。あれは、キスマークやろうか? 記者は特別変わったところはないけど、カメラマンが沖田をじっと見てた……? 沖田やろうか? 東海林かもしれへん。あと、ヴァイオリンは酒飲んでたみたい。酔ってる感じに見えた」  紫苑が、思い出すように先ほどのレストランにいた人物の様子を口にした。篠原は、驚いたように紫苑を見た。 「あ、篠原は知らんかったか。うち、後天的サヴァン症候群かハイパーサイメシア(超記憶症候群)みたいな症状があるねん。一度見たもんは、忘れへん。病院は嫌いやから、正式な診断貰ってへんけど」 「それって、過去のこと忘れたくても忘れられないって感じ……?」  ドラマや漫画で聞いた事がある病名だが、篠原はあまり深くは知らなかった。尋ねる篠原に、紫苑は「そう」とだけ返した。 「十五時から演奏会があるのに……酔ってる、ね。沖田さんや東海林さんの事もあるし……気になるわね」 「うちは、あのカメラマンも気になるわ」  立ち止まり首を傾げる櫻子に、紫苑はそう声を上げた。 「私達は他の乗客の様子を見ておくから、篠原君は凛良さんに気をつけて。彼女自身も心配だし、彼女が所有するヴァイオリンも高価だし……妙な乗客たちね」 「了解しました。一条課長たちは、これからどうされます?」  そう篠原が尋ねた時、不意に誰かが篠原にぶつかった。 「きゃ! すみません!」  黒いヴァイオリンケースのようなものを抱えた、女性だった。彼女は転びそうになりながらも、しっかりとヴァイオリンケースを抱きかかえていた。その彼女をよく見ると、豊島クルーズ会社の丹羽だった。 「えっと、豊島さんの会社の丹羽さんよね? それ、ヴァイオリンケース?」  木崎と同じ、紺のジャケットに水色のブラウス姿。しっかり化粧をした木崎より、あまり化粧っ気のない彼女は小さく頷いた。 「はい、丹羽です。これは、凛良お嬢様のヴァイオリンです。もうすぐ今日の演奏会の音合わせをホールで行われるので、運ぶように言われました」  櫻子達の事を知っている彼女は、聞かれた事を素直に返した。 「変ね、大事なものなのに……よくあるの? 楽器を人に預ける事は」 「はい。大抵は高畠さんが運んでいます。高畠さんは少し具合が悪いと部屋で横になっているので、私が代わりに……」  丹羽は、自分が悪いと言うように申し訳なさそうに言った。 「いいのよ、あなたのせいじゃないの。それより、持って行かなきゃいけないんじゃない?」 「あ! すみません、失礼します!」  櫻子に促され、丹羽は大きく頭を下げると慌てて足早に三人の元から立ち去った。 「女の人は、篠原にぶつかるように出来てるんやろか?」  紫苑の言葉に、篠原は複雑そうな顔になった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 僕は考えすぎです。

    考えすぎる男の話

    0

    0


    2022年9月26日更新

    「どうして奥さんとお腹にいる子供を殺したんだ!」「……」 彼は考えすぎる人間でした。その思考は極端なほどネガティブ。行き着く先は地獄。 さて、考えすぎなのは誰でしょう…… 僕でしょうか? あなたでしょうか? それとも…… 『僕は。シリーズ』第6弾 ※小説家になろう、アルファポリスにも掲載中 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 噓つき不死者の恋と嘘

    不死の少女は殺人鬼に恋をした

    5,350

    0


    2022年9月26日更新

    ──あなたのその罪、わたしが預かりました!── 魔女から不死の呪いを受けているマシロは、霧の夜に殺されてしまう。すぐに目を覚ますとナイフを持った赤い髪の男スレアと出会い、変なことに一目惚れしてしまった。 脅しを混ぜて始まった急な同居生活。しかし殺人鬼の周りで事件が巻き起こり……? 魔女を探しながら巻き起こる事件を、不死を隠しながら解決していく。一人の少女の恋から始まる、嘘と虚仮の物語。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間32分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 初めて知る世界を選び、愛そう。

    未来から別次元へ、世界すら選んで愛す答え

    11,000

    120


    2022年2月4日更新

    星錬暦3858年。 現在の地球では、統一された国は『一つ』しか存在しない。 『星錬帝国』のみしかないのが現状でもある。 また全てから、勝ち残った唯一の帝国でもあった。 現在、それを全て纏めるのは『帝王』の『龍星』18歳。 また、『総帥』である『妖華』18歳。 二人は『二卵性の双子』であり『この世界』全ての権力者でもある。 龍星は随分前から、妖華をだった。 妹でもあるが、もう親愛と異なる事。 『愛してる事』にだった… けれど、もうお互い18歳にもなるにも関わらず… 妖華は『恋』すらしない。 更に妖華の場合、『能力』が強過ぎるのも大きく出た事もあった。 他の『異性への愛情』は全く興味すら出さないまま… 妖華が唯一、出すのは双子の龍星に対する『肉親への親愛』だけ。 確かに『愛情』ではあるが『異性への愛』を知る気配すらない妖華。 そんな中で初めて妖華は出会った! 『別次元』に居た、自分より強い相手を… 初めて知った『感情』もだった。 判らない中で別次元の世界に居た者へと興味を初めて出す。 けれど龍星も気付いた。 そして妖華を一切、離す気もない。 更に龍星は、その相手が誰でも同じ『理由』すらある… それを妖華に気付かせるべきでもない。 それだけは許せない。 だが、知らない妖華も初めてだった。 その相手が言う事で知る『感情』に戸惑いながらも… 何が正しいのが、何かも全て判らず、知ろうとする。 妖華は殆どの感情が『欠落』している事でもあった。 それも気付いていない中で知り変わっていくが… 徐々にと妖華の『感情』が出始める事に、すぐ龍星も動き出した。 その妖華の出す答え… 『世界』すらも選ぶ選択を決める事になった。 それは時間や次元、世界すら変わる選択にと。 新たに、また様々な事を知っていく中でだった。 初めて知る愛も、世界も、全て知らないからこそ出す『感情』を。 妖華の『心』が知っていく事で変わる。 そんな妖華が選び出した答え。 『愛する者が居ても、笑えないなら、意味がない。』 『この世界すら愛そう。』 未来型恋愛ファンタジーを。 ※素敵なイラストはマイナー様に作成して頂いたものです。

    読了目安時間:14時間57分

    この作品を読む

  • Origins Tale Online ~物質使いと神速竜姫~

    ゲーム初心者とゲーマー少女のVRMMО記

    338,600

    2,102


    2022年9月25日更新

    フルダイブ型のVRゲームとしては初のMMORPGのジャンルである『Origins Tale Online』。 その注目度は非常に高く、トレーダーである黎霧影月(くろきりえいげつ)は販売元である会社の株価の動向に目を光らせていた。 だが、そんな中で同居人の雪風六華(ゆきかぜりっか)から『Origins Tale Online』をプレイすることを強く推薦される。 初めはプレイすることにはあまり興味のない影月だったが、友人もこのゲームをプレイすることや、六華の強い推薦もあって、結局『Origins Tale Online』を始めることにした。 そんな影月はのんびりマイペースに攻略するつもりでいたが、ガチ攻略を目指すゲーマーの六華に引っ張られて、気付けば攻略の最前線に。 さらに、ゲーム内でも有数の重要なNPCとも交流を深めて、攻略を優位に進めていく。 これは攻略の最前線に立つ、とある二人のVRMMO攻略記。 日、火、木、土の週四回、18時10分に更新。 カクヨムでも連載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:35時間29分

    この作品を読む