ミステリー 短編 完結済

読書キャンペーン開催中!

▲モモ『358』謎解き日記2 〜666の暗号〜

作者からの一言コメント

★ あれから…four years

読了目安時間:15分

総エピソード数:25話

※ 『この物語もフィクションであり、  実在の人物・団体とは一切関係ありません』 タブン …

総エピソード数:25話

作品情報

作品名 ▲モモ『358』謎解き日記2 〜666の暗号〜
作者名 momox358
ジャンル ミステリー
タグ 日記 謎解き ピラミッド エンジェルナンバー 暗号 358 666
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年12月7日 15時06分
最終投稿日 2021年12月30日 12時11分
完結日 2021年12月30日 12時12分
文字数 7,656文字
読了目安時間 15分
総エピソード数 25話
ブックマーク登録 3件
コメント 2件
スタンプ 86件
ビビッと 0件
応援ポイント 16,400pt
ノベラポイント 101pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 探偵X

    ミステリーです。

    0

    0


    2022年5月26日更新

    探偵Xが語る事件集

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • こちら、ときわ探偵事務所

    無職、幼なじみの女探偵に雇われる!

    57,900

    650


    2022年5月25日更新

    会社をクビになったサラリーマン、金谷律也(かねたに りつや)。彼は夢破れて東京から実家がある常盤市(ときわし)に帰ってきた。 久々の我が家に安堵するリツであったが、偶然彼は幼なじみの女性、神原椿(かんばら つばき)と再会する。彼女はある事情で探偵を始めたという。 そして彼女は無職であるリツにあることを持ち掛けた。 「私と一緒に探偵やらない?」 リツの父の死の真相と、「人生をやり直せる薬」を作った白装束の謎。 幼なじみのコンビが難事件に挑む、本格ミステリー開幕。 ※毎週水曜、土曜日の夜8時更新です。 ※基本的に章と章の間は更新をお休みし、ストックがたまったら短期集中連載します。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間40分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • お清め日和

    ホラーの連作短編です。

    511,830

    15,349


    2022年5月17日更新

    ホラーの連作短編です。暴力グロ残酷表現など使わず恐怖を表現出来たらと思っています。よろしくお願い致しますm(_ _)m

    読了目安時間:4時間6分

    この作品を読む

  • 世界の平和より自分の平和

    神の子(超不器用)と愉快(?)な仲間たち

    263,600

    910


    2022年5月25日更新

    (物理的に)不器用な神様の子とその周囲の人々がわちゃわちゃする、90年代ライトノベル風味の現代ダークファンタジー。 スプラッタや、稀に同性愛表現が含まれます。 ****** 人間の両親と聖獣“朱雀”のミトコンドリア置換で生まれた『試験管ベイビー』の主人公、翔。そんな彼は不器用で、能力の扱いはイマイチ。痛覚が鈍く、しかし痛いのが大好きで、自傷癖持ち。一番の友だちは、百舌鳥の寒太。 ふわふわの薄栗色の髪の毛には太いアホ毛。とても目立つワインレッドの眼は、いつも眠そう。顔付きは可愛くもなければ、男前でもない。 特性だらけのモブ。 成り行きで婚約者となった未来の嫁は魔女らしく、超絶美人な日本×ドイツのハーフ。その嫁の使い魔は、自分が殺してしまった父親。 だが、翔は婚約者がどうも苦手だったりする。 そんな彼らに忍び寄る、他組織の影。 時に爆発を起こし、時に自分を刺したりしながら、家庭内や、自らが所属している組織内でマイペースに成長していく。……のかもしれない。そんな話。 ================ ☆小説家になろうからの転載 ☆週1~2回更新 ☆ブックマーク、感想、スタンプなど頂けると踊って喜びます!(ただし、作者はおぼろ豆腐のようなメンタルの持ち主です) ☆挿し絵も自作 『ウサギ印の暗殺屋~13日の金曜日~』(完結済)の、ちょうど二年前の話(『ウサギ印』の親的なお話)になります。 (連載開始は『ウサギ印』より早かったのです……) キャラ多過ぎ! をコンセプトに書いてるお祭り小説なので、キャラが多いです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間18分

    この作品を読む