ホラー 短編 完結済

読書キャンペーン開催中!

幾重にも重ねる想い

作者からの一言コメント

この想いは、一つなんかじゃ足りはしない

読了目安時間:2分

総エピソード数:1話

職場で「ついうっかり」コーヒーをこぼしてしまい、想い人である先輩のネクタイを汚してしまった主人公。 クリーニングに出してから返すと伝え、預かることにしたのだが―― ※ノベプラ文芸部 小説勉強会(仮)第2回 参加作品。

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 幾重にも重ねる想い
作者名 くだまき
ジャンル ホラー
タグ 第2回勉強会 女主人公 ダーク 現代日本
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2022年5月12日 18時56分
最終投稿日 2022年5月12日 18時57分
完結日 2022年5月10日 2時44分
文字数 1,190文字
読了目安時間 2分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 2件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,450pt
ノベラポイント 60pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 闇に蠢く

    その少女を狙うのは

    181,816

    200


    2022年5月18日更新

    父と離れて親戚の家に居候しながら高校に通う相原奈央は、その家の一人息子である相原響紀と折り合いが悪かった。一緒の家に住む者として、少しでもその距離を縮めようと考えるも、幼い頃からの苦手意識でつっけんどんな態度をとってしまうのだった。 そんなある日のこと、奈央は学校からの帰り道にある女性に出会う。 *あままつ様(@ama_mt_)のフリーアイコンを使わせて頂きました*

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間56分

    この作品を読む

  • 悪夢!!「表現の自由」庁長官による百合同人誌弾圧!!

    俺の表現の自由の為なら他の表現者など死ね

    0

    0


    2022年5月20日更新

    表現の自由の為なら、同人誌作家など何人死のうと知った事か。 「なろう」「カクヨム」「アルファポリス」「pixiv」「Novel Days」「ノベリズム」「GALLERIA」「ノベルアップ+」に同じモノを投稿しています

    読了目安時間:4分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ビスマルクの残光

    ヨーロッパの権謀術数の中で活躍する二人

    73,350

    238


    2022年5月20日更新

    時は戦間期ヨーロッパ。緊張する国家間を駆け巡り、外交交渉を行う者がいた。彼の名前は安芸峻一朗。日本人であり、周囲からは伯爵と呼ばれていた。そして彼は自らを『独立外交官』と称していた。一触即発の緊張が高まるこの世界で、随員であるナジェージュダ=名津=ベルナーシェクとの活躍により、次大戦を回避することができるのか?

    読了目安時間:1時間11分

    この作品を読む

  • 君に好きだとサキュバせてっ♥

    人間✕サキュバス ドタバタ青春ラブコメ!

    5,100

    0


    2022年5月19日更新

    麗しき美貌で男を誘惑し、精気を喰らう悪魔。 夢魔サキュバス。 現在夢魔の一族は魔界に蔓延る少子高齢化の影響をモロに受け、そう遠くない未来に絶滅してしまうかもしれない危機に、一人立ち上がった若きサキュバス。 その名も【リリン】 一族の繁栄にはごく一部の人間が持つとされる、通常の精気の何倍もの力を持った【そそり勃つ精気】が必要だった。 その頃、人間界では新学期シーズン真っ只中。 逝喜高校の転入生【早希羽 リリ】として、内側からそそり勃つ精気を持つ男を探すリリンは、登校初日にしてすぐ様チャラ男たちに無理矢理連れ去られそうになる。 そんなとき春風とともに颯爽と現れ、チャラ男たちからリリンを救ったのは――精気が異様にそそり勃つ男【将暉 有】だった。 そんな出会いから始まった、あの手この手で誘惑しても無愛想で靡くことない有に悪戦苦闘する日々。 クールな態度がムカつくけどっ、一族の未来のため、何としてでもアタシがメロメロにさせてやるんだからっ! それなのに、アイツを見てると胸が苦しくて――ってもういいから、早くアタシを「好きだ!!」と叫びなさい! 人間✕悪魔、それに天使様!? 恋に誘いハートを撃ち抜け! サキュバスのドタバタ青春ラブコメディー! 【君に好きだとサキュバせてっ♥】 ※表紙Picrew小悪魔メーカー使用

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5分

    この作品を読む