完結済 短編

海へ出る

作者からの一言コメント

彼が降りてしまった舟は僕を乗せたまま沈む

毎夜不可思議な夢を見続ける主人公。 大学の入学式の日にある青年と知り合ったことで、その夢は現実へと少しずつ浸食しながら加速していく。 現実の自分の記憶と夢の中の僕が見た記憶。 現実の自分にわかることは、僕が“彼”を酷く憎んでいることだった。 「伸ばした手は、いつも届かない」

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 海へ出る
作者名 来生 輝
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ シリアス 男主人公 現代日本 BL未満 微腐向け ブロマンス 友情 青春
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年5月20日 19時09分
最終投稿日 2020年5月22日 11時01分
文字数 24,185文字
ブックマーク登録 6件
コメント/スタンプ 5件
応援ポイント 2,600pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る