SF 短編 完結済

星降る夜に願いを ─ 恐怖のハンマーが振り下ろされる夜、女子高生とチョコレート、そして星になった俺 ─

作者からの一言コメント

チョコレートが地球滅亡を救う話です

小惑星が地球への衝突コースを突き進んでくる。 それは大量破壊させる力を持った厄災、真の恐怖。 各国は核で迎撃を試みる。しかし、小惑星はことごとくその攻撃をはね除けた。 そして攻撃により軌道変移した小惑星の進路上にいるのは、貨物宇宙船ただ一隻。 クルーは不幸な俺一名、相棒は航行用AIのみ。 兵器は搭載しておらず、しかも電力まで足りない。 しかし、こんな緊張を強いられる状況下で、俺はなぜか女子高生とチョコレートの話題で盛り上がる。 だけどそのチョコレートの会話に解決のヒントが隠されていた。 核を寄せ付けない小惑星の秘密を暴き、何とか地球との衝突を回避するために奮闘する男の物語。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 星降る夜に願いを ─ 恐怖のハンマーが振り下ろされる夜、女子高生とチョコレート、そして星になった俺 ─
作者名 斎藤まめ
ジャンル SF
タグ 恐怖のチョコ三題噺
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年3月3日 18時53分
最終投稿日 2021年3月3日 18時55分
完結日 2021年3月1日 20時49分
文字数 9,999文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 4件
ビビッと 0件
応援ポイント 5,000pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    825,700

    139,489


    2021年4月15日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第ニ章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:14時間0分

    この作品を読む

  • マリー・ウィンゲートのおてんばライフ

    日常系恋愛ファンタジー……多分。

    66,100

    3,700


    2021年4月20日更新

    わたくしは、わたくしに生まれて良かったと思うわ。 わたくしで無いと、出会えなかった人、出会えなかった出来事が沢山あるのですもの。 生まれたときが、マイナスだからって何だというの。 生きているのでしょう? だったら、プラスに書き換えれば良いじゃない。 楽しみましょう。せっかく、ここにいるのだから。 あらすじ 『王妃候補のなり損ない、田舎に捨て置かれたご令嬢』の異名を持つマリー・ウィンゲート公爵令嬢。 片や『剣を振るわせれば、一振りで4~5人は斬り殺せる』という噂の剣豪指揮官エドマンド・マクファーレン辺境伯。 年の差は15歳。王妃様の命令で、報奨品としてエドマンドと婚約をすることになったマリー。 最初は、戸惑いつつも素朴で女性に対し不器用なエド様に惹かれ『いつか私が妻で良かったと思って頂けるように頑張るわ』という意気込みを見せるマリー。 そんなマリーをいつしか、切なく愛おしく想い包み込むように守りたいと思うエドマンド。 そんな中『お前、俺の女にならないか?』という大悪党があらわれる。 王妃様ですら、物事に素直に感謝できる心が愛しいと言われるマリーの、波乱万丈なおてんばライフ。 毎週火曜日 20時更新中。

    読了目安時間:4時間29分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 未来の地球を描いたSFの習作です。

    1,000

    0


    2021年4月21日更新

    新型コロナウイルスが変えた世界。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • 【SF】偽物の本物を吐く予言者

    予言は嘘をつかないが、予言者は嘘をつく

    0

    0


    日時集計中

    外界との接触が断絶された夏見村に住む幸、つまり私は、ある夏の御厨祭で一生に一度の体験をすることとなる。 呪詛の正体、不老不死の噂、村の外に出られない理由...そして自分と向き合う機会を与えてくれたと同時に、代償と言わんばかりに全てを失ったあの日。 今一度どういうことが起きたのか、私がもっと歳を重ねて忘れてしまう、あるいは都合の良いように記憶を改竄してしまう前にここに書き記しておこうと思い筆を取ることにした。

    読了目安時間:9分

    この作品を読む