異世界ファンタジー 短編 完結済

ペンは剣よりも強し

作者からの一言コメント

魔導文具開発における研究者達の苦悩

 異世界から召喚された勇者により平和を取り戻した世界、勇者が姿を消す前に残した言葉。 『ペンは剣よりも強し』  その言葉に翻弄された兵器開発局の面々のプ〇ジェクトX的なお話です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ペンは剣よりも強し
作者名 泰明
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界転移 文房具 魔法 兵器 開発 兵器開発
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年9月28日 17時14分
最終投稿日 2019年9月28日 17時15分
完結日 2019年9月28日 17時15分
文字数 2,616文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2021年2月20日更新

    illustration : pikora氏 ※毎週土曜の22時更新。 …………… 中央帝国オデツィア。 新皇帝バナロスは、燃えさかる炎のように紅い髪とは対照的に、身震いするほどに冷たく美しい男であった。 生来の持て余すほどの才知に加え、人心掌握術にたけていた。人間らしさのない冷酷さで、周辺国を手中に収め始める。小国の全てを配下に置き、世界を帝国一国にまとめ上げようとしていたーーー 一方では、そんな不穏なことが起こっているのだが、戦乱の火の手が迫ってきているわけでもない。わりと市井(しせい)の人々は平和に暮らしていた。 そんな平和な国の一つであるヴァーバル。その城下に住む口利き屋を営む祖父に育てられたクェトル。彼の視点で物語は綴られてゆくのだ。主人公の彼は、なかなかの男前だが、無口で偏屈。でも優しいところもあるみたいだ。 クェトル自身は、まったく誰も寄ってきてほしいとは思ってないのだが、勝手に寄ってくる彼の取り巻きは変人ばかりだ。 ヴァーバルの城下町にある移民街。そこに暮らすエアリアルは弟分。大阪弁で口やかましい。 ふらりと現れる銀髪で容姿端麗・性別不明の人物は、身分を隠したヴァーバルの王子様ジェンス。ちなみに超KY。 そんな彼らのもとに舞い込んでくる依頼や事件を描く、魔物も魔法も大冒険もない世界で繰り広げられる庶民レベルの小冒険。 だがしかし………過去の因縁によって、徐々に魔の手が迫りくる。 いつかやってくる平和な日々の終焉。“その日”に、どう立ち向かう? 注※ストーリーは真面目だけど、書いてるヤツの変態さが、端々に露呈しているような気がするのであった。きっと気のせい。 必ず完結させます。ノープロブレム(?)。ブクマやコメントいただけたら、舞い上がります!

  • ケモミミ要素多めです。もふもふ禁止!

    ♡57,000

    〇4,660

    現代/その他ファンタジー・連載中・12話・22,559字 遊馬 テト

    2021年3月1日更新

    世界でプレイヤー人口圧倒的No.1を誇るゲーム『FBF』 偶然このゲームの世界に足を踏み入れた少女が伝説のFBチップを巡る事件に巻き込まれる。 彼女は空想生物「Fantasy Beast」を操り、無事事件を解決に導けるのか! そして彼女を巻き込む事件とは何なのか! 作者からのお礼 いつも『にゃんだふるっ!』を応援していただいてありがとうございます。 たくさんの応援にとてつもなく感謝しています。 皆様の応援のおかげで2月19日に日間ランキング第二位をいただきました。 これからも楽しいひと時をご提供できるように精進してまいります。 応援よろしくお願いします! 遊馬 テト 校正情報 2/20第一夢~第六夢まで完了

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界に宇宙的恐怖をもたらす主人公

    ♡1,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・7話・23,183字 カムチャッカ夜廻

    2021年3月7日更新

    かつて神々の間ではとある遊びが流行っていた。 不幸にも亡くなってしまった人間や手違いで殺めてしまった人間に圧倒的な力やアイテムを与え異世界に解き放ちその動向を見るという遊び。 そんな中、ある事件が発生する。 神々から力を受け取った人間の1人が、神々の国へと攻め入ったのだ。 その戦いは熾烈を極め、力を欲する他の人間や神々に恨みを持つ魔獣に悪魔、更には邪神までもが参加した「反乱軍」と神々の大戦は後に「神々の死と滅亡の運命《ラグナロク》」と呼ばれこの戦いに勝利した神々は彼らに与えた力を恐れ討伐に乗り出した。 反乱軍の一応メンバーだった便利屋「神秘主義者《オカルティスト》」の異名を持つ男はその力のほとんどを封印され、討伐から逃れる為に永き眠りについていた。 しかし、邪神の手によってその眠りから無理やり目覚めさせられる。新たな依頼をこなす為に。 こちらの小説は小説家になろうでも投稿しています。

  • 異世界で吸血姫になっちゃった男のお話

    ♡11,950

    〇140

    異世界ファンタジー・連載中・29話・79,462字 トマト屋

    2021年3月7日更新

    幸せ量一定の法則って知ってる? 誰かが幸せだと、同じだけ誰かが不幸になるというアレ。 困ったことに、ここに他人の不幸まで背負った男がいた。彼は不慮の事故で死亡。しかし転生しても不幸は続き、転生&即死コンボを決め続けたあげく、吸血姫として復活してしまう。 不幸の運命からは解放されたものの、吸血姫という正体を隠しながら生活するはめになり……。 基本的にご都合主義で、主人公が適当に生きるだけのお話になる予定です。話もマッタリになると思います。 R15相当なので、ご注意を。