ペルソナ アナグラム2

読了目安時間:4分

エピソード:13 / 15

不明・中

 牧村の部屋に着くと、豊島クルーズの江頭が困惑した顔で部屋の前に立っていた。 「丹羽さんと木崎さんがホールに向かったので、俺が代わりにここで待ってました。現場保存? が必要なんですよね?」 「有難う、助かりました。中を、見せてもらえます?」  櫻子が礼を言うと、彼はマスタキーらしい色が違うカードキーで部屋を開けた。 「江頭さんは中に?」 「いえ、入っていません。丹羽さんから連絡を受けて、代わりにここで一条様達を待つように言われて、待機していました」  その言葉に小さく頷いて、櫻子と紫苑は白い手袋をつけて開けられた部屋に入る――途端、アルコールの強い香りに僅かに二人は眉を(ひそ)めた。 「ウィスキーのボトルが、割れてる。これの中身が床に零れて、部屋がアルコールで臭いみたいや。それに、この瓶の底に人間の血液らしいもんが付着してる。これで、誰かが殴られたんかもしれへんね」  自分たちの部屋より僅かに狭いのは、シングルルームだからだろう。屈みこんで床に散らばる硝子(がらす)片に気をつけながら、紫苑は辺りの様子を櫻子に説明する。 「確かに、牧村さんの姿はないわ――それに」  櫻子も辺りを確認して、ベッドの上に転がっているものに視線を向けた。 「ヴァイオリンが、二本。どういう事かしら」  彼のベッドの上には、ケースから出されたヴァイオリンが二本並んで置かれていた。紫苑はズボンのポケットから取り出したスマホで、部屋の全てを撮影していた。床に置かれたヴァイオリンケースは、一本分しかない。 「見た目の質感から、高そうなのと安そうなもの。それは、素人目でも分かるわ。どちらかがホールで無くなったものの、一本かしら」 「その可能性が高いね。牧村のが安い方かもなぁ。あの人、調べたらやっぱりアルコール依存症で、結構酒に金使ってるみたいやで。遠野指揮者にも怒られて、楽団追放される寸前やったみたい。まあ、素面(しらふ)の時の演奏はそこそこの腕前やから、何だかんだで首の皮一枚で雇って貰ってたみたいや。楽器も売ったって、ネットで噂されてたけど……」  櫻子達と同じで、海側の部屋だ。櫻子はアルコールの濃い匂いを出すために、鍵の掛かっていた窓を僅かに開けた。潮風が部屋の中に舞い込み、ゆっくりとアルコールの匂いが消えていく。 「宮城さんに連絡して。次の停泊港――香川県の高松港で、この船に乗って貰うわ。竜崎さんと鑑識を連れて来て貰って。私は、彼らが乗れるように刑事局長に連絡するわ」 「了解」  紫苑は宮城に、櫻子は小日向刑事局長に連絡をした。それから一度、部屋を出た。 「あ、あの……牧村様は亡くなられたのでしょうか?」  出て来た櫻子に、江頭は慌てて声をかけた。怪訝そうな顔をする櫻子に、彼は話しを続けた。 「いえ、社長に報告しなければならなくて……初めての旅で死亡者が出ると、その……世間的に、この船の印象が悪くなります」 「ああ、そうね。もし死亡者が出たら、豊島社長に連絡しなければならないわ。でも、今牧村さんの姿は見つけられない……行方不明者が出た、とだけ報告してくれますか? こちらの上の者から、改めて詳細を社長に報告すると思います。それより、鍵は?」 「鍵は、このマスターキーと牧村様がお持ちのもの、清掃要員用の三枚だけです。ですが鍵がデジタルなので、船の関係者なら本社にあるデータにアクセスして複製は作れます」  部屋は、ざっと見ただけだ。見えるところに、彼自身のカードキーは見つからなかった。オートロックなので、鍵がなくても部屋は自動的に閉まる。 「警察の応援を呼びましたので、コピーのカードキーを一枚用意して貰えますか? それと、この部屋には誰も入れないように――勿論、あなた達クルーズの社員や清掃員も入らないように。清掃用のカードとマスターキーは、使わないように預からせて頂きます」 「分かりました、今から複製キーを作り、一緒にお渡しします」 「カードキーを使ったドアの開閉の記録は、全て記録として残るのかしら?」 「いえ、この船では飲食などすべて無料です。カードキーを使うのは、この船の売店で各地のお土産を購入する時、ドアの開閉だけです。購入物は旅の終わりの清算する時の為に記録に残しますが、ドアの開閉はプライバシーになりますので記録に残しません。ドアの開閉が記録として残るのは、清掃要員のカードとマスターキーだけです。出発したばかりで、清掃は明日の朝に使うのが最初になる予定です」  江頭の言葉に、櫻子はゆっくり頷いた。 「演奏会が始まったら、私たちは動くわ――江頭さん、あなたには少しやって欲しい事と、秘密にして貰いたい事があるの」  そう聞いた江頭は、緊張した面持ちになった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Lost World〜時空使いの少女〜

    空間と時間を操る少女の物語

    61,700

    200


    2022年10月3日更新

    異世界ルーンフェルク。そこに住む少女、聖月は自分の世界と別世界を繋いだり、時間を操る力を使って、人々の依頼を受けることで生活していた。 ある日、彼女の前に現れた謎の青年、煌翔は、聖月の持つ力が危険なものであると告げる 。 2022.5.16 今更ですが、登場人物が多くなってきた為、登場人物紹介追加しました。 話が進むごとに追加していきます 多少のネタバレ含みますので、嫌な方は本編から

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間16分

    この作品を読む

  • メリッサ/クリア・カラー

    アイドルとアイドルが戦う小説です。

    20,700

    10


    2022年10月6日更新

    アイドル大戦国時代――国家によるアイドル活動の推進プロジェクトが行われ、5年の月日が経過した。 激動のアイドル界のトップに君臨しているアイドルグループ『i─Con』は新メンバーの募集オーディションを開始し、数万人の少女達が夢をかなえるために応募する。 他人と違う身体的特徴から過去にいじめを受けていた少女、千倉ヒカル 彼女は過去のトラウマから中学生になっても1人も友達を作らず、孤独な日々を過ごしていた。 そんな彼女も中学校を卒業し、16歳の春を迎える。 ずっと憧れだったアイドルグループ『i─Con』に入るため、彼女もまたオーディションに参加する。 アイドルとは―― ファンとは―― アンチとは―― 幸せとは―― 勝利とは―― 千倉ヒカルの人生を懸けた戦いが今始まろうとしていた。 ※アルファポリスでも連載中です。

    読了目安時間:14時間25分

    この作品を読む