連載中 長編

エースはまだ自分の限界を知らない

作者からの一言コメント

ファンタジー要素微小のリアル野球青春物

中学最後の試合、直史は強豪校を二安打に抑えながらも、味方の援護なく敗戦投手となった。 野球部には期待せずに選んだ、公立の進学校。だがそこで直史は、同じ中学出身でシニアに入っていた椎名美雪から、入学直後に野球部に誘われる。 全国区のシニアメンバーの大半が入部した野球部は、ごく普通の公立校ながら、春季大会で勝ち進んでいく。 偶然早めに見学に来たもう一人の小さなスラッガーと共に、直史は春の大会で背番号を貰って出場することになる。 速すぎるストレートも、曲がりすぎる変化球も、キャッチャーの能力不足で封印していた直史は、己の力を発揮する場所を得る。 これは研鑽する凡人と、天才や奇才が集まって、甲子園までは特に目指さないお話、かも。 ※作者が言うのもなんですが、どうやらこの作品はそこそこの名作のようです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 エースはまだ自分の限界を知らない
作者名 彦猫
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ シリアス 男主人公 現代日本 部活動 恋愛 音楽 野球 投手
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年4月29日 14時39分
最終投稿日 2020年5月24日 18時00分
文字数 354,006文字
ブックマーク登録 132件
コメント/スタンプ 19件
応援ポイント 31,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • アルファポリスさまで改稿編連載中です

    ♡460,278

    〇16,778

    歴史/時代・連載中・68話 kikazu

    2020年4月21日更新

    西暦1907年ドイツ帝国の重鎮たる軍務大臣が、本格的なバレリーナ姿で変死するというとても悲しい事件が発生した。(一応史実)親衛隊の高官マインシュタイン中佐は、後輩で皇宮警察の幹部ヘップナー少佐のチームへ事件の調査を依頼する。 稀代の美貌を誇りながら女好きで人間のクズ・ヘップナーを筆頭に、彼の副官で実はポンコツ大公令嬢カルラ中尉、美少女の姿でありながら実は魔女のヘルミーナ中尉。そして人外でありながら、チームで一番まともな使い魔クラリッサ少尉らは安定のヘッポコぶりを発揮して、グダグダの大ピンチの連続に……。 イギリスを代表するエージェントで、後にジェームズ・ボンドのモデルとなったシドニー・ライリー中尉、更に大日本帝国の隠し玉・明石元二郎大佐、はたまたサイコパスメイドも登場して、誰が敵か味方なのか、はたまた犯人なのか。騙し合いの奇天烈ストーリーです。 ※アルファポリスさま、ノベルアップ+さまで、改稿編始めました!

  • ウルトラジャンプのコンテスト応募用です。

    ♡17,500

    〇1,860

    異世界ファンタジー・完結済・5話 灯甲 妃利

    2020年5月31日更新

    タイトル:植民地化で世界を騙せ!~スパイとスパイとスパイも欺く情報戦争~ 弱小国家の王となった主人公と幼馴染の帝国女王が協力し合い、世界を欺き敵国のスパイも利用して、 戦争が起きない『平和』の実現のために列強諸国を叩き潰して覇権の掌握を目指す物語―― ※ウルトラジャンププロットコンテスト応募用です。 ◆◆◆ ウルトラジャンプの漫画原作プロットコンテストには、 他に『勇者と魔王の異世界SNS戦争』 『地味サキュバスをトップにするまで!』 『セクシー女優ですが、異世界でインストラクター始めました!』 『イフ・リロードの召喚勇者』 『コロニスト』-あの子が元の世界に帰れる日まで- という作品も応募しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 女子高生×サッカー×青春

    ♡8,000

    〇5

    現代/青春ドラマ・連載中・35話 カミサキハル

    2020年6月3日更新

    「だ、だったらサッカークラブ、つくりませんか?」 高校一年生になったばかりの四月。入る予定だった地元のサッカークラブが解散し、途方にくれていた時に発した藍那(あいな)の言葉だった。 「いいわよ」 「賛成だよー」 その言葉に応じたのは藍那と同じように困っていた千佳(ちか)とみさき。二人もサッカーをするならば、と藍那の考えに同意した。 それが物語の始まり。 これは「サッカーをしたい」と思った女子高生三人が集まり動きだした青春三年間の物語。 小説家になろうでも投稿しています。

  • 優しい三人の、愉快な物語

    ♡1,200

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・12話 影山秋彦

    2020年6月3日更新

    中学で柔道の全国制覇を果たした細見英二は、誰からも信じてもらえないが、お菓子作りと手芸という可愛らしい趣味をもっていた。 ずっと柔道だけをひたむきに頑張ってきた英二だったが、これからは趣味の方にも時間を費やしたいと思い、日曜は部活がないという理由だけで学区内偏差値トップの七ヶ峰高校へと進学する。 月曜から土曜までは柔道をして、日曜は趣味に捧げる日々。ずっと夢見ていた生活を手に入れて喜ぶ英二だったが、一つ願いが叶った事で新たに「一緒に趣味を楽しめる仲間がほしい」という欲が出てしまい――。 ――― *小説家になろうとカクヨムにも掲載しています。