SF 短編 完結済

となりの乾電池ロボ

作者からの一言コメント

弁年博士とロボ太の恋ものがたり(違う)

読了目安時間:9分

となりの乾電池ロボの表紙

乾電池で動くロボット『ロボ太』は弁年博士がきまぐれに作ったロボットだがすぐに充電切れを起こす。あるとき弁年博士が『ロボの富士関』という人間を殺戮する兵器ロボを新たに作ってしまう。そのときロボ太は...... (オールナイト船長に掲載のものとほぼ同内容となります)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 となりの乾電池ロボ
作者名 船長
ジャンル SF
タグ コメディ 近未来 ロボット 博士 発明 とどほっけ ロボット三原則コン
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年4月27日 6時06分
最終投稿日 2020年4月27日 12時18分
完結日 2020年4月27日 12時18分
文字数 4,290文字
読了目安時間 9分
ブックマーク登録 4件
コメント 0件
スタンプ 10件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,700pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 泡沫なき未来

    バブルがはじけなかった日本

    4,100

    0


    2021年9月21日更新

    2020年。バブルの崩壊、リーマンショックさらにはコロナウィルスによる影響を受けていた日本ーーであったが、他の世界線も存在した。『ジャパン・アズ・ナンバーワン』が継続している世界。一体何を我々は見ることができるのだろうか。

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

  • メイドロボットターカス

    お嬢様に振り回されないメイド長

    1,300

    0


    2021年9月21日更新

    家族を亡くし、いつも一緒に遊んだメイドロボット「ターカス」を、倉庫にしまわれてしまった「ヘラ」。彼女は自分の宝物を倉庫にしまい込んでしまうような家には別れを告げ、ターカスに「二人でどこかに住むのよ!私を連れてこの家から離れなさい!」と命令する。やむをえず従ったターカスだが、二人はどこへ行ってしまうのか。二人の暮らしは上手くゆくのか。そして、「お金持ちの娘探し」に駆り出されたものは何者なのか。 この小説は、「小説家になろう」などの多数のサイトでもアップロードさせて頂いております。

    読了目安時間:25分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 片思い魔王

    魔王だって恋くらいしたいのだ

    4,200

    0


    2021年9月21日更新

    様々な種族が存在するその世界で、一際恐れられている種族がいた。それが魔族。 その魔族の頂点に君臨するのは、世界を恐怖で包み込んできた悪の化身ーー魔王であった。 しかし魔王は死に、新たな魔王として娘が引き継ぐこととなった。そんな魔王のラブコメディ。 魔王は幼い頃に約束を交わした少年、イグニスに逢うために人間の世界へと赴いた。そこで知った事実、それは彼が勇者になっていたということだった。 勇者と魔王、結ばれることのない二人の運命はどうなるのか?魔王グレイシアの恋は叶うのか?そして世界はどうなるのか? 魔王と勇者の恋、それが世界をどんな方向へ導くのか、それはまだ分からない物語。まだ見えぬ物語。 これから魔王は多くの人と出会い、多くの魔族と出会い、多くの者と出会い、様々なものを知っていく。まだ幼い彼女の冒険は未だ始まったばかり。 その中で魔王は答えを探す。 魔王と勇者、交わることのない二人の行く末がどうなるのか? ※バトルシーンが多くなってしまうかもしれませんが、なるべくコメディ要素を多めにしようと思っていますので、バトルシーンが苦手という方にも見ていただけると幸いです。 恋愛要素も強めにしたいと思っていますので、そういうのが見たいという方にも是非見ていただきたいです。 魔王と勇者の恋がどうなってしまうのか、その行く末をどうかご覧ください。 魔王と勇者、結ばれるはずのない二人の物語はこれより始まる。 ーー二人の恋は叶うのか?

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 子檀嶺城始末―こまゆみじょうしまつ―

    派手な戦の裏側で、地味な事件が起きていた

    10,600

    0


    2021年9月20日更新

    ※今作は、旧作【子檀嶺城戦記】をリライトしたものとなります。 旧作をお読みいただいた皆様も、改めてご一読いただければ幸いです。 ----------✂---------- 真田昌幸が「占拠」する信州上田城へ向かって、徳川軍が攻め寄せる。 上州沼田の領有権争いから持ち上がった真田と徳川(&北条)の闘争は、真田の本拠地での大規模戦闘に発展した。 昌幸の嫡男・源三郎信幸は、父に命じられた通りに伏兵部隊を率いて支城へ詰めた。 同じ頃、二十名ほどの男たちが、主戦場から遠く離れた子檀嶺(こまゆみ)岳の古城に入った。塩田平の地侍・杉原四郎兵衛の一党である。 真田と徳川の圧倒的戦力差から徳川軍が勝つと予想した四郎兵衛は、 「徳川に身方する」 と吹聴しつつも古城からは一歩たりとも出ず、 「勝利するであろう徳川軍からの勧誘」 を待つという消極的策戦を取ったのだった。 しかし半月が過ぎても、徳川からの迎えは現れない。 それもそのはずで、真田勢に敗れた徳川勢は、すでに東信濃から撤退済みだった! 廃城で孤立し、事態を知る手段もなく、不安に苛まれる四郎兵衛に耳に、銃声が聞こえた――。 天正十三年(1585)閏八月。 後の世に、第一次上田合戦と呼ばれる戦の裏側で起きた、ほんの数日間の「反乱」の顛末。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む