完結済 短編

光芒《こうぼう》

作者からの一言コメント

または「ヤコブの階段」とも呼ばれます

「俺」の話、第4弾。 「俺」と友人Nとその祖母の話。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 光芒《こうぼう》
作者名 依澄礼
ジャンル ホラー
タグ シリアス 男主人公 現代日本 ノベプラオンリー R15 ホラー
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月24日 21時13分
最終投稿日 2020年3月24日 21時14分
文字数 2,126文字
ブックマーク登録 6件
コメント/スタンプ 9件
応援ポイント 3,600pt
ノベラポイント 50pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ただ一行で紡ぐ怪談。

    ♡1,061,062

    〇6,810

    ホラー・連載中・395話 水沢ながる

    2020年6月4日更新

    吉田悠軌・著『一行怪談』にインスパイアされて、自分なりに作ってみたワンセンテンスの怪談。 元になった本には「一行怪談凡例」というものかある。 ・題名は入らない。 ・文章に句点は一つ。 ・詩ではなく物語である。 ・物語の中でも怪談に近い。 ・以上を踏まえた一続きの文章。 なるべくこれに沿うようにしているつもり。 気が向いた時に更新します。 この作品は、他サイトでも公開しています。

  • 幻想ホラー

    ♡10,100

    〇0

    ホラー・連載中・8話 椿灯夏

    2020年6月3日更新

    あかあかと咲き連なる彼岸花。 夕闇を背にお社の屋根に座る少年と少女。 「はやく帰れ。じゃないと、ここから帰れなくなる」 緋葉――アカハ―― 「隠せばいいわ。緋葉をこんなのにした、ヒトだもの。 だって、ここは――緋葉の領域なんだから」 夕羅――ユラ―― 「……とんでもない場所に迷い込んだ」 木暮歩――コグレアユム―― えんえんと同じ景色を歩いてる事に気がついた時ーー もう、遅い。