孤高にして最強の剣士、保護した記憶喪失の少女に懐かれる

読了目安時間:6分

魔将テオドール・決着

「ロイド……アンタ、起きてる?」 「あぁ……正直キツイがな」  満身創痍の二人は、ただ眼前の戦いを見つめることしか出来ずにいた。 「ま、いいんじゃねえの。今のオレらじゃあただ邪魔になるだけだしよ」 「……悔しいけど、その通りね。でも、もし本気でヤバいってなれば飛び出すわよ」  ロイドはアリナの応答にやや面食らった。少し前の彼女なら、ヴィルハルトに任せるのを嫌って無茶をしていたかもしれないからだ。いや、それだけではない。 「意外と冷静だな、アリナ。聞いてたかよ、さっきの話」 「アンタが聞いてたって事はアタシも聞いてたってことよ」 「どう思うよ」 「にわかには信じ難いけど……納得出来る事が幾つかあるのよね」 「そうだな」  ロイドも概ね同意見だった。特性(スキル)と言っていた再生能力、どれだけ戦っても息一つ乱れない異常なスタミナ。考えてみれば、これらは完全に魔物の持つ特性だ。アリナの場合、彼を調律しようとした際の事も納得させる材料の一つになっただろう。  だが、それでも二人の考える事は同じだ。 「今は倒れてていいけど、直ぐに武器持って駆け出せるようにしておきなさいよ」 「任せろって」  テオドールの視線がこちらに向いていないなら、不意を突ける。  二人は本当に立ち上がるべき時に備えている。  *  異界魔法『狂荒嵐(デザストル)』。見た目こそ槍の穂先を回転鋸(チェーンソー)に取り替えたような物だが、その強大さは桁違いだ。  まず、単純に威力が高い。先の回転鋸なら耐えられた硬化の二重掛けさえ破られる。受けるには全力の防御が必要だが、そうすると攻撃が疎かになる為、避けるしかない。次に、柄が棒状なのでリーチが長い。外れ者(アウトサイダー)を巨大化させてもギリギリで届かない位置から攻撃が可能な長さであり、必然こちらが攻めるには相手の間合いに入る必要があった。  そして何より、刃の回転によって吹き荒れる暴風。この風こそ、狂荒嵐(デザストル)を脅威たらしめる最大の要因。恐るべきことにこの風、『ヴィルハルト以外には何の影響も無い』。少し離れた所で魔術を行使するエレインはおろか、周囲を飛行する円盤状の回転鋸さえも風に流される素振りさえ見えない。この戦場で、ただヴィルハルトだけが暴風に機動力を削がれていた。 「貴様……」  何も言葉は無いが、テオドールが眼で『どうだ』と挑発してくる。  風自体は常に身体強化を掛けていれば動けない程ではないのだが、練体術で強化された機動力が削られるのは懐に入るしかないヴィルハルトにはこの上なく厄介だ。  あと一撃、核に痛打を浴びせれば勝てる。が、その一撃が遠い。テオドールの指示一つで飛来する二つの回転鋸の存在は、彼の行動を制限する牽制役として機能していた。  エレインも整調を維持してはいるが、このままでは現状を打開するのは難しい。  そんな時だった。 「『黄雷』!!」 「なっ……!?」  エレインが、ヴィルハルトの直ぐそばまで接近していた。そしてテオドールに黄雷を連続して放つ。 「邪魔をするなよ、魔導士風情が!」  邪魔者であるエレインを排除すべく、テオドールが狂荒嵐(デザストル)が起こす風のターゲットを切り替える。必然、彼女は暴風に襲われ態勢を崩した。何の防具もしていない為、立っていられない程の風に晒されて膝をつく。  まずい。彼女を助け起こそうとヴィルハルトは彼女の元に向かおうとする。 「『整調』! ヴィルハルトさん、今です! 風が私に向いている今ならーーッ!!」  だが、エレインはそれを拒否した。自分より、魔将を倒す事を優先させる。 「正気か、お前。……だが助かる。身体強化、《三重(トリプル)》!」  彼女の意志を汲み取ったヴィルハルトは、身体強化を三重に掛け、外れ者(アウトサイダー)を大剣に変形させた。整調の強度こそ乱れがあるものの、充分だ。  狂嵐の鎖から解放されたヴィルハルトを止められる者は最早いない。振り上げられた剣が狙うのは、ただ一点。狂荒嵐(デザストル)で防御をするより速く、己の間合いに入れた。  ()れる。そう思った瞬間―― 「甘いな」  突如、外れ者(アウトサイダー)が破砕音と共に砕け散った。無数の破片が宙を舞い、ヴィルハルトの手には刃を失った柄だけが残されている。  上空には二枚の回転鋸。一瞬覚えた手応えを考えると、恐らく左右から同時に刃にぶつかり、過負荷を与えて破壊したのだろう。  テオドールのほくそ笑む顔が見える。魔道具の剣を失えば、魔将の核を破壊するだけの攻撃力は出せない。奴はそう考えていて、そしてそれは正解だ。  だが――ヴィルハルトの選択肢に、『逃げる』というものはない。 「まだっ……!」  砕けた外れ者(アウトサイダー)の、目についた最も大きな破片を両手で握りこんだ。自分の頭ほどのサイズの刃を手に、ヴィルハルトは一気に肉薄する。不意を突かれたテオドールはガードが遅れる。 「そんなもので!」  狂荒嵐(デザストル)を手放し、両手でガードを固めたテオドール。更に二つの回転鋸が後方から追いかけてきており、アレらが来る前に終わらせる必要がある。こうなれば、只のミスリル片が得物のヴィルハルトに突破は不可能――かに思えた。 「ヴィルハルトさん!」  狂荒嵐(デザストル)の妨害が止み、再び完全な整調を行えるようになったエレイン。本日最高の強度で為されたそれは、空気中に漂うほぼ全ての魔力をヴィルハルトの元に集めていた。今この瞬間、彼女は特級魔導士クラスの純度を誇る整調を実行出来たのだ。  エレインは今出来る最大の仕事をした。ならば、後は俺が幕を引く。  己の全神経を、眼前の敵を討つことだけに使う。  剣の破片を握る両手を振り上げた。小細工はいらない。真正面から、最速最強の一打で殺す。  一つだけ、ヴィルハルトにはテオドールを仕留められる技があった。今までやらなかったのは、恐ろしくリスクが高いからだ。  ()()()()()()の必殺。彼我の距離がゼロの今なら、いける。  渾身の力を込めながら、冷静沈着な彼らしからぬ声で、目の前の魔将にぶつけるように叫んだ。 「『身体強化』――――《+一重(プラスワン)》!!!」  ジュリウス・ヴァーミリオンさえ超える、四重の身体強化。  間違いなく世界最強の膂力(パワー)で振り下ろされた一撃は、テオドールの両腕を貫き、刃を核にさえ届かせた。  そして、ヴィルハルトの手に確かな手応えが伝わると同時、魔将の核は完全に破壊された。 「なっ……」  驚愕が張り付いた顔がひび割れていく。やがてそれは全身に広がり、身体の末端からテオドールという存在が砂に還っていく。  その直前、彼はつぶやくように言った。 「せめて……貴様だけは……」  核の破壊と同時に停止していた回転鋸二つが、再び唸りを上げて襲来した。 「チィッ……」  四重重ねの練体術を維持し切れず、ヴィルハルトは地に膝を着き動けなくなっていた。エレインが重力増加を掛けて減速させても、避けるという行動さえ取れないのでは意味がない。  万事休す。流石のヴィルハルトもそう思ったが―― 「ウオオォォ!!!」  横から、槍斧(ハルバード)を構えたロイドが全力で突っ込んできた。二つの回転鋸を横から打ち抜きくと、蹴られた石ころのようにあっさりと吹き飛んでいった。ロイドの後ろではアリナが魔術を行使している。恐らくロイドが当てる直前に『重力低下』の魔術で鋸を軽くしていたのだろう。吹き飛ばされた鋸は主と共に、砂のように消えていった。 「どうよ……良かっただろ、オレらがいて」  傷と土に塗れた満身創痍のロイドは、それでもいつも通りに笑っていた。そうして差し伸べられて手を、ヴィルハルトは取った。ほんの少し、口元に弧を描きながら。 「そうだな。……礼を言うよ」  かくして、かの英雄に次ぐ二度目の魔将討伐を成し遂げた。しかしそれは、かつての個人で剣を振るっていては成しえなかったことだった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ヒーローは1日にして成らず?

    ★6/15更新『漫画を読む様に小説を』

    627,800

    32,505


    2021年6月15日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!!★ ☆みんなを笑わせたいのだ!!!☆ ◤◢◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢ 右上の『最新話を読む』ボタンで案内される話は最新話ではありません! お手数ですが、目次を下って頂き、【★NEW★】と冒頭に打ってあるタイトルをご覧下さい(・∀・) ==================== 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== イラストで戦う相棒:とうま (https://twitter.com/ZqAiZkftprcAKcp)

    読了目安時間:3時間16分

    この作品を読む

  • リア充爆ぜろ委員会

    女以外は虫けらだ

    113,100

    100


    2021年6月17日更新

    カップルを見たら、どんな手を使っても別れさせろ。 この春、最上級のお嬢様学校の私立慶蘭《けいらん》女子高等学校に入学した真面目な由宇と、自由人の理亞。 部活に入らなければならない校則で、軽音部に入りたかった由宇。しかし、理亞は、面白そうと言う理由だけで、由宇を無理矢理「リア充爆《は》ぜろ委員会」へ引きずり込む。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間16分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 召還社畜に家主の少女と魔法の豪邸

    独りぼっちの女の子が幸せになるお話です。

    3,950

    0


    2021年6月18日更新

    魔法仕掛けの古い豪邸に残された6歳の少女「ノア」 そこに次々と召喚される男の人、女の人。ところが、誰もかれもがノアをそっちのけで言い争うばかり。 もしかしたら怒られるかもと、絶望するノア。 でも、最後に喚ばれた人は、他の人たちとはちょっぴり違う人でした。 魔法も知らず、力もちでもない、シャチクとかいう人。 その人は、言い争いをたったの一言で鎮めたり、いじわるな領主から沢山のお土産をもらってきたりと大活躍。 どうしてそうなるのかノアには不思議でたまりません。 でも、それは、次々起こる不思議で幸せな出来事の始まりに過ぎなかったのでした。 ※ なろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

    読了目安時間:24時間36分

    この作品を読む

  • 呪われてしまった異世界転生者だけど、今日も元気に生きています

    異世界ほのぼの冒険(旅しない)物語です

    2,100

    0


    2021年6月18日更新

    井ノ上土筆は転生者だ。 物語に限らず主人公とは無縁の人生を歩み、子宝にも恵まれ、それこそ、日本政府がモデルケースとして用いるような極めて平凡なサラリーマンだった。 極めて平和な人生を歩み、子育ても一段落し、老後のプランを考え始めた矢先、出張先で突然意識を失い、そのまま帰らぬ人となってしまった。 多少の未練を残しながらもこの世にしがみつく程でも無く、魂が帰す場所である輪廻《りんね》へと還る予定であったのだが、その途中、ここ異世界ラズタンテの神を自称する存在《アティアノス》により掬い上げられたのだ。 それが偶然なのか必然なのか、それこそ正に神様のみぞ知る所なのだろう。 土筆はアティアノスと名乗る神からの神託を受け入れ異世界ラズタンテへ転生する事になったのである。 しかし、光が強ければ闇もまた深くなるのは世の常だ。 土筆がラズタンテの地へと転生する一瞬の隙を突かれ、敵対する魔王の妨害により呪いを受けてしまったのである。 幸運にも転生は無事終えることが出来たのだが、受けた呪いにより能力が大幅に制限されてしまう。 転生後、土筆が身を寄せていた教会に神からの啓示を受けた高位の神官が入れ替わり立ち代わり訪れては解呪を試みたのだが、誰一人として成功する者は現れず、最終的に新たな使命を担い再出発する事で落ち着いたのだった。 御《み》使いとして現れたコルレット=ラザ=フリルの計らいによって、同じような境遇にある天使メルト=リト=アルトレイと供にメゾリカの街に拠点を移し、新しい使命を果たす為に活動を始めるのであった。 *この小説は他サイトでも投稿を行っています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間52分

    この作品を読む