連載中 短編集

私の不思議な物語

作者からの一言コメント

奇妙な【私】の1話ずつ読み切り短編

日常に感じた事を不思議な雰囲気で表現してきたいです。 作者が飽きるまで連載。どこまで続くでしょう。 順番に読まなくても1話読み切りなので好きな話から読めます。 気になった話を読んでいただければ幸いです。 ※なるべく毎週末更新予定です!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 私の不思議な物語
作者名 赤羽アユミ
ジャンル SF
タグ 日常 不思議 現代 人間関係
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年1月26日 21時34分
最終投稿日 2020年3月21日 17時00分
文字数 10,910文字
ブックマーク登録 4件
コメント/スタンプ 2件
応援ポイント 1,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 自分の好きな要素でいっぱいです。

    ♡15,175

    〇50

    SF・完結済・5話 逆津ツカサ

    2020年5月24日更新

    ロボット工学三原則短編コンテスト応募 引用 ロボット工学三原則 出典:アイザック・アシモフ「われはロボット」小尾茉佐訳、早川書房

  • ひっそり佇む島での少女の成長を描いた物語

    ♡1,300

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・23話 葉月宏晴

    2020年7月2日更新

    目が覚めると見知らぬ島に漂流していた! 何を言っているか分からないと思いますが、ブラウザバックせずに聞いてください。 船旅の中遭難したわけでも、空旅の中飛行機が墜落したわけでもなく、 家出してネットカフェで寝ていただけなのに……。 あぁ神様! 人生はなんて過酷なものでしょう! 今まで真面目に生きてきたつもりだったのに。頑張ってきたと思っていたのに。 この仕打ちはあんまりです! もうこんな人生なら……、 なんて、ちょっと悲劇のヒロインを演じてみたわけですが、あんまり楽しいものじゃないですね。 よくありがちな勉学の悩みでぐれかけたものの、それでもあんまりぐれられなくて、 そんな中途半端な、私こと葛城愛華ですが、心機一転島で色々やってみようと思います。 元々島にいた人たちも変な人ばっかりだし、新しく島に来る人もまた変な人ばっかりだったりで たまに嫌になったりもしますけれど……。 意外と都会の生活にも田舎の生活にもないものが島にはあったりして……。 そんな島の良さが多くの人に伝わるといいかな、と思います。 もし時間がおありでしたらお付き合いいただけますと幸いです。 葛城愛華でした!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年7月2日更新

    俺はその日、アニメで初めて泣いた。 あまりの衝撃に明日はきっとロスで虚無だろう。 ツブヤキッターも大荒れだ。そうだろう、そうだろう。 なぜならその日の放送で——主人公のライバルが死んだのだ。 俺の最推しの、彼が……死んだ。 その虚無のまま眠ったはずの俺は、アニメ第一期の舞台に立っていて、さらに目の前には昨日死んだはずの最推しが生きて! 第一期の頃の姿で立っている!? どうなってんだ!? 分からん! でも! 「俺を一緒に連れて行ってくれ! 必ずお前を救ってみせる」 「…………」 「お願いドン引きしないで! 気持ちは分かるけれども!」 推し、生きて——!

  • 少年は銃を手に取り、世界に反逆する

    ♡10,500

    〇0

    SF・連載中・21話 ふあ

    2020年7月2日更新

    何もかもが、変わっていく。 明日が、わからない。 変わらないはずの全てが、変わってしまう――。 政府の研究機関、「オルガノ」にクローンが支配される世界。十二歳の少年、朔(さく)はクローンの一人として貧民街で暮らしていた。傍若無人な父親と最愛の双子の世話をしながら、貧しくとも未来を諦めない、慎ましい日々。だがそんな日常は、一発の銃弾によって、呆気なく破壊されてしまう。 共に命の危機に陥った朔を救ったのは、打倒オルガノを掲げる組織、「ノーチラス」のリーダー、シオン。 「君に、ノーチラスに入って欲しい」 オルガノは殺人ウイルスによりクローンの破滅を目論んでいた。 愛する者を奪った世界、そして未来のために朔はノーチラスに加入し、世界への反逆を誓う。 そこに深い思惑が働いていることも知らないまま――。 アクション・SF要素を含みます。 「小説家になろう」にも掲載しています。