恋愛/ラブコメ 短編 完結済

はーとのはいったちょこれーと

作者からの一言コメント

なんだこのチョコ食えたもんじゃねえ!

バレンタインデー。それは大切な人に思いを伝える日。愛情、感謝、友情、いろんな思いをチョコレートに込めて渡す日。 でもこんなチョコ渡されたら怖いよねって話。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 はーとのはいったちょこれーと
作者名 からすにこふ
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 恐怖のチョコ三題噺 コメディ 日常 ハッピーエンド 学園 現代日本
セルフレイティング なし
初掲載日 -
最終投稿日 -
完結日 2021年2月13日 21時58分
文字数 0文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • それいけ!消費税マン

    昔書いた作品です。

    6,700

    0


    2021年3月14日更新

    空き缶おじさんが、ジ〇ムおじさんのマネをしてヒーローを作ろうとしましたが、悪党である消費税マンを作ってしまいます。 消費税マンは、善良な人々を苦しめますが、軟弱な金持ちに倒されて、警察に捕まります。 裏金を利用して、権力者の力を利用し、警察に釈放させ、さらに善良な市民を苦しめようと決心するのでした。

    読了目安時間:6分

    この作品を読む

  • フラグメント -花粉の少女たち-

    『花粉』によって荒廃した世界を巡る物語

    36,400

    50


    2021年4月20日更新

    『花粉』によって文明のほとんどが滅びかけている世界。 十数年前、突如として宇宙から飛来した宇宙植物生命体、通称フラグメント。世界各地に根付いたそれらは、大気中に大量の花粉をまき散らした。 それは瞬く間に空を覆いつくし、世界はかつての繁栄を失った。 生き残ったわずかな人間たちは、各地に集落(クラスター)と呼ばれる居住区を作り、ひっそりと暮らしている。 そんな世界を一人旅している旅人のソラは、とある集落(クラスター)で一人の少女と出会う。彼女はコトハ。生まれつき体内に『花粉』を宿し、過酷なこの世界に適応した第二世代の少女だった。 セルフレイティングは念のため。 タイトルを少し変えました。 作品種別を長編から短編集に変更しました。 たぶん毎日投稿します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間49分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 外れ婚約者とは言わせない! 〜年下婚約者様はトカゲかと思ったら最強のドラゴンでした〜

    年下婚約者様はドラゴンでした!

    20,200

    0


    2021年4月21日更新

    獣の本性を持つものが重用される獣国ハリカリの公爵家の令嬢、アイラには獣の本性がない。 アイラを出来損ないと周囲は言うが、両親と弟はアイラを愛してくれている。 アイラが8歳のときに、もう一つの公爵家で生まれたマウリとミルヴァの双子の本性はトカゲで、二人を産んだ後母親は体調を崩して寝込んでいた。 トカゲの双子を父親は冷遇し、妾腹の子どもに家を継がせるために追放しようとする。 アイラは両親に頼んで、マウリを婚約者として、ミルヴァと共に自分のお屋敷に連れて帰る。 本性が本当は最強のドラゴンだったマウリとミルヴァ。 二人を元の領地に戻すために、酷い父親をザマァして、後継者の地位を取り戻す物語。 ※一章はザマァ、二章からほのぼの子育てとなる予定です。 小説家になろうサイトにも投稿しています。

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 140字のふたり

    「彼」と「私」の140字恋愛小説

    225,600

    1,392


    2021年4月21日更新

    「彼」と「私」のあいだに流れる時間は、いつもゆっくりしていて。 でも気がつくと、すっと進んでいて。 ふたりの日常を描いた、恋愛140字小説です。 (2021/03/18 ジャンルを変更しました) * * * * * * * 読者様のアンケートを元に、最もきゅんきゅんするエピソードを厳選した 「140字のふたり ベストセレクション」 を公開中。純度の高いきゅんをお求めの方はどうぞ。 * * * * * * * 表紙イラストは、アメユジさんに制作いただきました。 アメユジさんのポートフォリオはこちら→ https://ameyuji.myportfolio.com/ 大人の絵本のような素敵な世界です!

    読了目安時間:40分

    この作品を読む