孤高にして最強の剣士、保護した記憶喪失の少女に懐かれる

読了目安時間:5分

ルドルフ・ヴァルトシュタイン

「『剣聖』ルドルフ……」  その名前にどれ程の感情を抱いたのか。それは分からないが、しかし彼にしては珍しい声色でヴィルハルトは呟いた。  彼の様子を察しているのかいないのか、王は心なしか弾んだ声で語り掛ける。 「こと剣術の腕においては間違いなく世界最強の人物。相手にとって不足はなかろう? 其方にとってもあれ程の大人物と剣を交わすのだ、この上ない誉れであろう」  顔を伏せながら、気付かれないように歯を食い縛り苛立ちを露わにするヴィルハルト。しかし―― 「……謹んでお受けいたします」  王の命令となれば、ヴィルハルトと言えど拒否は出来ないか。或いは他に思うところがあったか。  ヴィルハルトの承諾を聞いた王は破顔し、数度拍手をする。 「そうかそうか、其方ならそう言ってくれると信じていたぞ。ルドルフ殿とその魔導士殿は既にこのアルマイレに入っておる。一度顔を合わせておくと良かろう。そこの者、ルドルフ殿の元まで案内してやれ」 「はっ」  ヴィルハルトとエレインは、衛兵に連れられて王城の廊下を歩いていった。とある扉の前で停止し、衛兵はノックをしたが、返事が返ってこない。 「しばしお待ちを」  衛兵が何処かへ歩いて行った。どうやら不在だったらしい。  エレインはせっかくだからと、ヴィルハルトに気になっていたことを尋ねる。 「良かったんですか? さっきの話、つまり大勢の人の前で戦うってことですよね? ヴィルハルトさん、こういうのって一番嫌いなんじゃ……」 「受ける意味が無ければ俺も受けていない。だが相手が相手だ。タイミングとしては丁度いい」 「……?」 「ルドルフ・ヴァルトシュタインは俺の師だ」 「つまり、先生ってことですか!?」 「剣術のな」  ヴァンドラム最高の剣士が、ヴィルハルトの先生。なるほど、教えられる人が大人物なら、ヴィルハルトの強さにもう一つ裏付けが取れた。  だが、ヴィルハルトは難しい顔をしている。先生との再会を楽しみにしている、という様子では無さそうだ。 「……先生に会うのが、気乗りしません?」 「……お前、気付かないのか?」 「何がです?」 「名前だよ。『ヴァルトシュタイン』という苗字に心当たりがあるはずだ」 「ヴァルトシュタイン、ヴァルトシュタイン……何処で聞いたっけ……あ!!」  そこで彼女は気が付いた。  ヴァルトシュタインは、魔王エカテリーナの人間としての姓だ。 「そうだ。ルドルフはエカテリーナの弟。尤も、彼自身はエカテリーナが魔王であることを知らないがな」  エレインに耳打ちするように、ヴィルハルトは顔を近付けて小声で話す。  聞かれると良くない話だが、同時にエレインには話しておきたい話だったようだ。  だがここで、エレインの中にある予想が浮かぶ。 「あれ? ということは、丁度いいタイミングって……」 「エカテリーナが魔王だと話すことも含めて丁度いいってことだよ」 「そ……それは――」 『駄目です』と言おうとした時、後方で三人分の足音が聞こえた。 「ヴィルハルト様、エレイン様。ご両名をお連れしました」  ルドルフを探しに行っていた衛兵が戻ってきた。彼の傍らには、初老の男性と赤毛の女性が立っていた。  暫しの沈黙の後、先に口を開いたのはルドルフだった。 「久しいな、ヴィルハルト。アルマイレに来て、随分と有名になったじゃないか」 「不本意だがな。まあ、アンタでさえ成しえなかった魔将の討伐が出来たんだ。これで俺は剣聖を超えたということだな」 「ぬかせ、若造が。……魔導士を持ったと聞いた時は少し期待したが、減らず口は相変わらずか」  二人とも口元は弧を描いているが、眼が全く笑っていない。先生と生徒という関係とは思えぬ殺伐とした空気に、エレインはどうしたものかと立ち尽くすばかりだ。そこに更に、もう一つ爆弾が投げ込まれた。 「本当に、叔父様に対してなんて下品な口の利き方。もうその顔も声も、二度と見たくないし聞きたくないと思っていましたのに……ねえ、ヴィルハルト・アイゼンベルク」  ルドルフの隣にいた、赤毛に吊り目の女性。ヴィルハルトへの敵意を隠さない彼女は、エレインと同じローブを纏っている。それに加え、胸元にはアリナと同じ『特級魔導士』を意味する金の紋章。どう考えても、この人こそルドルフのパートナーだ。  そんな彼女の敵意を感じながら、ヴィルハルトは冷めた瞳で彼女を見下ろしながら無慈悲に言い放つ。 「ああ、今の魔導士はお前だったな。小さすぎて見えなかったぞ、ロザリア・クライン」  その言葉を聞いた瞬間、ロザリアは凍り付いたように動かなくなった。  190cm(セクト)を超えるヴィルハルトは当然だが、151cm(セクト)のエレインより更にロザリアは小さかった。142cm(セクト)という子供と間違われる事もある低身長は、ロザリアのコンプレックスである。  プルプルと震えた後、涙目になりながらロザリアは怒鳴り出した。 「人が一番気にしている事をこうも易々と! おのれヴィルハルト、やはりアナタこそ人類の敵! 私とルドルフ叔父様で退治してくれますわ!!」 「退治!? そ、そうはさせません!」 『退治』という言葉を聞き、慌ててロザリアの腕を掴んだエレイン。冷静に考えれば、ヴィルハルトが半人半魔の存在であることを彼女が知る由は無いのだが、ロザリアの剣幕に思わず手が出てしまった。 「アナタは――」 「ヴィ、ヴィルハルトさんを倒すならまず私を倒してからにしてください!!」 「……え?」  流石のロザリアも呆気にとられる。先ほどの怒り様が嘘のように目を点にした彼女は、悪戯が見つかった子供のように慌てて弁明する。 「ち、違いますわよ!? いくら何でも本気でこの男を抹殺しようとは思ってなくて! 今のは言葉の綾と言いますか、それ程までに怒髪冠を衝いたという話でして――」  ヴィルハルトは苦虫を嚙み潰したような顔をし、ルドルフは絶句している。やがてエレインの様子から察したルドルフが、ヴィルハルトの手に肩を置いて囁く。 「ヴィルハルト。もしやあの娘……かなりの箱入り娘ではあるまいな?」 「色々事情があってな……」 「ふむ。ではその事情も含めて――」  ルドルフが扉の鍵を開け、手招きした。 「お互い積もる話もある。そこの娘二人も、入りたまえ」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    109,200

    230


    2021年6月18日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間43分

    この作品を読む

  • ヒーローは1日にして成らず?

    ★6/15更新『漫画を読む様に小説を』

    627,800

    32,505


    2021年6月15日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!!★ ☆みんなを笑わせたいのだ!!!☆ ◤◢◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢ 右上の『最新話を読む』ボタンで案内される話は最新話ではありません! お手数ですが、目次を下って頂き、【★NEW★】と冒頭に打ってあるタイトルをご覧下さい(・∀・) ==================== 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== イラストで戦う相棒:とうま (https://twitter.com/ZqAiZkftprcAKcp)

    読了目安時間:3時間16分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 召還社畜に家主の少女と魔法の豪邸

    独りぼっちの女の子が幸せになるお話です。

    4,950

    0


    2021年6月18日更新

    魔法仕掛けの古い豪邸に残された6歳の少女「ノア」 そこに次々と召喚される男の人、女の人。ところが、誰もかれもがノアをそっちのけで言い争うばかり。 もしかしたら怒られるかもと、絶望するノア。 でも、最後に喚ばれた人は、他の人たちとはちょっぴり違う人でした。 魔法も知らず、力もちでもない、シャチクとかいう人。 その人は、言い争いをたったの一言で鎮めたり、いじわるな領主から沢山のお土産をもらってきたりと大活躍。 どうしてそうなるのかノアには不思議でたまりません。 でも、それは、次々起こる不思議で幸せな出来事の始まりに過ぎなかったのでした。 ※ なろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

    読了目安時間:24時間45分

    この作品を読む

  • 月闇の扉

    剣と魔法の長編旅モノファンタジー

    1,200

    0


    2021年6月17日更新

    四神が守護する大陸に≪月闇の扉≫が開く――。 時を同じくして、とある島国で王が亡くなった。第一子、王女ラナーニャは王の御霊を送るための儀式へと向かう――。 やがて来る王国の崩壊。島から弾き出された王女は記憶を失ったまま、とある旅人たちと出会う。 その出会いこそが彼女の運命の始まり、そして彼女は立ち上がる。 恋愛ちょこっと剣と魔法の旅モノファンタジー。 暇つぶし作品を目指していたのになぜかどシリアス。人がそこそこ死ぬので注意。めまぐるしく場面転換します。 ●小説家になろう・アルファポリス・エブリスタ・カクヨム・マグネット・ノベルデイズ並行掲載。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間47分

    この作品を読む