異世界ファンタジー 短編 完結済

旅の終わりの記憶、あるいは始まりの景色

作者からの一言コメント

長い旅路を終えて……。

読了目安時間:34分

十年に一度、星々ではなく、夜空に瞬く光が無数の球形となる日があり、それを〈球形の欠片〉と呼ぶ。何故それが現れて、現れたことでこの世界にどういう影響があるのかは誰も知らない。説明、と言っても結局は分からないことを分からない、と言うだけで終わってしまうものであり、ホープもかつての幼いリコに同じ説明をしたはずだ。

前へ

次へ

  • 投稿日2021/1/31 14:07 文字数1,825文字

  • 投稿日2021/1/31 14:07 文字数2,272文字

  • 投稿日2021/1/31 14:08 文字数2,625文字

  • 投稿日2021/1/31 14:08 文字数2,166文字

  • 投稿日2021/1/31 14:08 文字数3,190文字

  • 投稿日2021/1/31 14:09 文字数2,444文字

  • 投稿日2021/1/31 14:09 文字数2,705文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 旅の終わりの記憶、あるいは始まりの景色
作者名 サトウ・レン
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 幻想 ミステリ
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年1月31日 14時07分
最終投稿日 2021年1月31日 14時10分
完結日 2021年1月31日 14時00分
文字数 17,227文字
読了目安時間 34分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 9件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る