孤高にして最強の剣士、保護した記憶喪失の少女に懐かれる

読了目安時間:6分

一戦目

「ちゃんと来てくれたんだな、嬉しいぜ」  翌日。戦士達の集う訓練場で、ヴィルハルトとロイドの二人が対峙していた。今日はロイドも軽装とはいえ、鎧を着用している。 「そういう取引だったはずだ。それより、何故そいつらを連れて来た?」 「アリナはまぁ、今のお前の強さが見たいんだとよ。エレインちゃんはアレだ、授業」 「まあ、別に構わんが。……槍か」  ヴィルハルトがロイドの持つ木製の槍に視線を向けた。そう言った彼は、木製の剣を両手で保持している。無論、何方も訓練用の貸出品だ。 「意外か? 便利だろ、リーチは長いし習得の手間も少ない」 「いや、お前らしいとは思う。だが、魔物(やつら)を狩るのには不便だ」 「……確かにな」  肩を竦めるロイド。  エレインはどうも話の内容が理解出来ないらしく、目を丸くしている。その様子に気がついたアリナが補足するように解説した。 「魔物って『核』って言う弱点を壊さないと倒せないの。その核に近い場所ほど身体が堅くなるから、普通は斬って、その手応えを頼りに核の位置を探して、見つけたら威力の高い突きで壊すの。だから突きしか出来ない槍は、魔物退治には向かないってこと」 「斬る事も突く事も出来る剣は最適な武器……」 「エレインちゃん、分かるの?」 「前にヴィルハルトさんが教えてくれましたから」  女性の二人の話をよそに、二人は既に構えていた。ヴィルハルトが『無駄話はここまでだ』と言い、ロイドもそれに頷いたからだ。  場に緊張が走る。周囲には幾らかギャラリーの影が見える。『凶戦士』の戦いぶりを一目見ようと考えているのか、鎧を着た戦士とローブを纏った魔術師両方の姿が確認出来る。  ただ風の音だけが響くその場所で、アリナは昨日のロイドの言葉を思い出していた。 『まともにやったら勝負にもならない』  これはつまり、まともにやろうとは考えていないということだろう。どんな手段を取るかは分からないが、何にせよ秘策があるらしいことは分かる。  両者が構えて数秒後、ロイドが『身体強化』という声と共に動いたことで戦いの火蓋が切って落とされた。  *  この模擬戦の結果を単刀直入に述べよう。  開始三秒でヴィルハルトが勝利した。  * 「何が……起こったんだ?」 「あの槍使い、上級戦士じゃないか」 「上級が三秒で……」  ギャラリーの騒めきを遠い世界の事のように感じながら、アリナは自分に見えた戦いの一部始終を回想する。  まず、ロイドが『身体強化』と唱えるのと同時に、剣を構えたヴィルハルトも『身体強化』と唱えた。飛び出したロイドは槍の穂先がギリギリ届く程度の場所で踏み込み、突きを放った。木の槍とは思えぬ風を切る音が発された時、ヴィルハルトは既に剣を振り下ろしていた。その剣はロイドを倒す為ではなく――彼の刺突を潰す為に放たれた。  そしてこの時、ヴィルハルトはロイドに接近しながら振り下ろした剣を斬り上げようとしていた。それに気が付いたロイドは槍を構えて防御しようとしたが、斬り上げの途中でヴィルハルトはあろうことか『剣を手放した』。  これが勝負を分けた。手放された剣を一瞬目で追ったロイドは次の瞬間、ヴィルハルトの左の拳を顎に食らい、続く右の拳で吹き飛ばされた。その衝撃で手放された槍はヴィルハルトの手で遠くに投げられ、後には素手で構えたヴィルハルトと倒れたまま起き上がらないロイドの図が出来上がる。  これらが、ロイド対ヴィルハルトの三秒間に起きた全てである。 「痛ってぇ……お前殺す気かよ!?」 「殺す気だったが?」 「模擬戦の意味分かってんのか!?」 「訓練だろうと闘いなら殺すつもりでやる」  左頬を押さえながら不平を述べるロイドに対し、ヴィルハルトは何が不満なのか理解出来ないといった顔をしている。 「しっかし……まともに戦えるとは思ってなかったが、こうまで瞬殺だと流石にへこむわ」 「いいから立て」 「いや待て早いだろ」 「二戦やるんだろう。早く済ませるぞ」 「だから待てって、話を聞いてくれ。いいか、ヴィルハルト。さっき分かっただろうけど、お前からすれば俺を捻るなんて朝飯前だ。だけどさ、どうせならお前にとっても実入りのある様な戦いをしたいとは思わねぇか?」 「何が言いたい」  ロイドがフフッと笑いながら立ち上がり、後ろを振り向いた。 「見てただろ、アリナ。『助けてくれ』」 「……えっ、はぁ?」 「何だと?」  完全に予想していなかったロイドの言葉に、その場にいた誰もが首を傾げた。  通常、戦士の訓練は戦士同士の一対一かパートナーの魔導士を混ぜた二対二である。ヴィルハルトは誰とも組んでいない為、必然的に一対一になる。無論、合意があれば模擬戦自体は可能だが、そもそも一般の戦士は魔将含む魔物が全て獣の姿をしていると考えているので、対人戦自体技の師事などの理由が無ければあまり行われないのが実情である。唯一、魔将が人型であると知っているロイドはこの情報を開示していないのだが、その情報の証明には証拠が必要となる。ロイドに客観的な証拠が無いまま彼の言葉をヴィルハルトが信じたのは、『自身が半分魔将である』からだ。  したがって、戦士一人と魔術師との二人一組による模擬戦闘は、かなり稀な事態である。  当然、それを知るアリナはロイドに説明を求める。 「ちょっと待ちなさい、アンタとヴィルハルトの戦いでしょ? 幾ら勝ち目がないからって、アタシが出るのは――」 「逆だ。お前が手伝ってくれなきゃ俺はただの殴られ損だよ。お前がいて初めて俺の狙いは達成出来るのよ」 「……あっ。まさか、アンタ――」 「気付いたか?」  アリナはこの街に来たその日の夜、彼の言っていた事を思い出した。『下準備は俺がしてやる』。これこそが彼の下準備であり、魔物退治以外に関心を示さないヴィルハルトに対峙する機会だった。 「別にいいだろ、ヴィルハルト? 二回()るとはいったけどよ、二回とも同じ条件でやるとは言ってねぇし」 「成程、それがお前の狙いか。まあいい、好きにしろ」 「ありがとよ。礼と言っちゃあ何だが、魔将のこと一つ、先払いで教えてやるよ」  先ほどヴィルハルトに放り投げられた槍を取りに行く際、すれ違いざまにロイドは彼に囁いた、 「魔将は魔術と練体術を使える」  周囲には、ロイドが何を言ったのか聞き取れなかった。しかし、その言葉を聞いたヴィルハルトの眼付きが魔物と闘う際のそれに変わった事を、彼の戦いを知る者は例外なく察知した。  * 「良い目してるじゃねぇか、お前」  ロイドが槍を拾い、後方にアリナを置いて一戦目と同じ位置で構えた。対するヴィルハルトは、殺気を隠さぬ眼でロイド達を睨んでいる。ロイドの軽口にも言葉を返さず、ただ一戦目と寸分違わぬ構えで二人に剣を向けている。 「始める前に、一つ宣告しておく。俺は魔導士に攻撃はしない」 「……何ですって?」  その言葉を聞いた瞬間、アリナは自分の血液が沸騰していくのを感じた。この期に及んでも尚、目の前の男は自分を甘く見ていた。  彼女にはそれが許せなかった。何故自分を見下すのかは分からない。自分が『英雄』ジュリウス・ヴァーミリオンの妹だから、その威光を借りて特級魔導士になったとでも思っているのか。  いや、今は関係ない。自分の力でロイドを勝たせて、認識を改めさせてやる。 「その言葉、後で後悔するんじゃないわよ。アタシはアリナ・ヴァーミリオン。ジュリウス・ヴァーミリオンの妹である以前に、特級魔導士なんだから」

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 静心にて、花の散るらむ: 歌姫による戦争継続のメソッド

    とてもやさしい終わりを作ろう。

    33,500

    0


    2021年6月18日更新

    二〇八八年六月十二日——「歌姫」が戦場に現れたこの日を境にして、世界は確実に変わってしまった。圧倒的な戦闘力を有する「歌姫」たちは、たったの二人で戦争を変えてしまった。当時私は八歳だったけど、その時に聞こえた「歌」に得体の知れない恐怖を感じたのを覚えている。 「歌姫」のことはその前から知っていた。あの人たちは私たちにとって絶対的なアイドルだったから。だから、まさかその二人が、あんな巨大な——「戦艦」に乗っていると知った時には、本当に言葉を失った。 時は過ぎ、私が十五の時、軍の人たちが私の住んでいた施設にやってきた。そして士官学校の「歌姫養成科」を案内された。その時にはすでに、私の「歌姫」としての能力は発現していたらしい。軍の人たちは何らかの方法でそれを知って、だからわざわざ訪ねてきたのだ。同期のみんなもそうだって――。 そして同時に、その頃には、この忌々しい「歌姫計画」が――戦争継続のメソッドが、動き始めていたのだろうと思う。歌姫計画――セイレネス・シーケンス。多くの人を狂わせる歌。当事者である私たちですら、その流れには抗えなかったんだ……。 ----- 作者注:途中で使われているイラストは全て作者(=一式鍵)が描いたものです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間23分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    109,200

    230


    2021年6月18日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間43分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 召還社畜に家主の少女と魔法の豪邸

    独りぼっちの女の子が幸せになるお話です。

    3,950

    0


    2021年6月18日更新

    魔法仕掛けの古い豪邸に残された6歳の少女「ノア」 そこに次々と召喚される男の人、女の人。ところが、誰もかれもがノアをそっちのけで言い争うばかり。 もしかしたら怒られるかもと、絶望するノア。 でも、最後に喚ばれた人は、他の人たちとはちょっぴり違う人でした。 魔法も知らず、力もちでもない、シャチクとかいう人。 その人は、言い争いをたったの一言で鎮めたり、いじわるな領主から沢山のお土産をもらってきたりと大活躍。 どうしてそうなるのかノアには不思議でたまりません。 でも、それは、次々起こる不思議で幸せな出来事の始まりに過ぎなかったのでした。 ※ なろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

    読了目安時間:24時間36分

    この作品を読む

  • 呪われてしまった異世界転生者だけど、今日も元気に生きています

    異世界ほのぼの冒険(旅しない)物語です

    2,100

    0


    2021年6月18日更新

    井ノ上土筆は転生者だ。 物語に限らず主人公とは無縁の人生を歩み、子宝にも恵まれ、それこそ、日本政府がモデルケースとして用いるような極めて平凡なサラリーマンだった。 極めて平和な人生を歩み、子育ても一段落し、老後のプランを考え始めた矢先、出張先で突然意識を失い、そのまま帰らぬ人となってしまった。 多少の未練を残しながらもこの世にしがみつく程でも無く、魂が帰す場所である輪廻《りんね》へと還る予定であったのだが、その途中、ここ異世界ラズタンテの神を自称する存在《アティアノス》により掬い上げられたのだ。 それが偶然なのか必然なのか、それこそ正に神様のみぞ知る所なのだろう。 土筆はアティアノスと名乗る神からの神託を受け入れ異世界ラズタンテへ転生する事になったのである。 しかし、光が強ければ闇もまた深くなるのは世の常だ。 土筆がラズタンテの地へと転生する一瞬の隙を突かれ、敵対する魔王の妨害により呪いを受けてしまったのである。 幸運にも転生は無事終えることが出来たのだが、受けた呪いにより能力が大幅に制限されてしまう。 転生後、土筆が身を寄せていた教会に神からの啓示を受けた高位の神官が入れ替わり立ち代わり訪れては解呪を試みたのだが、誰一人として成功する者は現れず、最終的に新たな使命を担い再出発する事で落ち着いたのだった。 御《み》使いとして現れたコルレット=ラザ=フリルの計らいによって、同じような境遇にある天使メルト=リト=アルトレイと供にメゾリカの街に拠点を移し、新しい使命を果たす為に活動を始めるのであった。 *この小説は他サイトでも投稿を行っています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間52分

    この作品を読む